試合レポートの最近のブログ記事

17/02/04
【試合レポート】第4回FUTSAL地域女子チャンピオンズリーグ supported by GAVIC決勝福井丸岡RUCK vs arco-iris KOBE

【決勝】

福井丸岡RUCK 2-7 arco-iris KOBE

<得点者>
2分 12番春山選手(arco)
6分 17番藤田選手(arco)
9分 10番中野選手(arco)
11分 19番若林選手(arco)
28分 12番春山選手(arco)
31分 19番山川選手(丸岡)
33分 17番藤田選手(arco)
35分 7番田中選手(丸岡)
35分 12番春山選手(arco)

 3日間で5試合目となる両チーム。疲労困憊の中、迎えた決勝は試合開始からarcoがゴールラッシュを見せる。前半2分、左サイドのコーナーキックから3本連続で戻しをダイレクトで12番春山選手がシュート。3本目にディフェンスに当たりながらもゴールに吸い込まれ先制。6分にも17番藤田選手がゴールを決めて2-0。更に9分には自陣からの鋭いカウンターから10番中野選手がファー詰めでゴールを奪い、一気に3点リードと試合を優位に進める。たまらず丸岡はタイムアウトを取り、立て直しを図る。しかしarcoの勢いは収まらず、攻撃ではパスのリズムも良く、守備でもプレスが効いており丸岡の攻撃を寄せ付けない。11分には右コーナーキックからの戻しを一人スルーして19番若林選手が豪快なシュートを叩き込み、4-0とarcoリードでハーフタイムを迎えた。

 後半に入り、後の無くなった丸岡は反撃に出るが、arco優勢の様相は変わらない。後半8分に12番春山選手が左サイドでのチョンドンシュートが決まり5-0とリードを広げる。開き直った丸岡は後半11分ようやく得点を奪う。敵陣でのパスカットした11番小林選手からのパスを19番山川選手がダイレクトで合わせて1点を返す。この後お互い切り替えが早くカウンター合戦が起こり、試合がヒートアップする。ここでarcoはタイムアウトを取得しチームを落ち着かせる。すると直後の後半13分ピヴォ宛から17番藤田選手が左反転しての右足シュートが決まり6-1とする。丸岡も後半15分に7番田中選手がゴールを奪うが、arcoも後半15分に12番春山選手がこの試合ハットトリックとなる得点でダメ押し点を奪い、勝負あり。arcoの思い通りの勝ちパターンで7-2と完勝。arcoが地域女子チャンピオンズリーグ初優勝を手にした!

cl_4th12832.jpg

cl_4th12816.jpg

cl_4th12875.jpg

cl_4th12951.jpg

cl_4th13679.jpg

cl_4th12952.jpg

cl_4th13608.jpg

cl_4th13217.jpg

cl_4th13272.jpg

cl_4th13297.jpg

大会HP

17/02/04
【試合レポート】第4回FUTSAL地域女子チャンピオンズリーグ supported by GAVIC準決勝SAICOLO vs arco-iris KOBE

【準決勝】

SAICOLO 1-2 arco-iris KOBE

<得点者>
8分 20番秋田谷選手(SAICOLO)
36分 18番加藤選手(arco)
37分 17番藤田選手(arco)

 息詰まる熱戦となったBピッチで行われた準決勝は日本リーグ同士の対戦は息詰まる熱戦となった。どちらも積極的にプレスをかけて、コートのあちらこちらで体を張ってボールを奪い合う展開。SAICOLOはボールを回し、arcoは縦に速い攻撃で試合は進む。スコアが動いたのは前半8分、SAICOLOが右コーナーキックからゴール前に速いボールを入れると、20番秋田谷選手が押し込みSAICOLOが先制する。ここからのSAICOLOの集中力は凄かった。リードして精神的に優位になった事もあるが、一つひとつのプレーに気持ちが入っているのが分かり、ベンチも一体となり戦っている感があった。”気持ち”と言えばarcoの代名詞でもあるが、何度も跳ね返されるシュートを何度も繰り返し、気持ちが揺らいでいる様子は見られない。第一にシュートを狙うシンプルな攻撃でSAICOLOゴールに襲い掛かると、後半16分、カウンターから19番若林選手の放ったシュートのこぼれを18番加藤選手が押し込み、同点に追い付く。すると続く17分にもゴール前のこぼれをarco17番藤田選手が押し込み、一気に逆転に成功する。SAICOLOは8番高橋選手をGKにしてパワープレーを開始するが、ゴールを奪う事ができず、2-1のままタイムアップ。昨年PKで敗退した準決勝をクリアし、初めての決勝へ挑む事となった。

