【インタビュー】フットサル日本女子代表2番加藤正美選手「自分が走ればスペースが生まれるので継続していきたいです」

2018年5月10日 10:15

 

afcwfutsal2018qf1296.jpg

 

 2014年にarco-iris KOBEに加入して以降、豊富な運動量を武器に汗かき役としてチームを支え、代表にも欠かせない存在となりつつある。バルドラール浦安プリメイロに所属する兄、加藤竜馬と比較される事を全く気にしていないという妹の正美はどのような心境でこの大会に臨んでいるのだろうか。

 

 - 準決勝進出を決めましたが、今大会ここまでいかがでしょうか

加藤選手:みんなすごく良いチームワークで叩けているので、そこは継続していきたいと思います。

 - 自分自身のパフォーマンスをどう感じていますか?

加藤選手:自分の役割は走る事で、カウンターを受けた時は素早く戻る事だったり、前に早くでる事だったり、仲間の分まで動きながらセカンドポストに走り切る事だったりを続けいくと、どこかで結果が出ると思うので、そこを継続していきたいと思います。

 - 所属チームでのプレーを見ると前への推進力があって、ボールを自分で持って行くので、ちょっといつもと違うのかなと思っていましたが、他の選手からは加藤選手の献身的な動きが非常にチームを助けていると言っていました。

加藤選手:自分が走ればスペースが空いて、そこに網城選手だったり、いろんな選手がドリブルできますし、そこでうまく使ってもらえれば良いのかなと思っています。

 - 木暮監督のフットサルはいかがですか?

加藤選手:すごく攻撃的でフットサル初めて新たにいろんな事を攻撃のイメージとして教えてもらっていて、毎日が楽しくてこういうイメージがあるんだ、こう動き出せばこうなるんだと、今までにない事をたくさん教えてもらっているのでとても楽しいです。

 - 1試合ごとに成長が分かる感じですか?

加藤選手:そうですね、みんなでこれ良いよねとかこうしたらここが空くんだとかが分かって、ビデオを見たりしている時にコミュニケーションを取って、狙い通りできた時に「これできたね」と共有しています。

 - いつもと違う足の長さだったり、違う環境での戦いの中で、余計に成長しているんではないですか?

加藤選手:本当にそこは良い経験をさせてもらっているなと思っています。

 - ここまで来たらあと2試合勝利したいですね。

加藤選手:タイ代表とは昨年アジアインドアゲームズ決勝で負けました。最後のビッグチャンスを私が外して負けてしまったので、すごく去年は悔しい想いをして、それでも今回選んでもらったので、チャンスがあればしっかり決めて、チームに貢献したいと思っています。

 - お兄さんは悔しがっているようですね。

加藤選手:はい、兄より先にアジアの大会に出てしまったので、家族でもその話はしています。今年アルコでもキャプテンをやる事になったので、兄とキャプテン対決でどっちが結果を出せるかと家族と話している所です。兄に負けないように頑張ります。

panna_bn.jpg

Desporteサイドバナー.jpg

PANNAロゴ(バナー用).jpg

credit-school_bannerl.jpg

234_60banner.gif

pivo54.jpg