試合レポートの最近のブログ記事

17/06/18
【試合レポート】日本女子フットサルリーグ第2節福井丸岡RUCK vs Futsal Clube UNIAO Ladies

 

【第2節】

福井丸岡RUCK 16-0 Futsal Clube UNIAO Ladies

<得点者>
01:44 2番横山夢花(RUCK)
02:03 19番山川里佳子(RUCK)
02:39 9番北川夏奈(RUCK)
03:03 11番小林心(RUCK)
04:22 17番荒井一花(RUCK)
09:20 19番山川里佳子(RUCK)
13:35 13番高尾茜利(RUCK)
14:30 オウンゴール(RUCK)
14:40 14番池内天紀(RUCK)
23:27 17番荒井一花(RUCK)
24:06 19番山川里佳子(RUCK)
32:31 18番北嶋笑(RUCK)
35:45 13番高尾茜利(RUCK)
37:32 11番小林心(RUCK)
37:53 13番高尾茜利(RUCK)
39:16 7番田中悠香(RUCK)

 前節で昨年全敗だったUNIAOは初勝利を果たし、東海リーグで何度も戦い相性も悪くなかった丸岡との第2節だったが、思わぬ展開となってしまった。試合開始5分で4失点、UNIAO得意のパスワークが完全に封じられてしまった。原因は丸岡の古コートプレス。自陣からパスをつなぐUNIAOにプレスをかけて奪い、守備の整わない間にショートカウンターを仕掛ける。そんな場面が何度も展開された。序盤の得点で優位に立った事で丸岡は中高校生を積極的に起用。チャンスに躍動した選手は緊張する事なく、思い切りプレーし得点も重ねていく。更に交代した事でリフレッシュした主力組がコートに送り出されて躍動するという好循環が生まれる。UNIAOは前半途中GKを15番藤田選手から1番加藤選手へ交代。藤田選手はベンチで涙を流す姿も見られたが、決してGKだけの責任ではない。それだけUNIAOは混乱し、丸岡がうまく行きすぎていた。

 前半を9点を奪った丸岡は後半もペースを掴むが、UNIAOも守備が徐々に安定。何とか丸岡の攻撃力に対応するが、それでも丸岡は後半に3点を追加する。反攻に転じたいUNIAOは我慢を重ねた上で残り5分頃より4番市原選手をGKにしてパワープレーを実施。一旦は引いた丸岡だったが、すぐにボールに激しく寄せる事で対応。逆にパワープレー返しで3点を追加。試合終了時のスコアボードを見ると16-0。トップリーグにしては衝撃のスコアだが、丸岡の高い決定力が際立った試合となった。
 

w_fleague2017_2nd1318.jpg

w_fleague2017_2nd1303.jpg

w_fleague2017_2nd1510.jpg

w_fleague2017_2nd2050.jpg

w_fleague2017_2nd1356.jpg

w_fleague2017_2nd0454.jpg

w_fleague2017_2nd1739.jpg

w_fleague2017_2nd2092.jpg

w_fleague2017_2nd1866.jpg

 

<Futsal Clube UNIAO Ladies試合後記者会見>

※後日掲載予定

w_fleague2017_2nd2174.jpg

 

<福井丸岡RUCK試合後記者会見>

※後日掲載予定

w_fleague2017_2nd2187.jpg

17/06/18
【試合レポート】日本女子フットサルリーグ第2節エスポラーダ北海道イルネーヴェ vs さいたまSAICOLO

【第2節】

エスポラーダ北海道イルネーヴェ 0-4 さいたまSAICOLO

<得点者>
01:42 14番初見尚美(SAICOLO)
02:22 7番秋田谷美里(SAICOLO)
19:19 5番坂本枚侑美(SAICOLO)
34:52 9番安奈希沙(SAICOLO)

