【インタビュー】フットサル日本女子代表9番江川涼選手「ゴールは振り抜けって感じでした」

2018年5月11日 14:28

 

afcwfutsal2018sf0763.jpg

 

 - 5戦連発6ゴールと大活躍。エースの風格も出てきたんではないかと思います。

江川選手:自分はピヴォというポジションでもあるので、点を決める必要があり、毎試合ゴールを決めて結果を残せているのは、自分的にも良いコンディションだなと思います。

 - もう1点くらい取れそうな場面ありましたね。

江川選手:自分の中では3回くらいありましたね(苦笑)ちょっと決め切れかったですね。決勝では決定機はいっぱいあると思うので、確実に決めていきたいと思います。

 - ゴールのシーンを振り返って下さい。チームの取り組んでいる形から、ファー詰めで待っていました。GKが良く見えていたのかなと思いますが。

江川選手:自分はどこか狙ってシュートするというのは苦手なので(笑)迷いましたけれど、正直言うと振り抜け!って感じで打ったらうまくGKの股を通ってくれました(笑)

- ゴール以外の場面でも切り替えが早いですし、体を張って守っている場面も多く見られます。

江川選手:自分的には調子も上がってきていますし、切り替えのスピードも上げっているので良いコンディションになっているなと思います。

- 決勝はどうですか?

江川選手:今大会のイランを見ていてすごく強そうだなと思いますが、自分はアジアインドアに出ていてどんな感じかは体感しているので、そこはアドバンテージとしてあります。ただあまり出られなかったという事も感じているので、決勝戦ではピヴォをとして点を獲って優勝したいと思います。

panna_bn.jpg

Desporteサイドバナー.jpg

PANNAロゴ(バナー用).jpg

credit-school_bannerl.jpg

234_60banner.gif

pivo52_1.jpg