cl_4th11750.jpg

cl_4th11742.jpg

cl_4th11972.jpg

cl_4th12611.jpg

cl_4th12288.jpg

cl_4th12041.jpg

cl_4th11903.jpg

cl_4th12349.jpg

cl_4th12407.jpg

大会HP

17/02/04
【試合レポート】第4回FUTSAL地域女子チャンピオンズリーグ supported by GAVIC準決勝VEEX TOKYO Ladies vs 福井丸岡RUCK

【準決勝】

VEEX TOKYO Ladies 3-7 福井丸岡RUCK

<得点者>
3分 11番小林選手(丸岡)
6分 9番北川選手(丸岡)
10分 11番小林選手(丸岡)
21分 10番吉林選手(VEEX)
22分 9番高木選手(VEEX)
24分 9番北川選手(丸岡)
29分 13番高尾選手(丸岡)
33分 9番北川選手(丸岡)
39分 5番伊藤選手(VEEX)

 決勝戦進出をかけた準決勝は前半3分、丸岡11番小林選手がカウンターからゴールを奪い、丸岡が幸先良く先生。続く6分にも丸岡9番北川選手が角度の無い所から強烈なゴールを決める。更に10分にもゴール近い左サイドをからのキックインをゴール前の11番小林選手がダイレクトで合わせて3-0と意外な得点差がついた。前半は丸岡のピヴォ当ての後のスピード感にVEEXが対応できなかったように感じた。

 VEEXは後半頭からパワープレーを敢行。後半1分に10番吉林選手のミドルシュートがブラインドでGKが反応できず、ゴールを奪うと、後半2分にも右サイド14番青山選手からのシュートパスに9番高木選手が体で押し込み3-2と追い上げる。しかし丸岡はすぐさまタイムアウトを取り、戦術を徹底。すると後半4分、パスカットから9番北川選手がパワープレー返しで4-2とする。更に4分にもパワープレーに入ろうとする所をプレスで奪った13番高尾選手が無人のゴールへシュートを決めリードを広げる。結果的にこのパワープレー返しが大きかった。VEEXは試合終了間際にコーナーキックから1点を返すが、後半にも合計4点を奪った丸岡が7-3で勝利。2連覇への決勝へコマを進めた。

cl_4th12453.jpg

cl_4th12293.jpg

cl_4th12625.jpg

cl_4th12719.jpg

cl_4th12503.jpg

cl_4th11667.jpg

cl_4th12585.jpg

17/02/03
【試合レポート】第4回FUTSAL地域女子チャンピオンズリーグ supported by GAVIC予選グループC

【グループC】

<星取表>

  フウガドール
すみだレディース
member of
the gang
Safilva
Colmillo
arco-iris
KOBE
得失 勝点 順位
フウガドール
すみだレディース
-
3-1
X
2-3

2-1
2 1 0 2 6 2
member of
the gang
X
1-3
- X
2-4
X
1-7
0 3 0 -10 0 4
Safilva Colmillo
3-2

4-2
- X
1-7
2 1 0 -4 6 3
arco-iris KOBE X
1-2

7-1

7-1
- 2 1 0 12 6 1

 

 大混戦となった予選Cグループは2勝1敗で3チームが並ぶ大激戦。当該3チーム内での得失点差で関西地域のarco-iris KOBEが準決勝へ進出した。そのarcoを窮地に追い込んだのは全国初出場の関東地域第2代表フウガドールすみだレディースだった。arcoに2-1で勝利し、最終戦を引き分け以上で準決勝進出が決められる優位な立場にいたが、ここに立ちはだかったのはSafilva Colmillo(北海道地域代表)。全日本でも常連のColmilloが3点を先取し、フウガドールも2点を返すがあと1点が遠く、準決勝進出の夢は絶たれた。奇しくもグループCのカギを握ったのはColmillo。初戦こそ敗戦を喫したが、尻上がりに調子を上げ、メンバーが揃っていれば・・・と悔やまれたが、2勝1敗という好成績を残した。

