【試合後記者会見】第1節流経大メニーナ龍ケ崎

2018年6月 2日 14:30

 

w_fleague2018_1st1337.jpg

 

【試合レポート】GAViC presents日本女子フットサルリーグ2018第1節流経大メニーナ龍ケ崎 vs アルコイリス神戸

 

奈須監督:今日は彼女達のフットサル公式戦初チャレンジだったのですが、思ったような試合ができなかったのは私の力不足かなと。ただ選手達の可能性を感じたゲームでもあったので、この敗戦を次につなげられるようにしたいなと思います。

平川キャプテン:今日の試合で課題がたくさん出たと思うので、次の試合では自分達の良さをもっと出しながらチャレンジしていけるようにしていきたいなと思います。

 - 日本リーグ初の試合で強敵相手でした。事前に想定していた部分と一緒だった事、想定以上だった事など教えて下さい。

奈須監督:想定では攻撃の部分では個人での打開から選手の関わりが多くできると思っていましたが、もう少し多く出るかなと思っていました。相手の攻撃に関して守備の部分で徹底できていない部分というのが、ゲームで出てしまったので、そこは想定の範囲の部分は超えてしまったのかなと思いました。

平川キャプテン:サッカーと比べて相手の体の使い方が凄くうまくて、ディフェンスとしてうまく対処できなかったというのがあったのと、攻撃の面で個人の技術がありながらも、それをチャレンジして行けなかったのが、良くなかったなと思います。

 - 前半と後半で試合の様子に変化がありましたが、どのように感じましたか?

奈須監督:前半を終えた時点で自分達の攻撃の部分で凄くストレスを感じていたので、そこの改善をハーフタイムにしましたが、攻撃に集中し過ぎてしまったのかなと。マイボールで攻撃をしたいが為にディフェンスの部分で緩くなってしまい、指示が足りなかったのかなと思いますが、選手は指示通りに次の事を考えてやってくれたというのは良い部分だったのかなと。ただゲームとして結果に表れなかったという事は今後しっかり洗い出したいと思います。

 - 選手としては手応えを感じたのか、逆に凄いなと感じたのか印象をお聞かせ下さい。

平川キャプテン:体の使い方がすごくうまくて参考になるなと、私達にも活かしていけるなと思いましたし、こちらがボールを持った場面では通用する部分もあったかなと思いますので、そういう部分で手応えはありました。

 

<ミックスルーム>

- 今日は敗戦ながらも1得点を挙げる事ができました。初のフットサルの公式戦印象をお聞かせ下さい。

小泉選手:まず相手が強いのもあって、テンパってしまった部分もあるのですが、所々に自分達のフットサルができる場面があったのかなと思います。

 - どんな部分ができたと思いますか? 

小泉選手:ドリブルでボールを前に運んだりとか、ボール回しの部分でつなげていたかなと。ただ前線でのキープとか相手のプレッシャーがが強かったり、やり方がうまかったりする部分もありましたが、ボール回しとかは少しできていたのかなと思います。

 - 初参戦という事で注目が集まっていたと思いますが

小泉選手:これから勝利を増やして行ければと思います。