ceu paletaA&S vs BORBOLETA FUTSAL

2011年11月19日 21:50

ceu paletaA&S 3-5 BORBOLETA FUTSAL

得点者:2分11番吉田選手(BORBOLETA)、6分5番高木選手(BORBOLETA)、15分13番間瀬選手(ceu)、24分11番吉田選手(BORBOLETA)、34分3番関根選手(BORBOLETA)、37分20番宇津木恵選手(ceu)、39分13番間瀬選手(ceu)、40分5番高木選手(BORBOLETA)

 

残念ながら下位リーグが確定してしまっている両チームだが、順位を争い直接のライバル。聞き伝わる情報では7位、8位は入替戦に回る可能性があり、6位以内を目指したい所。

試合開始直後に前プレをかけるceu paletaだったがやや連動制に乏しくBORBOLETAがかわすとまではいかなかったが、ゴール前で奪われるというリスクは回避。すると2分にBORBOLETA11番吉田選手が左サイドのコーナーキックでゴール前のスペースに走り込むとこれをダイレクトで合わせて先制点を奪う 。同点に追い付きたいceu paletaは積極的にボールを追い回し押し気味の展開を作るが次の点もBORBOLETAが奪う。6分左サイドのキックインからゴール前にロビングボールを入れるとゴールバーに当たり跳ね返りを5番高木選手が押し込んだ。試合展開では押しているものの失点してしまったceu paletaは前プレをやめるが、今度はBORBOLETAの熟成されてきたボール回しで攻撃を組み立てる。BORBOLETAの時間帯を凌いだceu paletaは徐々に攻勢に転ずる。すると15分ゴール中央ピヴォの位置で13番間瀬選手がボールを受けると右反転しボールを持ちだして左足で放ったシュートが逆サイドに決まった。更にceu paletaが攻めたてるが前半は1-2BORBOLETA1点リードでハーフタイムとなった。

後半、押されていたBORBOLETAが前半の流れを断ち切り3分11番吉田選手が右サイドの3番関根選手とのワンツーでゴール前に侵入しダイレクトで打った左足シュートが決まり2点差をつける。BORBOLETAはこの時間帯小気味よくパスを回しceu paletaを翻弄。寄せてくれば裏のスペースを使い、アラの絞りが甘ければ素早くピヴォにダイレクトで当てる。フィクソに位置する4番北隅選手のボールの散らしと攻撃へのチェンジオブペースはチームとして熟成されている感がある。14分にはカウンターから11番吉田選手のシュートパスを3番関根選手が頭で合わせて3点差を付けた。流れを断ち切りたいceu paletaは後半14分にタイムアウトを取ると再開後からパワープレイを開始する。今まで2番宇津木有選手や13番間瀬選手等がGKのウェアを着てパワープレイをするシーンを見た事があったがこの日GK1番江口選手がそのまま相手陣内に入っていた。1番江口選手は相手陣内で自由に動き空いたスペースを他のフィールドプレイヤーが利用するもので予測不可能な動きによりBORBOLETAはやや混乱していた。すると17分右サイドからの折り返しをゴール前で合わせようとした1番江口選手とディフェンスが交錯。ボールがファーサイドへ流れるとそこへ走り込んだ20番宇津木恵選手が決めて1点を返す。更に39分FKをクイックで始めると2番宇津木有選手からのパスに反応した13番間瀬選手が押し込んで1点差に追い付く。同点まで持っていきたいceu paletaだったが、20分にカウンターでBORBOLETAは5番高木選手が得点して万事休す。最後までもつれた試合はBORBOLETAに凱歌が上がった。

20111119409.jpg

20111119485.jpg

20111119436.jpg

20111119492.jpg

20111119431.jpg

20111119516.jpg

20111119455.jpg

panna_bn.jpg

Desporteサイドバナー.jpg

PANNAロゴ(バナー用).jpg

credit-school_bannerl.jpg

234_60banner.gif

pivo40.jpg