 3連敗を喫した東海地域第2代表のmember of the gangだったが、いずれの試合でも途中までは接戦を演じ、arco戦でも先取点を得ているが、あと一歩踏ん張れず、結果を残す事ができなかった。

 

フウガドールすみだレディース 3-1 member of the gang

<得点者>
26分 19番金子由選手(フウガドール)
29分 6番徳永選手(フウガドール
34分 4番金子明選手(フウガドール)
36分 20番小林選手(gang)

cl_4th3490.jpg

cl_4th3474.jpg

cl_4th0928.jpg

cl_4th0791.jpg

cl_4th1129.jpg

cl_4th0854.jpg

cl_4th4174.jpg

Safilva Colmillo 1-7 arco-iris KOBE

<得点者>
2分 12番春山選手(arco)
6分 17番藤田選手(arco)
9分 7番平井選手(arco)
14分 12番春山選手(arco)
15分 9番関灘選手(arco)
24分 7番平井選手(arco)
31分 17番藤田選手(arco)
39分 12番高橋選手(Colmillo)

cl_4th3512.jpg

cl_4th3502.jpg

cl_4th4157.jpg

cl_4th4021.jpg

cl_4th0957.jpg

cl_4th3600.jpg

cl_4th3820.jpg

 

フウガドールすみだレディース 2-1 arco-iris KOBE

<得点者>
15分 9番足利選手(フウガドール)
25分 10番中野選手(arco)
30分 21番勝俣選手(フウガドール)

cl_4th8636.jpg

cl_4th8624.jpg

cl_4th9479.jpg

cl_4th8727.jpg

cl_4th8962.jpg

cl_4th8999.jpg

cl_4th9360.jpg

 

member of the gang 2-4 Safilva Colmillo

<得点者>
11分 3番櫻田選手(Colmillo)
16分 8番堤選手(gang)
21分 7番横田選手(Colmillo)
23分 9番伊藤千選手(gang)
23分 5番長谷川選手(Colmillo)
23分 2番吉川選手(Colmillo)

cl_4th8668.jpg

cl_4th8653.jpg

cl_4th9255.jpg

cl_4th8783.jpg

cl_4th9306.jpg

cl_4th8778.jpg

cl_4th9502.jpg

member of the gang 1-7 arco-iris KOBE

<得点者>
13分 20番小林選手(gang)
20分 17番藤田選手(arco)
26分 18番加藤選手(arco)
26分 17番藤田選手(arco)
26分 10番中野選手(arco)
33分 9番関灘選手(arco)
39分 13番山口選手(arco)

cl_4th5847.jpg

cl_4th5843.jpg

cl_4th5710.jpg

cl_4th5954.jpg

cl_4th6074.jpg

cl_4th6219.jpg

cl_4th5725.jpg

フウガドールすみだレディース 2-3 Safilva Colmillo

<得点者>
12分 10番石田選手(Colmillo)
18分 5番長谷川選手(Colmillo)
20分 10番石田選手(Colmillo)
28分 7番竹村選手(フウガドール)
40分 21番勝俣選手(フウガドール)

cl_4th6002.jpg

cl_4th5993.jpg

cl_4th5753.jpg

cl_4th6663.jpg

cl_4th6175.jpg

cl_4th5813.jpg

cl_4th6401.jpg

17/02/03
【試合レポート】第4回FUTSAL地域女子チャンピオンズリーグ supported by GAVIC予選グループB

【グループB】

<星取表>

  ASTRO鹿児島 福井丸岡RUCK SAICOLO MESSE SENDAI LADIES 得失 勝点 順位

ASTRO鹿児島

- X
2-10
X
2-3

3-3
0 2 1 -9 1 3

福井丸岡RUCK


10-2
-
3-3

6-2
2 0 1 12 7 2

SAICOLO


3-2

3-3
-
14-1
2 0 1 14 7 1
MESSE SENDAI LADIES
3-3
X
2-6
X
1-14
- 0 2 1 -17 1 4

 

