【試合後記者会見】第1節アルコイリス神戸

2018年6月 2日 14:35

 

w_fleague2018_1st2039.jpg

 

【試合レポート】GAViC presents日本女子フットサルリーグ2018第1節流経大メニーナ龍ケ崎 vs アルコイリス神戸

 

神戸監督:開幕戦という事で勝てた事が一番大きいです。まだまだミスもあって修正点が多くあるので、次節に向けてそれを改善しながらチームで取り組んでいきたいです。

加藤キャプテン:昨年初戦は自分達のフットサルができなかった中で、今日は皆が自分のプレーに専念して一生懸命やってくれたので、それが結果となって良かったと思います。

 - 初参戦のチーム、スカウティングなどできない状況だったかと思います。率直な流経大の感想をお聞かせ下さい。

神戸監督:情報が無い中でやってみないと分からないという事でしたが、若いチームなので技術があって、走るだろうという部分を警戒していて、実際やってみて通用する部分もあったし、やっぱり技術が高くて走るチームだったのでそれを対策するのが少し大変でした。

加藤選手:前半の最初、前からいつも行くのですが、足元の上手い選手とかいた中で、そこに対して皆で声をかけてどうやってディフェンスするのか、そこの部分が後半しっかり修正できてミスも減ったかなと思います。サッカーやっている中でフィジカル的な所とかはやっている分、そこを負けないように自分達もやっていけたと思います。