【試合後記者会見】第3節さいたまサイコロ

2018年7月21日 16:35

 

w_fleague2018_3rd_3103.jpg

【試合レポート】GAViC Presents日本女子フットサルリーグ第3節さいたまサイコロ vs 府中アスレティックFCプリメイラ

 

小野監督:府中さんは昨年のレギュラーシーズン負けていない、そして今シーズンも2連勝という事で非常に勝負強いチーム。その勝負強いチームにどう攻略していくかという事と、最近の我々の課題だった後半に崩れてしまうという部分をどう克服するかという事を一番に考えて練習に臨んでいました。府中さんは強力なピヴォを前線に置いて、実際にそこから失点しましたが、そこにボールを入れさせないようにしていました。ピヴォに長いボールはある程度良いにしても、短い距離から当てられると苦しくなってしまうので、まずは当てさせない、そして当たった後にウチの守備の2人目の選手が早くボールへ到達する為のポジショニングという事をトレーニングでやってきました。それに関しては府中さんのサイドからの攻撃がそれほど強くなく、逆に我々の持ち味だったのでシンプルに前方に起点を作って、最後セカンドポスト、中に折り返してゴールという方でゴールも生まれました。また何よりこの暑さの中で選手が最後まで集中して戦ってくれ、年一回のホームに多くの皆様が本当に後押ししてくれて、観客の皆様と我々サイコロと府中さん、審判員の方、メディアの方含めて皆で盛り上げてくれて、それにうまく乗れたなという試合だったと思います。

堀田キャプテン:年一回のホームゲームいう事で本当に多くの観客の方々が見に来て下さって、多くの方々の協力のおかげでこのような素晴らしい場所で試合ができる事を楽しもうという事と、自分達のできる事、自分達のフットサルを来ていただいた方に見ていただこうと全力で取り組んだ結果、勝って終われて凄く良かったと思います。

 - 前半は互角にそして後半府中の定位置攻撃が多くなってきたように感じました。後半の改善点など教えて下さい。

小野監督:狙いとしては変わる事は無かったのですが、府中さんがギアを数段上げてきました。球離れが早くなってパスアンドムーブが早くなっていったという事と我々がボールを持った時に非常にアグレッシブに守備をしに来たので、そのように見えたのかもしれませんが、我々としては引くつもりも全くなかったですし、ギアアップに戸惑った部分ではなかったかなと思います。当初マークをついていけなくなった部分が何回か見られたのでベンチに戻ってきた時に修正しました。特に斜めに走られた時のマークが離れがち、特にピヴォの他にもう一枚長い距離を走る選手に対して暑いけど頑張ろうという事で指示をしました。

 - 選手が頑張ったんですね

堀田キャプテン:私は後ろにいる事が多いので(笑)ポジショニングによってロングランの走る距離も変わりますし、準備ができていればそこは付いて行けると思いますので、そこは声をかけてロングランの選手に蹴らせない、付いて行くという事を声かけました。

panna_bn.jpg

Desporteサイドバナー.jpg

PANNAロゴ(バナー用).jpg

credit-school_bannerl.jpg

234_60banner.gif

pivo41.jpg