【試合後記者会見】第4節バルドラール浦安ラス・ボニータス

2018年9月 9日 14:30

 

w_fleague2018_4th_1487.jpg

 

【試合レポート】GAViC presents日本女子フットサルリーグ第4節流経大メニーナ龍ケ崎 vs バルドラール浦安ラス・ボニータス

 

米川監督:自分達の内容が、0-0の段階から良くなく、嫌な感じだなと思っていたら失点し、その後活動量上げる意味でもプレスを高い位置からに変えて、2セットに変えたんですが、それでも失点し、難しい試合になったと思います。セットプレーだったり、定位置攻撃だったりある程度チャンスを作っていたと思うのですが、なかなか個人で戦えないというか、戦えないならどうやってグループを作るんだという所で、うまく行かなかったゲームなのかなと思います。負けた原因は自分がやり方だったり、トレーニングで指揮を執っている限りは自分の責任だと思っているので、プレーオフを行くと意味でも厳しい敗戦なので、非常に責任を感じています。とはいえ試合は続くので切り替えてやっていければと思います。

多田キャプテン:立ち上がり良くなくて、個での戦いがそもそもできていない状況で前半で3-0にされ、それから追い付く形、相手を翻弄できなかったのは個人としても残念だなと思いました。試合はまだまだ続くので、個人がうまく行かなかった時にグループで誰が発信していくのか、練習からやっていきたいなと思います。

 - 流経大が相手だからという事で意識する事はありましたか?

米川監督:スカウティングした中で相手が普段フットサルをやっているチームよりは整っていない部分はあったので、そこを突くという話はしていました。シーズン当初は4枚でプレーしていたのですが、今日は両方のセットに分け、3-1の攻撃システムにして、最近トレーニングしていて練習では良かったのですが、試合ではあまり良くなくて、非常に残念でした。セットプレーの部分では良い場面も作れていたのですが、決めきる事ができず、なかなか結果に結びつかなかったという印象です。

 - 相手が想定がだったのか、自分達の中に原因があるのかどちらだと思いますか?

多田キャプテン:自分達にあると思います。やるべき事をやらなかったからこの結果になったのだと思います。普通に今まで練習していた事を体現できなかった事が敗因です。私が持って行く気持ち、モチベーションを高められなかった事に責任を感じています。

 - 具体的にできなかった事はどんな事ですか?

多田キャプテン:ワンツーや2枚で剥がす、個人で剥がすといい形で普通にやっていればできる相手だったのにできなかったと思っています。

panna_bn.jpg

Desporteサイドバナー.jpg

PANNAロゴ(バナー用).jpg

credit-school_bannerl.jpg

234_60banner.gif

pivo40.jpg