 日本リーグ開幕戦を落とし、更に前日に関東リーグでも試合を行ったSAICOLOだったが、試合開始早々の前半2分に先制点を奪う。左サイドで得たコーナーキックからの戻しのボールに前日の試合でもハットトリックを決めた14番初見選手がファーサイド上の絶妙なコースに決める。更に前半3分にも北海道のコーナーキックをカットして奪ったSAICOLOは一気にカウンター。一気に飛び出た7番秋田谷選手がトゥーキックでシュートを突き刺し追加点を奪う。その後も高いポゼッションを保つSAICOLOに対して北海道はボールを奪ってから早いカウンターで何度もSAICOLOゴールに襲い掛かるが、GK21番吉村選手の好セーブでこれを防ぎ、得点を許さない。すると前半残り41秒、右サイドで足裏を使ったダブルタッチでディフェンスをかわしたSAICOLO5番坂本選手が中央へカットインしたから目の覚めるようなミドルシュートを叩き込み3-0としてハーフタイムを迎える。

 北海道はGK21番山本選手の好セーブでSAICOLOの猛攻を防ぐが、SAICOLOのプレスに手こずり、ボールポゼッションからボールを前進させる事に苦心する。狙い所はあるが、無理な体制からも一発で狙う事が多く、3点ビハインドの焦りからかやり直しの判断ができない事でボールがつながらないようにも感じた。しかし鍛えられたセットプレーからチャンスを作るなど惜しい場面も見られる北海道。しかし後半15分、タイムアウト後にGK21番吉村選手が強肩を活かして相手ゴール前にロングスロー。11番吉川選手がダイレクトで落としたボールを9番安選手が左足シュートを決めて4-0とする。北海道は後半5ファールを重ね、更に19分に10番佐野川選手が警告2回で退場となり、北海道は反撃の手立てを失ったままタイムアップ。試合を通じて69本のシュートを放ったSAICOLOが圧勝した。

w_fleague2017_2nd0717.jpg

w_fleague2017_2nd0701.jpg

w_fleague2017_2nd0155.jpg

w_fleague2017_2nd0804.jpg

w_fleague2017_2nd1243.jpg

w_fleague2017_2nd0285.jpg

w_fleague2017_2nd0990.jpg

w_fleague2017_2nd1160.jpg

w_fleague2017_2nd1097.jpg

 

<エスポラーダ北海道イルネーヴェ記者会見>

※後日掲載予定

w_fleague2017_2nd1269.jpg

 

<さいたまSAICOLO記者会見>

※後日掲載予定

w_fleague2017_2nd1273.jpg

17/06/17
【試合レポート】SuperSports XEBIO関東女子フットサルリーグby PENALTY第2節フウガドールすみだレディース vs the sunkisst

 

【第2節】

フウガドールすみだレディース vs the sunkisst

<得点者>
13:06 7番竹村純子(フウガドール)
27:56 25番山本莉沙(フウガドール)
33:15 5番水原萌(sunkisst)
39:05 19番金子由香里(フウガドール)

 試合序盤からプレスを掛け合う両チームはsunkisstの方がやや気持ちが入っているように感じる。しかしボールをつなげてボールを前進させるフウガドールに対してsunkisstは個人技を中心としたカウンターと対照的な戦いぶり。先制の口火を切ったのはフウガドール。前半14分左サイドからの中央へカットインした7番竹村選手がゴールを奪い1-0とフウガドールがリードする。フウガドールはこの得点から試合のペースを掴み、徐々にsunkisstを押し込みにかかる。チャンスは多いものの昨年までフウガドールに在籍したsunkisstのGK1番木場選手が立ちはだかり、追加点を与えない。

 後半に入り試合が動いたのは後半8分左サイドからの折り返しに25番山本選手が押し込み、嬉しい移籍後初ゴールをで2-0とリードする。ようやくsunkistの得点が生まれたのは後半14分、ゴール前のこぼれ球を5番水原選手が押し込み1点差に追い付く。1点を争う攻防に試合はヒートアップするが、試合残り55秒にフウガドールの波状攻撃から17番金子選手が試合を決定付けるゴールを奪い勝負あり。フウガドールが苦しみながらも開幕2連勝を果たし勝ち点を6に伸ばした。

