【試合レポート】SuperSports XEBIO関東女子フットサルリーグby PENALTY第13節the sunkisst vs カフリンガボーイズ東久留米

2017年12月10日 16:40

 

【第13節】

the sunkisst 3-5 カフリンガボーイズ東久留米

<得点者>
02:34 4番紙谷咲名美(sunkisst)
07:03 2番新井敦子(カフリンガ)
21:46 10番戸枝美咲(カフリンガ)
22:57 4番鎌倉彩(カフリンガ)
23:07 4番紙谷咲名美(sunkisst)
30:39 14番真鍋かおり(sunkisst)
31:46 7番朝倉育(カフリンガ)
39:25 23番玉川果帆(カフリンガ)

 既に両チームともにリーグ残留を決めており、共にリーグ最終試合を迎えた。前半早々の2分、左サイドの仕掛けから左足のミドルシュートを突き刺した4番紙谷選手のゴールでsunkisstが先制。しかしカフリンガは7分にゴール前のこぼれを押し込んだカフリンガ2番新井選手のゴールで同点に追い付く。ただ全体的にはsunkisstのペースで試合が進む。1-1で折り返した後半2分、カフリンガは波状攻撃から最後は10番戸枝選手の左足ゴールで勝ち越しに成功する。更に直後の3分にもカフリンガ4番鎌倉選手のゴール前でのワンタッチゴールで特典を奪って3-1とリードを広げる。粘るsunkisstは4分に4番紙谷選手のこの日2ゴール目となる得点で1点差とする。猛攻をしかけるsunkisstは後半10分に右サイドから10番濱野選手のシュートのこぼれを14番真鍋選手が冷静に押し込み、ついに同点に追い付く。しかし直後に7番朝倉選手のゴールで再び勝ち越すと、試合終了間際にも23番玉川選手のゴールで突き放し、点の取り合いとなった試合は5-3でカフリンガが勝利。昨年入替戦に回ったカフリンガは今季下位リーグ最上位の6位でリーグを終えた。

2017kanto13th_2112.jpg

2017kanto13th_2094.jpg

2017kanto13th_2142.jpg

2017kanto13th_2424.jpg

2017kanto13th_2215.jpg

2017kanto13th_2559.jpg

2017kanto13th_2516.jpg

2017kanto13th_2367.jpg

2017kanto13th_2288.jpg