【試合レポート】第11回関東女子フットサルリーグ2020powered by PENALTY第1節TapaZida vs BALLENA BLANCA城北レディース

2020年9月 6日 11:00

 

【第1節】

TapaZida 1-0 BALLENA BLANCA城北レディース

<得点者>
37分 18番桑田知沙(TapaZida)

 新規参入の城北の対戦相手は昨年5位のTapaZida。試合は立ち上がり互角の展開。徐々に城北のシュートシーンが多くなるものの、それを凌ぐTapaZida。そしてTapaZidaもセットプレーからチャンスを作り、一進一退の展開。後半に入ると守備ラインを少し上げてきた城北をTapaZidaが少しずつ押し込む展開。シュートシーンは多かったものの、なかなかゴールを奪えないTapaZidaだったが、決勝点が生まれたのは試合残り3分。左サイドのチョンドンからゴール前でボールを受けたTapaZida18番桑田選手が左足でゴールにねじ込み、待望のゴールを奪う。残り時間を確実に守り切ったTapaZidaがそのままスコアを凍らせてタイムアップ。TapaZidaが開幕戦で勝ち点3を手にした。

2020kanto_1st1145.jpg

2020kanto_1st1285.jpg

2020kanto_1st1335.jpg

2020kanto_1st1307.jpg

2020kanto_1st1168.jpg

2020kanto_1st1206.jpg

2020kanto_1st1474.jpg

(写真提供:TapaZida)

 

 

panna_bn.jpg

Desporteサイドバナー.jpg

PANNAロゴ(バナー用).jpg

credit-school_bannerl.jpg

234_60banner.gif