8th_kanto_2nd2588.jpg

8th_kanto_2nd2597.jpg

8th_kanto_2nd2813.jpg

8th_kanto_2nd2928.jpg

8th_kanto_2nd2894.jpg

8th_kanto_2nd1158.jpg

8th_kanto_2nd2614.jpg

8th_kanto_2nd2957.jpg

8th_kanto_2nd1144.jpg

17/06/17
【試合レポート】SuperSports XEBIO関東女子フットサルリーグby PENALTY第2節FFC Estrela NOVO川口 vs カフリンガボーイズ東久留米

 

 

 

【第2節】

FFC Estrela NOVO川口 1-6 カフリンガボーイズ東久留米

<得点者>
05:24 2番新井敦子(カフリンガ)
09:02 16番朝倉育(カフリンガ)
18:47 10番戸枝美咲(カフリンガ)
21:46 8番桑原真澄(Estrela)
28:53 4番鎌倉あや(カフリンガ)
32:56 23番玉川華帆(カフリンガ)
37:06 23番玉川華帆(カフリンガ)

  今節EstrelaはGK庄子選手、10番加賀谷選手が欠場でベンチ入り6名と厳しい陣容。そこにカフリンガが襲い掛かる。前半6分に右サイドのコーナーキックからの戻しの2番新井選手のシュートが決まり先制すると、前半10分にも16番朝倉選手の右サイドからのシュートが決まり2-0とする。積極的にプレスをかけてくるカフリンガに苦しむエストレーラは前線へのピヴォへボールを入れるが、選手との距離感が遠く孤立する場面が何度か見られた。前半20分にも10番戸枝選手のシュートがディフェンスに当たりコースが変わりゴールへ吸い込まれ、前半は3-0カフリンガリードで折り返した。

 後半2分、コーナーキックのチャンスをEstrelaがモノにする。右サイドコーナーキックから浮き球の速いパスを8番桑原選手が門の間で合わせて1点を返す。しかし後半9分に中央をドリブル突破した23番玉川選手のシュートがポストに跳ね返ったボールを冷静に4番鎌倉選手が押し込み、4-1と再び3点のリードを奪う。この辺りから足を攣りを気にする選手が出始めたEstrelaに対してカフリンガはドリブルの得意な23番玉川選手が13分、18分にゴールを奪い、6-1カフリンガがEstrelaを圧倒。カフリンガが今季初勝利を挙げた。

8th_kanto_2nd2123.jpg

8th_kanto_2nd2111.jpg

8th_kanto_2nd2496.jpg

8th_kanto_2nd2318.jpg

8th_kanto_2nd2410.jpg

8th_kanto_2nd2362.jpg

8th_kanto_2nd1023.jpg

8th_kanto_2nd0905.jpg

8th_kanto_2nd2526.jpg

17/06/17
【試合レポート】SuperSports XEBIO関東女子フットサルリーグby PENALTY第2節FOREST ANNEX vs バルドラール浦安ラスボニータス

 

【第2節】

FOREST ANNEX 2-5 バルドラール浦安ラスボニータス

<得点者>
04:01 17番池田智子(浦安)
04:26 22番松井和代(ANNEX)
14:18 2番小塚菜美(ANNEX)
26:16 9番江川涼(浦安)
28:39 9番江川涼(浦安)
29:51 4番四井沙樹(浦安)
30:21 10番多田千優(浦安)

 開幕戦を快勝したチームの同士の戦いは、前からプレスをかけるANNEXがリズムを掴み、チャンスを作るが、先制点は浦安。前半5分コーナーキックから14番笠井選手のシュートパスに17番池田選手が合わせて1-0とする。しかしANNEXはすぐさま22番松井選手のゴールで追いつき1-1のタイスコアに戻す。ANNEXは更に左サイドの9番杉森選手の折り返しに2番小塚選手がスライディングで合わせて逆転に成功する。試合自体は浦安のペースの様相だが、この日も途中からGKを務めた11番早川選手がファインセーブを連発。そして素早い前線への縦パスやカウンター攻撃でANNEXも反撃する。