 日本リーグ2チームが同居したグループB。その2チームは2戦目で対戦。福井丸岡RUCKが得点すればSAICOLOが追い付くという展開が3度。両者共に譲らず3-3のドロー決着。直接対決で分けた2チームが残りの2試合を勝利し、得失点差で1位がSAICOLO、そして2位の福井丸岡RUCKがワイルドカードで準決勝へコマを進めた。

 3位は九州地域のASTRO鹿児島。初戦で大敗を喫したが、2戦目は引き分け、3戦目は1位のSAICOLOと接戦を演じた尻上がりに調子を上げた。初戦から調子良く行く事ができればグループBはもっと接戦になっていたかもしれない。

 MESSE SENDAI LADIES2戦目に引き分けで勝ち点1を挙げたが、グループ最下位となってしまった。初戦での大敗から持ち直したものの、初のての全国大会出場であり、戸惑いはあったはず。しかしチームとして貴重な経験になった。

 

ASTRO鹿児島 2-10 福井丸岡RUCK

<得点者>
4分 11番小林選手(丸岡)
12分 19番山川選手(丸岡)
12分 10番池内選手(丸岡)
17分 オウンゴール(丸岡)
19分 11番城野選手(ASTRO)
20分 2番横山選手(丸岡)
29分 9番北川選手(丸岡)
31分 13番高尾選手(丸岡)
32分 13番高尾選手(丸岡)
40分 7番野下選手(ASTRO)
40分 13番高尾選手(丸岡)
40分 7番田中選手(丸岡)

cl_4th2400.jpg

cl_4th2387.jpg

cl_4th2418.jpg

cl_4th0372.jpg

cl_4th3410.jpg

cl_4th3448.jpg

cl_4th0634.jpg

 

SAICOLO 14-1 MESSE SENDAI LADIES

<得点者>
1分 20番秋田谷選手(SAICOLO)
4分 11番吉川選手(SAICOLO)
6分 8番高橋選手(SAICOLO)
11分 10番堀田選手(SAICOLO)
12分 11番吉川選手(SAICOLO)
20分 9番安選手(SAICOLO)
20分 11番吉川選手(SAICOLO)
20分 11番吉川選手(SAICOLO)
20分 9番安選手(SAICOLO)
23分 16番小島選手(SAICOLO)
29分 13番嘉山選手(MESSE)
33分 5番坂本選手(SAICOLO)
37分 7番加藤選手(SAICOLO)
40分 16番小島選手(SAICOLO)
40分 9番安選手(SAICOLO)

cl_4th2381.jpg

cl_4th2375.jpg

cl_4th2482.jpg

cl_4th2682.jpg

cl_4th2720.jpg

cl_4th0666.jpg

cl_4th0462.jpg

 

ASTRO鹿児島 3-3 MESSE SENDAI LADIES

<得点者>
2分 22番鈴選手(ASTRO)
2分 7番野下選手(ASTRO)
17分 7番野下選手(ASTRO)
31分 29番中塩選手(MESSE)
39分 8番浦山選手(MESSE)
40分 18番田島選手(MESSE)

cl_4th7581.jpg

cl_4th7571.jpg

cl_4th8012.jpg

cl_4th8041.jpg

cl_4th4678.jpg

cl_4th8035.jpg

cl_4th8486.jpg

 

福井丸岡RUCK 3-3 SAICOLO

<得点者>
5分 13番高尾選手(丸岡)
23分 8番高橋選手(SAICOLO)
23分 7番田中選手(丸岡)
24分 20番秋田谷選手(SAICOLO)
36分 9番北川選手(丸岡)
39分 11番吉川選手(SAICOLO)

cl_4th12781.jpg

cl_4th12777.jpg

cl_4th4545.jpg

cl_4th7653.jpg

cl_4th7749.jpg

cl_4th8589.jpg

cl_4th8249.jpg

 

福井丸岡RUCK 6-2 MESSE SENDAI LADIES

<得点者>
7分 オウンゴール(丸岡)
7分 7番田中選手(丸岡)
21分 11番小林選手(丸岡)
23番 17番荒井選手(丸岡)
33分 18番田島選手(MESSE)
34分 5番五十嵐選手(丸岡)
39分 29番中塩選手(MESSE)
39分 7番田中選手(丸岡)

cl_4th10515.jpg

cl_4th10504.jpg

cl_4th10653.jpg

cl_4th11321.jpg

cl_4th5480.jpg

cl_4th10604.jpg

cl_4th10666.jpg

 

