【試合レポート】第12回関東女子フットサルリーグpowered by PENALTY第4節DREAM futsalpark/PORCO vs FOREST ANNEX

2021年7月17日 16:45

 

【第4節】

DREAM futsalpark/PORCO(群馬県) 5-2 FOREST ANNEX(東京都)

<得点者>
05:26 28番齋藤真帆(PORCO)
05:43 オウンゴール(PORCO)
22:51 オウンゴール(ANNEX)
27:24 13番松波香穂(PORCO)
27:32 7番東山真依子(ANNEX)
29:07 13番松波香穂(POROCO)

 今季未勝利同士の対戦。今季のレギュレーションを考えると是非とも勝ち点3を手にしたい所。原則自陣から出ないで引いて守るANNEXに対してPORCOはボールポゼッションを高め、1stセットを4-0、2ndセットを3-1で組んで攻撃を組み立てる。すると6分、右サイドのコーナーキックを得たPORCOは戻したボールに28番齋藤選手がシュート。ファーサイドの上の絶妙なコースに決まりPOROCOが先制点を奪う。更にPOROCOは再開開始直後にボールを奪うと右サイドから21番茂木選手の強烈なシュート。これがポストを叩くき、跳ね返ったボールが戻ったディフェンスの体に当たりゴールへと吸い込まれオウンゴールに。この2点で試合の流れを掴んだPORCOは守備は前から積極的にプレスをかけ、攻撃でも定位置攻撃、セットプレーと多彩な攻撃を見せる。第1ピリオドはシュート数こそさほど変わらないものの、POROCO優勢の流れだった。

 第2ピリオド序盤に意外な展開でゴールが生まれる。23分左サイドでボールを受けたANNEX7番東山選手がゴール前にループ気味のパスを供給する。この対応を迷ったか、ディフェンスのトラップしたボールがゴールへと転がり、オウンゴールでANNEXが1点を返す。それでも試合の流れを渡さないPOROCOは28分、自陣からのカウンターで最後は13番松波選手が押し込み3-1と再び2点リードとする。しかし直後のキックオフからのサインプレーで7番東山選手がバックヘッドでゴールを奪い、追いすがるANNEX。しかし最後はPORCOがダメ押し。パス回しで相手を崩し、13番松波選手が冷静で左足シュートを決めて5-2。PORCOはこの勝利で今季初勝利。待望の勝ち点3を手に入れた。一方ANNEXは得点は奪えているものの、苦しい開幕3連敗となってしまった。

2021kanto4th_2029.jpg

2021kanto4th_2024.jpg

2021kanto4th_2132.jpg

2021kanto4th_2204.jpg

2021kanto4th_2082.jpg

2021kanto4th_2234.jpg

2021kanto4th_2042.jpg

2021kanto4th_2256.jpg

2021kanto4th_2157.jpg

2021kanto4th_2189.jpg

2021kanto4th_2066.jpg

2021kanto4th_2479.jpg

2021kanto4th_2056.jpg

 

▽PANNA勝手にMVP

代役ピヴォを担い、2得点のPORCO13番松波香穂選手!

2021kanto4th_2215.jpg

 

panna_bn.jpg

Desporteサイドバナー.jpg

PANNAロゴ(バナー用).jpg

credit-school_bannerl.jpg

234_60banner.gif