【試合後記者会見】第3節府中アスレティックFCプリメイラ

2018年7月21日 16:30

 

w_fleague2018_3rd_3094.jpg

【試合レポート】GAViC Presents日本女子フットサルリーグ第3節さいたまサイコロ vs 府中アスレティックFCプリメイラ

 

松田監督:相手のホームゲームに是非勝とうという事で試合に臨みました。暑い中、アウェイにもかかわらず、多くの応援の方々が来ていただき本当に感謝しています。勝負に関しては選手がよく走ってくれましたし、頑張ってくれたのですが、相手のベテランの勝負所での駆け引きを知っていた部分が結果につながってしまったのかなと思いました。これから自分達も試合を重ねていく中で、経験を積んで同じような能力をつけていけるようにしていきたいと思います。日本リーグではプレーオフを除いたレギュラーシーズンで負けた事が無勝ったのですが、まだ1敗しかしていないチームというのも無いと思うので、しっかりとこだわってやっていきたいと思います。

縄田キャプテン:開幕から2連勝しており、この試合も勝って連勝を伸ばしたいと思っていましたが、相手はホームという事もあり、出だしが良く、先に点を取られてゲームメークがうまく行かない部分があったかなと思いますが、前半の内に同点に追い付けたのは自分達の力であったかなと思います。自分達が後半になって練習していたパワープレーで得点できなかったのは良かったと思いますが、この敗戦を受け止めて、次の試合に向けて頑張りたいと思います。

 - 前半お互いにプレスを掛け合って落ち着かない展開だったように感じましたが、後半は落ち着いて定位置攻撃等は府中の方が上回っていた感があります。

松田監督:前半に関してはパスをつないでも良かったのですが、後半が勝負だという話をしていたので、後半に良い入りをする為に前半を使おうと考えていました。後半はもっと自分達が動いて形を作ってつないで行こうと伝え、前半変な失敗をしないで前でボールを収められれば良いなと思っていました。後半に関してはピヴォを使ったり、いないサイドを使ったりを相手のフィクソを見ながら判断して行こうと伝えました。

panna_bn.jpg

Desporteサイドバナー.jpg

PANNAロゴ(バナー用).jpg

credit-school_bannerl.jpg

234_60banner.gif

pivo41.jpg