【試合レポート】第14回全日本女子フットサル選手権決勝さいたまサイコロ vs 福井丸岡ラック

2017年11月12日 21:00

 

【決勝】

さいたまサイコロ 2-4 福井丸岡ラック

<得点者>
10分 13番高尾茜利(丸岡)
16分 10番池内天紀(丸岡)
21分 13番高尾茜利(丸岡)
26分 14番初見尚美(サイコロ)
39分 2番横山夢花(丸岡)
40分 9番安奈希沙(サイコロ)

 日本リーグに参加する両チームが勝ち上がった決勝戦。サイコロは初出場、丸岡は3回目、どちらが勝利しても初優勝となる第14回全日本女子フットサル選手権決勝戦は11/12(日)14:00にキックオフされた。試合序盤、サイコロは無理してパスをつながず、GKのロングスローを多用して前線の起点を作ろうと、逆に丸岡はプレスに対してしっかりとボールをつなぎ、縦へのボールを狙う対称的な立ち上がり。またサイコロはカバーリングを意識し、1対1で仕掛ける丸岡に対応。しかし先制点は丸岡が奪う事に。前半10分、11番小林選手が前線でボールを奪い、ドリブルで仕掛けてボールがこぼれたところを13番高尾選手が左足で蹴り込み、これがゴールネットを揺らした。サイコロもこの後のGKとの1対1のピンチもGK12番吉村選手が冷静に対応。サイコロもゴール前でのチャンスを作り出すが、スコアは動けない。逆に前半16分、自陣で奪ったボールを"高尾選手から盗んだ”と話す10番池内選手が緩急をつけた動きで一気にカウンターへ持ち込むと並走した13番高尾選手からのリターンパスを10番池内選手がダイレクトで押し込み、2-0とリードを広げる。前半は2-0のままハーフタイムを迎える。

 後半に入り、すぐにスコアが動く。後半1分、ゴール前で得た間接フリーキックを13番高尾選手がゴール上に豪快に突き刺し、3-0とする。チャンスを決められないサイコロだったが、後半6分にGKスローを収めた7番秋田谷選手がダブルタッチでディフェンスを交わしてシュートを放ったこぼれ球を14番初見選手が押し込み、サイコロが1点を返す。この後は両チームトランジション局面での攻撃が中心となるが、丸岡がやや優勢か。この状況を打開する為にサイコロは残り5分を切ったところから10番堀田選手をGKにしてパワープレーを敢行。精度の高いサイコロのパワープレーで再三チャンスを作るが、逆に丸岡は18分に2番横山選手の自陣からのパワープレー返しが決まりリードを広げる。サイコロは後半20分に9番安選手のバシクルシュートが決まり4-2とするが、その後ゴールを奪う事ができず、ゲームセット。丸岡は3回目の挑戦で初の全日本女王の座を手にした。

2017all_japan_final0374.jpg

2017all_japan_final0402.jpg

2017all_japan_final0172.jpg

2017all_japan_final0007.jpg

2017all_japan_final0161.jpg

2017all_japan_final0118.jpg

2017all_japan_final0792.jpg

2017all_japan_final0594.jpg

2017all_japan_final0483.jpg

2017all_japan_final0616.jpg

2017all_japan_final0750.jpg

2017all_japan_final0305.jpg