【情報】フットサル日本女子代表候補 トレーニングキャンプ (10.9-11@千葉/高円宮記念JFA夢フィールド) メンバー

2020年10月10日 15:55

 

監督:木暮 賢一郎 コグレ ケンイチロウ(公益財団法人日本サッカー協会 ナショナルコーチングスタッフ)
afcwfutsal2018final1240.jpg


GKコーチ:内山 慶太郎 ウチヤマ ケイタロウ(公益財団法人日本サッカー協会 ナショナルコーチングスタッフ)
afcwfutsal2018qf0157.jpg


フィジカルコーチ:下地 達朗 シモジ タツアキ(公益財団法人日本サッカー協会 ナショナルコーチングスタッフ)
afcwfutsal2018qf0153.jpg

 

GK

井上 ねね イノウエ ネネ(府中アスレティックFCレディース)

サッカーで年代別代表にも選ばれ、フットサル転向1年目で代表選出された逸材。キック力とキックの正確性は他のGKにない大きな武器。
2020selesao_1545.jpg

 

山本 彩加 ヤマモト アヤカ(SWH Ladies 西宮 Futsal Club)

日本のゴールを守り続ける安定感のあるベテランGK。長い手足と小さいモーションでのスローは攻撃の起点にもなる。
2020selesao_1549.jpg

 

須藤 優理亜 ストウ ユリア(フウガドールすみだレディース)

経験を積みつつあるユースオリンピックの銀メダリストが初の選出。昨季加入のすみだでも出場機会を増やしており、一気にA代表入りを果たした。
2020selesao_1550.jpg

 

FP
筏井 りさ イカダイ リサ(さいたまSAICOLO)

満を持しての選出のピヴォ。プレーのバリエーションが多く、世界で戦う姿を見てみたい選手のひとり。
2020selesao_1540.jpg

 

網城 安奈 アミシロ アンナ(SWH Ladies 西宮 Futsal Club)

ゴール前の脅威だけでなく、ゲームメイクの能力も備えるマルチプレーヤー。日本のキープレーヤーの一人。
2020selesao_1537.jpg

 

平井 成美 ヒライ ナルミ(バルドラール浦安ラス・ボニータス)

昨年のスペイン遠征選出に続いての選出は期待の表れ。華奢に見えるが、体幹の強さと柔軟性でピヴォを務める。様々な選手との相性も試されるはず。
2020selesao_1547.jpg

 

勝俣 里穂 カツマタ リホ(フウガドールすみだレディース)

2018年のAFC以来の選出。視野の広さと両足から繰り出す正確なパスが特徴。競争の激しいアラのポジションで自身の特徴を活かしたい。
2020selesao_1552.jpg

 

吉林 千景 キチバヤシ チカゲ(府中アスレティックFCレディース)

10代で初の代表選出から2度の大怪我を経てプレースタイルも変化。それでも尚、代表に選出され続ける経験豊富なプレーヤー。
2020selesao_1542.jpg

 

藤田 実桜 フジタ ミオ(府中アスレティックFCレディース)

スペインでのプレー経験を得て更に成長を続ける日本の頼れるキャプテン。クレバーなプレーは安定した能力を発揮する。
2020selesao_1543.jpg

 

宮原 ゆかり ミヤハラ ユカリ(バルドラール浦安ラス・ボニータス)

決して器用なタイプではないものの、的確な状況判断から思い切りの良いプレーができる今回唯一選出された貴重なレフティー。
2020selesao_1546.jpg

 

窪田 美月 クボタ ミツキ(SWH Ladies 西宮 Futsal Club)

昨年の地域CLで大活躍したシンデレラプレーヤーが選出。日本選抜にも選出歴があるが、初選出のチャンスを得て定着できるか。
2020selesao_1541.jpg

 

伊藤 果穂 イトウ カホ(バルドラール浦安ラス・ボニータス)

3度目の選出となり、代表常連となった。浦安でもキャプテンマークを巻いており、キャプテンシーにも期待がかかる。
2020selesao_1548.jpg

 

江口 未珂 エグチ ミカ(SWH Ladies 西宮 Futsal Club)

前回AFCでは悔しい想いをした規格外のプレーヤー。日本のエースと呼ばれるような代表での活躍を期待したい。
2020selesao_1551.jpg

 

中井 仁美 ナカイ ヒトミ(バルドラール浦安ラス・ボニータス

派手さはないもののプレーの安定感を見れば、昨年に引き続いての選出も納得。マルチな才能があるだけに、更に要求したくなる選手。
2020selesao_1544.jpg

 

江川 涼 エガワ リョウ(SWH Ladies 西宮 Futsal Club

物怖じしない性格は国際大会向き。いまや代表でも主力として活躍しムードメーカーでもある。代表では様々なポジションが試されるはず。
2020selesao_1539.jpg

 

北川 夏奈 キタガワ カナ(福井丸岡RUCK)

10代から選出の期待の大型ピヴォ。代表でも中堅にさしかかり、国際舞台での飛躍を見てみたい逸材。
2020selesao_1535.jpg

 

高尾 茜利 タカオ アカリ(福井丸岡RUCK)

競争激しいアラで存在感を示すスピードスター。高い得点能力を備えており、両足から放たれるシュートは強烈。
2020selesao_1536.jpg

 

追野 沙羅 オイノ サラ(SWH Ladies 西宮 Futsal Club)

今季SWHへ移籍し得点を重ねるユースオリンピック銀メダリストが初のA代表選出。規格外のプレーで一気に代表定着を狙いたい。
2020selesao_1538.jpg

 

玉川 華帆 タマガワ カホ(フウガドールすみだレディース)

前所属のカフリンガでは中学生よりプレーし今季からすみだへ移籍したJK。全国では無名だが関東リーグを知る人にとっては、嬉しいフットサル出身選手の選出。
2020selesao_1534.jpg

 

panna_bn.jpg

Desporteサイドバナー.jpg

PANNAロゴ(バナー用).jpg

credit-school_bannerl.jpg

234_60banner.gif