 1-2ANNEXリードで迎えた後半、浦安が試合の主導権を握る。後半7分9番江川選手のゴールで同点に追い付くと、9分にもカウンターから9番江川選手が連続ゴールを奪い逆転に成功する。逆転した後に浦安は4-0の定位置攻撃を積極的に活用するとボールポゼッションの優位性を保ち、ANNEXを翻弄する。後半10分に4番四井選手、更に11分にも多田選手がゴールを奪い5-2としてゲームセット。前半苦しんだ浦安が後半にしっかりと改善した浦安が5-2と逆転勝利を収めた。

8th_kanto_2nd1736.jpg

8th_kanto_2nd1722.jpg

8th_kanto_2nd1847.jpg

8th_kanto_2nd0642.jpg

8th_kanto_2nd1901.jpg

8th_kanto_2nd1763.jpg

8th_kanto_2nd2032.jpg

8th_kanto_2nd0687.jpg

8th_kanto_2nd0731.jpg

17/06/17
【試合レポート】SuperSports XEBIO関東女子フットサルリーグby PENALTY第2節さいたまSAICOLO vs シュートアニージャ

 

【第2節】

さいたまSAICOLO 4-0 シュートアニージャ

<得点者>
01:25 14番初見尚美(SAICOLO)
14:45 9番安奈希沙(SAICOLO)
17:50 14番初見尚美(SAICOLO)
33:48 14番初見尚美(SAICOLO)

 前節は運営で試合の無かったSAICOLOと思わぬ大敗スタートとなったanillaの対戦。試合開始直後の前半2分、SAICOLOは左コーナーキックを得るとサインプレーから14番初見選手がゴールを決めてSAICOLOが先制する。SAICOLOはラインこそ高くないが、ボールへのプレスを徹底。anillaに思うようにボールを回させず、自らのボールポゼッション率を高める。時折カウンターから前線へボールを運びチャンスを伺うanillaだったが、素早い撤退でピンチの芽を摘むSAICOLO。すると前半15分、右サイドを突破したSAICOLO10番堀田選手からの折り返しのパスを9番安選手がスライディングで押し込み追加点を奪う。更に18分にも斜めの長いパスが前線に入った所に中央に走り込んできた14番初見選手がゴールを奪い3-0として前半を折り返す。

 後半に入り少しずつSAICOLOのプレスに対応してきたanillaはカウンターからGKとの1対1のチャンスを2回迎えるが、後半から交代出場した15番前川選手が抜群の間合いでシャットアウト。SAICOLOは更にGKを3人目1番内田選手も起用。後半14分にも前線でのプレスで奪ったSAICOLO14番初見選手がこの日3点目となるゴールを奪いダメ押し。試合を終始コントロールしたSAICOLOが勝利し、リーグ初戦を勝利で飾った。

8th_kanto_2nd1270.jpg

8th_kanto_2nd1252.jpg

8th_kanto_2nd1493.jpg

8th_kanto_2nd0258.jpg

8th_kanto_2nd0152.jpg

8th_kanto_2nd1632.jpg

8th_kanto_2nd1349.jpg

8th_kanto_2nd1686.jpg

8th_kanto_2nd0204.jpg

17/06/10
【試合レポート】埼玉県女子フットサルリーグ第2節デールさいたまレディース vs 白岡SCL

 

【第2節】

デールさいたまレディース vs 白岡SCL

<得点者>
4分 5番岩崎選手(デール)
7分 8番染谷選手(デール)
16分 2番道下選手(デール)
24分 5番岩崎選手(デール)
25分 9番三尾選手(デール)
28分 9番三尾選手(デール)

 どちらもカウンターが得意でお互いの持ち味を生かしてゲームを進める。しかし確実にゴールへ近づけ、得点を重ねたのはデール。白岡は奪ってカウンターに持ち込むが、遠目からのシュートが多いのに対してデールは2枚目、3枚目がボールに絡む事で着実に加点。6-0でデールが大勝した。

2017saitama2nd741.jpg

2017saitama2nd729.jpg

2017saitama2nd1024.jpg

2017saitama2nd993.jpg

2017saitama2nd1044.jpg

2017saitama2nd786.jpg

2017saitama2nd1151.jpg

17/06/10
【試合レポート】埼玉県女子フットサルリーグ第2節アヴェントゥーラ川口 vs イフ

 