ASTRO鹿児島 2-3 SAICOLO

<得点者>
14分 5番坂本選手(SAICOLO)
17分 7番野下選手(ASTRO)
24分 22番鈴選手(ASTRO)
28分 8番高橋選手(SAICOLO)
35分 8番高橋選手(SAICOLO)

cl_4th10914.jpg

cl_4th10898.jpg

cl_4th11343.jpg

cl_4th11380.jpg

cl_4th11379.jpg

cl_4th11164.jpg

cl_4th11178.jpg

大会HP

17/02/03
【試合レポート】第4回FUTSAL地域女子チャンピオンズリーグ supported by GAVIC予選グループA

【グループA】

<星取表>

  Futsal Clube UNIAO Ladies C.R.F IDEAL LADIES VEEX TOKYO Ladies PeSelva 特失 勝点 順位
FutsalClube UNIAO Ladies - X
3-4
X
1-3

8-2
1 2 0 3 3 3
C.R.F IDEAL LADIES
4-3
- X
2-3

4-4
1 1 1 0 6 2
VEEX TOKYO Ladies
3-1

3-2
-
6-1
3 0 0 8 9 1

PeSelva

X
2-8

4-4
X
1-6
- 0 2 1 -11 1 4

 

 グループAを3戦全勝で準決勝へ名乗りを上げたのは関東第3代表のVEEX。初戦PeSelvaに対しては大勝だったが、2戦目のC.R.F戦は2点のビハインドを跳ね返したの逆転勝利、3戦目もUNIAOと接戦を演じながらもしっかりと勝ち点3を手にした。予選リーグ唯一の3連勝VEEXは初出場ながら経験の差を見せた。

 中国地域代表のC.R.Fが1勝1敗1分けで2位に食い込んだ。16番江口選手の8得点という活躍もあるが、球際でも負けないフィジカルの強さを武器に日本リーグのUNIAOを破り、VEEXとも接戦を演じた。

 初戦の敗戦が痛かった東海地域第1代表UNIAOは1勝2敗で3位という結果に終わった。どのチームも高いプレー強度だったという事もあるが、パスワークにいつもの冴えが見られなかった。

 今回急遽出場が決まった四国地域代表PeSelvaは2敗1分で最下位に沈んだが、パワープレーからの得点もあり、様々な戦術を使いこなし、戦術理解度の高さを感じさせた。

 

Futsal Clube UNIAO Ladies 3-4 C.R.F IDEAL Ladies

<得点者>
1分 8番森本選手(UNIAO)
15分 15番島津選手(C.R.F)
17分 16番上杉選手(UNIAO)
23分 16番江口選手(C.R.F)
26分 16番江口選手(C.R.F)
33分 7番加藤選手(UNIAO)

cl_4th1161.jpg

cl_4th1157.jpg

cl_4th1629.jpg

cl_4th2232.jpg

cl_4th1668.jpg

cl_4th2350.jpg

cl_4th1699.jpg

 

VEEX TOKYO Ladies 6-1 PeSelva

<得点者>
17分 10番吉林選手(VEEX)
19分 10番吉林選手(VEEX)
23分 7番服部選手(VEEX)
27分 7番服部選手(VEEX)
29分 8番天羽選手(PeSelva)
29分 5番伊藤選手(VEEX)
39分 13番宮崎選手(VEEX)

cl_4th1184.jpg

cl_4th1172.jpg

cl_4th1991.jpg

cl_4th2280.jpg

cl_4th0097.jpg

cl_4th1971.jpg

cl_4th1568.jpg

Futsal Clube UNIAO Ladies 8-2 PeSelva

<得点者>
3分 5番藤森選手(UNIAO)
10分 10番桑田選手(UNIAO)
13分 3番石垣選手(UNIAO)
19分 20番高垣選手(UNIAO)
19分 3番石垣選手(UNIAO)
24分 3番石垣選手(UNIAO)
25分 73番広瀬選手(PeSelva)
26分 16番上杉選手(UNIAO)
37分 16番上杉選手(UNIAO)
40分 73番広瀬選手(PeSelva) 

cl_4th6701.jpg

cl_4th6697.jpg

cl_4th7506.jpg

cl_4th7053.jpg

cl_4th7432.jpg

cl_4th4362.jpg

cl_4th6938.jpg

 

