【試合後記者会見】第3節アルコイリス神戸

2018年7月21日 18:30

 

w_fleague2018_3rd_3475.jpg

【試合レポート】GAViC Presents日本女子フットサルリーグ第3節ユニアオレディース vs アルコイリス神戸

 

神戸監督:最初少し、私自身のミスで選手のセットの組み合わせを間違えてしまいました。そこでうまく行かない時間ができてチームをバタバタさせてしまったので、そこが監督の仕事しての反省点です。全体的な事では全員が出場できた事、個人個人の結果を出してくれた事はチームにとってとても助かりました。ただミスもあったので、修正して次につなげていきたいと思います。

加藤キャプテン:全体的に前回の試合から立ち上がりから前から行くという所と、攻撃はしっかりシュートで終わるという点でできた事でたくさん点が獲れた事は良かったと思います。それによって普段試合に出られない選手が出場できて、その選手が試合で点を決め、チームとしてもパワーが出て最後まで良い雰囲気で終われたかなと思います。ただ課題としては、もっと決める事ができる場面があったので、しっかり決めていかないとしんどい試合になった時に課題が出ると思うので、練習の中でしっかり修正して取り組んでいきたいと思います。

 - 前半と後半で様子が変わる感じでしたが、後半ワンツーやカウンターが多く出て、走り勝ったかなという印象があります。

神戸監督:セットを作るようにしていますが、その中で試合を通してのコンビネーションが高まってきて、合う部分がたくさん出てきて後半につながったのかなと思います。後半だけで言えば少し相手のプレッシャーも落ちてきていたので、そこで余裕を持って二人の関係も含めてできたのかなと思います。

 - ゴールパフォーマンスが何度か出ていました

加藤キャプテン:最近平井選手と一緒に出場する事が多く、普段も共にしている事も多いので、W杯で本田選手と岡崎選手がやっていたゴールパフォーマンスを日本リーグでやりたいと言っていて、関西リーグを経てここでやれたんですが、1回目は平井選手が忘れててW杯の時の岡崎選手のようになっていたのですが、まさにその部分もマネした形になってしまいました(笑)