【インタビュー】日本女子フットサルリーグ参加Futsal Clube UNIAO Ladies齋藤監督インタビュー

2016年9月15日 11:51

japan_woman_league765.jpg

 - この度は日本女子フットサルリーグ参加おめでとうございます。

齋藤監督:ありがとうございます。

 

 - リーグ参加に当たっていろいろ決断が必要だっと思います。一番大変だった事は何だったでしょうか。

齋藤監督:タイミングを感じました。東海リーグ優勝を目指して今シーズンが始まった中で、日本女子リーグ参戦を目指すことで目標がぶれないか等、全員でディスカッションをしましたが、思いの外、選手達と温度差はありませんでした。大変なのはいま書類作成が大変です(笑)“日本”と名の付くリーグに参加するにはこんなに書類が必要なのかとひしひしと実感しています。

 

 - 開幕戦の相手は奇しくもフットサル指導者B級ライセンスの同期、小屋監督率いるarco-iris KOBEです。意気込みをお聞かせ下さい。

齋藤監督:誰もが認める日本を代表するチームですから、奇策とか、秘策とかはありませんが、今までやって来た事をしっかりぶつけて行きたいと思います。