【試合後記者会見】第2節府中アスレティックFCプリメイラ

2018年7月 1日 12:00

 

w_fleague2018_2nd_2751.jpg

 

【試合レポート】GAViC Presents日本女子フットサルリーグ2018第2節府中アスレティックFCプリメイラ vs 福井丸岡RUCK

 

松田監督:勝ててホッとしています。内容としてはあまり自分達のペースでやる時間というのは想像より短かったですが、少しだけ後半改善ができて、自分達の形ができたので結果につながったのかなと思います。ただまだまだですが、自分達の目指している部分は少しずつ見えてきたと思うので、今後の試合に向けてトレーニングし直さなくてはと思っています。

縄田キャプテン:前半に得点できなかったところですが、得点したかったですが、最悪でも前半0-0で良かったかなと思っています。後半自分達のペースが掴めた中で得点が奪えて事はすごく良かったと思います。失点した後も、そこからまた自分達で作り直してリードできたのは良かったなと思います。

 - 前半途中からY字DFをやった事でピヴォに収まりにくい状況があったのかなと思いますが、どのような点を改善されたのでしょうか。

松田監督:Y字に対して3人に単にローテーションするのではなく、効率よく動いて2枚に対して3枚で打開していく事を伝えて改善しました。あまり動き過ぎず、相手の状況をよく見ながら、空いている部分を探してそこから前進していくように修正しました。その中で選手がしっかり対応してくれたので選手のおかけだと思っています。

 - 丸岡はやりやすいのかなというイメージがありますが、そんな印象はありますか?

縄田選手:個人的には感じた事はありません。そうですかね(笑)得意とかやりやすいとかは感じた事はないです。後半相手のディフェンスに対して対策がうまく合致したので、フリーな状況ができたと思っています。一瞬の動きは若い事もあり、速いのでそこだけは気をつけなくてはと思っていました。

縄田選手:今月また2試合ありますので、勝って昨年同様プレーオフ進出できるようにしたいと思います。

panna_bn.jpg

Desporteサイドバナー.jpg

PANNAロゴ(バナー用).jpg

credit-school_bannerl.jpg

234_60banner.gif

pivo40.jpg