【インタビュー】日本女子フットサルリーグ参加府中アスレティックFCプリメイラ森監督

2016年9月13日 12:51

japan_woman_league644.jpg

 

 - この度は日本女子フットサルリーグ参加おめでとうございます。

森監督:ありがとうございます。

 

 - 記者会見では“一番実績の無いチーム”と言われていました。しかし活動実績も長く、比較的競技レベルも高いと言われる東京都女子フットサルリーグで活動してきました。謙遜の部分もあるのではないでしょうか。

森監督:いえいえ、過去は過去ですし、今戦っているリーグは地域リーグでないとい事は事実です。ただ記者会見ではクラブとしての総合的な活動実績を評価していただいたという事を強調したかったので、その対比としたという側面もあります。

 

 - それでも今回初出場が叶った全日本女子フットサル選手権関東大会出場ですね。実績を作るチャンスです。

森監督:はい、頑張りたいと思います。

 

 - チームとして大きな決断が必要だった点、そしてそれがクリアできた点はどんな事があったでしょうか。

森監督:我々は総監督の石森(元フットサル日本女子代表コーチ)が中心となってまとまっているチームです。石森が常に日本一、そして世界を意識していましたので日本リーグ参加については自然の流れであり、大きな障害、障壁等はありませんでした。

 

 - 開幕戦は昨年の関東リーグ女王SAICOLOです。意気込みをお聞かせ下さい。

森監督:日本リーグの開幕戦なので(Jリーグ開幕戦の)マイヤーみたいな選手が出てくれる事を期待しています(笑)