C.R.F IDEAL LADIES 2-3 VEEX TOKYO Ladies

<得点者>
7分 16番江口選手(C.R.F)
9分 16番江口選手(C.R.F)
19分 15番小出選手(VEEX)
23分 10番吉林選手(VEEX)
24分 10番吉林選手(VEEX)

cl_4th6676.jpg

cl_4th6682.jpg

cl_4th7294.jpg

cl_4th4327.jpg

cl_4th7156.jpg

cl_4th4371.jpg

cl_4th7305.jpg

C.R.F IDEAL Ladies 4-4 PeSelva

<得点者>
4分 16番江口選手(C.R.F)
7分 8番天羽選手(PeSelva)
10分 16番江口選手(C.R.F)
16分 7番佐坂選手(PeSelva)
18分 7番佐坂選手(PeSelva)
28分 16番江口選手(C.R.F)
32分 13番竹田選手(PeSelva)
40分 16番江口選手(C.R.F)

cl_4th9530.jpg

cl_4th9539.jpg

cl_4th10270.jpg

cl_4th10392.jpg

cl_4th9741.jpg

cl_4th10279.jpg

cl_4th9620.jpg

 

Futsal Clube UNIAO Ladies 1-3 VEEX TOKYO Ladies

<得点者>
9分 10番吉林選手(VEEX)
10分 3番石垣選手(UNIAO)
14分 10番吉林選手(VEEX)
40分 11番多々良選手(VEEX)

cl_4th9700.jpg

cl_4th9689.jpg

cl_4th9882.jpg

cl_4th10432.jpg

cl_4th10035.jpg

cl_4th10136.jpg

cl_4th10561.jpg

17/01/29
【試合レポート】トリムカップ2017第9回全国女子選抜フットサル関東大会決勝東京都女子選抜vs千葉県選抜

東京都女子選抜 7-1 千葉県選抜

<得点者>
1分 19番伊藤選手(東京都)
12分 11番北隅選手(東京都)
23分 13番紅野選手(東京都)
23分 6番田中選手(千葉県)
31分 17番金子選手(東京都)
33分 13番紅野選手(東京都)
34分 19番伊藤選手(東京都)
37分 2番徳永選手(東京都)

 昨年と同じカードの決勝となった両チームの対戦は既に全国出場を決めてはいるものの、ギアを落とす様子は見られない。前半1分東京は19番伊藤選手のゴールで先制すると、千葉も応戦。局所で激しい球際の攻防があり、気持ちの入ったプレーが繰り広げられる。しばらく一進一退の攻防が続いたが、次の得点も東京。相手陣地でパスカットした11番北隅選手が飛び出したGKの頭上を越すループシュートを決めて追加点を奪う。

 前半を2-0で折り返した東京は後半3分、13番紅野選手が左足シュートをファー下に突き刺し、3-0とリードを広げる。しかしこれ以上リードを許したくない千葉は直後に右サイド深い所からの折り返しを3人目の動きで入ってきた6番田中選手が合わせて1点を返す。しかし東京の勢いは抑えられず、後半11分にカウンターから17番金子選手がゴールを奪い再び3点差とすると、ここから東京がゴールラッシュ。13分に13番紅野選手が左サイドの単独突破からゴールを奪うと、14分には19番がお手本通りのファー詰めで6点目。更に17分にも2番徳永選手がゴールを奪い、終わってみれば7-1と意外な大差がついた。昨年の全国女王東京都は大勝で関東を制し、全国出場へ弾みを付けた。

trim_9th_kanto3936.jpg

trim_9th_kanto3924.jpg

trim_9th_kanto3992.jpg

trim_9th_kanto4290.jpg

trim_9th_kanto4078.jpg

trim_9th_kanto2867.jpg

trim_9th_kanto4223.jpg

trim_9th_kanto3002.jpg

trim_9th_kanto4186.jpg

公式記録

17/01/29
【試合レポート】トリムカップ2017第9回全国女子選抜フットサル関東大会準決勝埼玉県女子選抜vs千葉県女子選抜

埼玉県女子選抜 3-4 千葉県女子選抜

<得点者>
13分 11番青山葵選手(埼玉県)
13分 16番本寺選手(千葉県)
15分 10番堀田選手(埼玉県)
17分 7番浅井選手(埼玉県)
30分 14番笠井選手(埼玉県)
34分 7番江川選手(千葉県)
40分 17番池田選手(千葉県)

