【試合レポート】第6回日本フットサル施設連盟選手権レディース決勝arco-iris KOBE vs SWH Ladies Futsal Club

2017年4月23日 20:20

【決勝戦】

arco-iris KOBE 1-0 SWH Ladies Futsal Club

 昨年に引き続き、兵庫県そして、日本を代表する両チームの対戦となった決勝戦、意地の張り合いとなったこの試合、10分ランニングという短い時間の対戦にするにはもったいないカード。ライバル同士の対戦は試合開始から激しい攻防が続き、ボールポゼッションではややSWHLが有利に見えたが、今大会鉄壁の守備力を発揮したarco-iris KOBEが18番加藤選手のゴールで先制し、そのまま逃げ切り。arco-iris KOBEが2年連続優勝を飾った。

6th_jfnladies_0129.jpg

6th_jfnladies_260.jpg

6th_jfnladies_259.jpg

6th_jfnladies_0135.jpg

6th_jfnladies_0138.jpg

6th_jfnladies_0141.jpg

6th_jfnladies_262.jpg

6th_jfnladies_265.jpg

6th_jfnladies_261.jpg

6th_jfnladies_267.jpg