【第2節】

第2節アヴェントゥーラ川口 11-2 イフ

<得点者>
7分 52番伊藤選手(アヴェントゥーラ)
9分 23番日景選手(アヴェントゥーラ)
13分 9番青山葵選手(アヴェントゥーラ)
14分 11番青山明選手(アヴェントゥーラ)
14分 5番榊選手(イフ)
16分 23番日景選手(アヴェントゥーラ)
17分 21番多田選手(アヴェントゥーラ)
17分 9番青山葵選手(アヴェントゥーラ)
19分 2番菅原選手(イフ)
19分 9番青山葵選手(アヴェントゥーラ)
22分 23番日景選手(アヴェントゥーラ)
28分 23番日景選手(アヴェントゥーラ)
40分 23番日景選手(アヴェントゥーラ)

 完全なアヴェントゥーラペースで進んだ試合は前半7分の伊藤選手のゴールからアヴェントゥーラがゴールラッシュ。しかしイフもトランジションから、セットプレーからそれぞれ2点を返して前半を8-2で折り返す。後半ペースは落ちたものの完全にアヴェントゥーラが試合を支配し、3点を加えたアヴェントゥーラが11-2と快勝した。

2017saitama2nd16.jpg

2017saitama2nd31.jpg

2017saitama2nd424.jpg

2017saitama2nd141.jpg

2017saitama2nd396.jpg

2017saitama2nd116.jpg

2017saitama2nd550.jpg

17/06/04
【試合レポート】第18回東京都女子フットサル大会兼第14回全日本女子フットサル選手権大会東京都大会2次ラウンド決勝フュージョン vs 府中アスレティックFC女子アスピランチ

 

【決勝】

フュージョン 1-1(PK3-4)府中アスレティックFC女子アスピランチ

<得点者>
18分 8番長沼選手(FUSION)
23分 19番山下選手(アスピランチ)

 大会のタイトルがかかった決勝戦。前半戦を0-0で迎えた後半3分、8番長沼選手のゴールでFUSIONが先制するが、アスピランチも後半8分に19番山下選手のゴールで追いつき1-1。拮抗した試合は両者譲らずこの日3戦目となるPK戦に突入。PK戦はアスピランチが4-3で制し、第18回を迎える東京都女子フットサル大会は府中アスピランチが優勝を飾った。

alljapantokyo2rd_final35.jpg

alljapantokyo2rd_final34.jpg

alljapantokyo2rd_final37.jpg

alljapantokyo2rd_final36.jpg

alljapantokyo2rd_final40.jpg

alljapantokyo2rd_final38.jpg

alljapantokyo2rd_final44.jpg

alljapantokyo2rd_final46.jpg

17/06/04
【試合レポート】第18回東京都女子フットサル大会兼第14回全日本女子フットサル選手権大会東京都大会2次ラウンド3位決定戦ラプエルタジュントレディース vs 十条FCレディース

 

【3位決定戦】

ラプエルタジュントレディース 2-2(PK3-2) 十条FCレディース

<得点者>
8分 5番宇津木選手(ラプエルタ)
16分 18番豊田選手(ラプエルタ)
19分 5番井上選手(十条)
29分 5番井上選手(十条)

 リーグ戦では既に対戦し、十条が勝利しているが、先手を取ったのはラプエルタ。しかし2点のビハインドを背負った十条は後半に5番井上選手の2ゴールで追いつき、PK戦へ。4人目ラプエルタが決めたが、十条は外し万事休す。十条はこの日いずれもPK戦では破れ、勝利の女神に見放されているようだった。

alljapantokyo2rd_final22.jpg

alljapantokyo2rd_final21.jpg

alljapantokyo2rd_final23.jpg

alljapantokyo2rd_final25.jpg

alljapantokyo2rd_final26.jpg

alljapantokyo2rd_final27.jpg

alljapantokyo2rd_final31.jpg