 両チーム共に3-1と4-0の攻撃システムを使い分けるテクニカルなチーム。序盤は一進一退の攻防。ハーフで守る事もあり、パスワークで相手を崩そうという意図が見える。先制点は埼玉。前半13分、10番堀田選手が右サイドのゴールライン際でボールキープして中央へ折り返すと11番青山葵選手が気迫のスライディングで合わせて1-0と埼玉がリードする。しかし千葉もすぐに応戦。9番谷口選手が左サイドを駆け上がり、シュートパスに16番本寺選手がゴール前で合わせてすぐさま同点に追い付く。勝ち越された埼玉も前半15分に10mやや左の位置から10番堀田選手が左足裏で舐めてすぐに右足トゥーキック。これだDFに当たり、コースが変わってゴールに吸い込まれ、埼玉が再び勝ち越しに成功。更に17分にも7番浅井選手がピヴォ当てからの落しを左足でファーサイド絶妙の所に決めて3-1。埼玉が2点をリードしてハーフタイムに突入した。

 後半に入り、少し受け身になったか、ハーフに引く埼玉相手に千葉がボールポゼッションを高める。埼玉も時折カウンターでチャンスを作るが、3人目が攻撃に関与できず単発的なものとなっていた。すると後半10分、千葉はカウンターから14番笠井選手がゴールを奪い3-2と追い上げると、後半14分にも7番江川選手が相手陣地でのパスカットから得意のトゥーキックを突き刺し、ついに千葉が同点に追い付く。後半39分に埼玉は第2PKのチャンスを得るが、途中交代の千葉GK1番小関選手がシャットアウト。このままPK戦突入かと思われた試合残り18秒、カウンターから中央突破した17番池田選手が起死回生の逆転ゴールを突き刺す。土壇場でゴールを決めた千葉が2年連続全国出場を決めた。

trim_9th_kanto3355.jpg

trim_9th_kanto3350.jpg

trim_9th_kanto2675.jpg

trim_9th_kanto3542.jpg

trim_9th_kanto3821.jpg

trim_9th_kanto3428.jpg

trim_9th_kanto3875.jpg

trim_9th_kanto3559.jpg

trim_9th_kanto2792.jpg

公式記録

17/01/29
【試合レポート】トリムカップ2017第9回全国女子選抜フットサル関東大会準決勝東京都女子選抜 vs 山梨県女子選抜

東京都女子選抜 7-0 山梨県女子選抜

<得点者>
2分 19番伊藤選手(東京都)
8分 13番紅野選手(東京都)
13分 2番徳永選手(東京都)
19分 13番紅野選手(東京都)
23分 9番足利選手(東京都)
35分 17番金子選手(東京都)
38分 6番勝俣選手(東京都)

 前日と違い山梨はベンチ入り6人と厳しい陣容。そんな山梨に東京が襲い掛かる。右サイド深く13番紅野選手からの足裏からの落としを19番伊藤選手が決めて先制すると、8分には13番紅野選手がパスカットから左足でミドルシュートを叩き込みリードを広げる。13分には2番徳永選手のファー詰め、19分には18番東山選手のボールキープからゴール前に走り込んだ13番紅野選手が合わせて4-0とリードしてハーフタイムを迎えた。

 ペースを握ったままの東京は後半3分にも東京都9番足利選手が右サイドから中央へカットインして強烈なシュートを突き刺し2-0とリードする。山梨は時折、個々の仕掛けでシュートまで持ち込むが、ゴール前の距離が長く決定機までは持ち込めない。東京は後半15分にはカウンターから19番金子選手が、更に後半18分にも6番勝俣選手が確実にゴールを決めて7-0。連覇を狙う東京都女子選抜が快勝で全国出場を決めた。

trim_9th_kanto4532.jpg

trim_9th_kanto4525.jpg

trim_9th_kanto2529.jpg

trim_9th_kanto2551.jpg

trim_9th_kanto2845.jpg

trim_9th_kanto2478.jpg

trim_9th_kanto3112.jpg

trim_9th_kanto2519.jpg

trim_9th_kanto2390.jpg

17/01/28
【試合レポート】トリムカップ2017第9回全国女子選抜フットサル関東大会1回戦

栃木県女子選抜 0-11 東京都女子選抜

<得点者>
2分 4番倉持選手(東京都)
11分 7番服部選手(東京都)
13分 9番足利選手(東京都)
14分 9番足利選手(東京都)
24分 17番金子選手(東京都)
24分 2番徳永選手(東京都)
27分 13番紅野選手(東京都)
29分 7番服部選手(東京都)
33分 17番金子選手(東京都)
34分 18番東山選手(東京都)
38分 9番足利選手(東京都)

 前半2分で先制点を奪った東京が前半に4得点で、優勢に立つと後半に入っても7得点を奪い11-0と栃木を圧倒。昨年全国女王となった東京が順当に2回戦に駒を進めた。

trim_9th_kanto0907.jpg

trim_9th_kanto0898.jpg

trim_9th_kanto0950.jpg

trim_9th_kanto0758.jpg

trim_9th_kanto1296.jpg

trim_9th_kanto0630.jpg

trim_9th_kanto1049.jpg

 

群馬県女子選抜 3-6 山梨県女子選抜

<得点者>
2分 17番倉重選手(群馬県)
8分 10番西林選手(山梨県)
11分 10番西林選手(山梨県)
15分 4番保坂選手(山梨県)
27分 10番西林選手(山梨県)
34分 3番伊藤選手(群馬県)
36分 19番茂木選手(群馬県)
38分 7番津永選手(山梨県)
40分 10番西林選手(山梨県)

 先制点を奪った群馬だったが、山梨がPKで同点に追い付くと4連続得点で4-1とリード。後半群馬が2点を返し、追い上げるが、山梨はさらに2点を追加し、群馬を付き放ち6-3で快勝。翌日の2回戦へ進出した。

trim_9th_kanto1377.jpg

trim_9th_kanto1363.jpg

trim_9th_kanto0225.jpg

trim_9th_kanto1500.jpg

trim_9th_kanto1540.jpg

trim_9th_kanto1413.jpg

trim_9th_kanto1610.jpg

 

埼玉県女子選抜 3-1 茨城県女子選抜

<得点者>
24分 4番河村選手(埼玉県)
26分 4番河村選手(埼玉県)
27分 8番後藤選手(埼玉県)
39分 11番柴田選手(茨城県)

 攻める埼玉、守ってカウンターの茨城は互角の展開。前半0-0で迎えた後半2分埼玉は4番河村選手の得点で均衡を破ると立て続けに3得点を奪い、試合のペースを掴む。後半19分に茨城11番柴田選手のミドルで一矢報いるが反撃もここまで。3-1で埼玉が勝利した。

trim_9th_kanto1664.jpg

trim_9th_kanto1650.jpg

trim_9th_kanto1797.jpg

trim_9th_kanto1984.jpg

trim_9th_kanto1758.jpg

trim_9th_kanto2107.jpg

trim_9th_kanto1791.jpg

 

神奈川県女子選抜 0-4 千葉県女子選抜

<得点者>
9分 7番江川選手(千葉県)
9分 18番根岸選手(千葉県)
11分 6番田中選手(千葉県)
40分 オウンゴール(千葉県)

 お互いにパスを回すスタイルながら千葉は前から、神奈川は引いた守備ラインで試合が進む。千葉は前半にPKで得点を奪うと、7番江川選手が決めて先制点を奪うと、直後にも18番根岸選手がシュートパスを頭で合わせて2-0。神奈川は惜しい場面を作るが、得点を奪えず、後半にも2得点を追加。千葉が神奈川相手に4-0シャットアウト勝利を飾った。

trim_9th_kanto2137.jpg

trim_9th_kanto2123.jpg

trim_9th_kanto2263.jpg

trim_9th_kanto2176.jpg

trim_9th_kanto0444.jpg

trim_9th_kanto0542.jpg

trim_9th_kanto0576.jpg

 

大会公式記録