【試合レポート】たけやま3.5 Presents 日本女子フットサルリーグ2019/2020 supported by GAViC 第7節流経大メニーナ龍ケ崎 vs ユニアオレディース

2019年12月21日 11:00

 

【第7節】

流経大メニーナ龍ケ崎 7-3 ユニアオレディース

<得点者>
01:37 4番小泉綾乃(流経大)
03:47 4番小泉綾乃(流経大)
11:54 23番小川彩乃(流経大)
13:10 4番小泉綾乃(流経大)
18:07 5番小林海咲(ユニアオ)
20:32 11番藤根有彩(流経大)
30:26 11番五藤沙奈(ユニアオ)
36:42 14番島津安里(流経大)
39:16 5番小林海咲(ユニアオ)

 共にプレーオフの可能性はなく、日本リーグ最終戦となる両チームの戦いは、キックオフから流経大が攻勢に出る。前半2分、GKからパスを受けた7番金塚選手が左サイドをドリブルでスルスルと抜け出してシュート。GKが足でセーブして高く跳ね返ったボールに4番小泉選手がアウトサイドで押し込み流経大が先制。更に流経大は4分にも左サイドのコーナーキックから門の間を抜けてきたパスに4番小泉選手がダイレクトで合わせて2-0とリードを広げる。12分にも自陣からカウンターで抜け出た13番が時間を作り、走り込んだ23番小川選手にラストパス。これをダイレクトで押し込み更にリードを広げる。続く14分にも相手のパスミスを奪った4番小泉選手が左足を豪快に振り抜くと、これがネットを揺らし、前半だけでハットトリックの活躍。ユニアオは19分に相手ゴール前でボールを奪い、そのままゴールを決めて1点を返すが、前半は4-1と流経大リードで折り返した。後半開始僅か32秒でまたもやスコアが動く。相手ゴール前でボールをキープし、11番藤根選手がゴールを奪い、更に得点を加える。完全にペースを掴んだ流経大は後半ユニアオに2点返されたものの、7-3で試合をフリーズさせ試合終了。流経大は開幕戦以来の勝利を挙げ、勝点6として2年目のシーズンを終えた。一方ユニアオは今季は勝ち星、勝点共に奪えず最下位となった。

2019wfleague_7th0040.jpg

2019wfleague_7th0041.jpg

2019wfleague_7th0030.jpg

2019wfleague_7th0013.jpg

2019wfleague_7th0012.jpg

2019wfleague_7th0023.jpg

2019wfleague_7th0037.jpg

2019wfleague_7th0007.jpg

2019wfleague_7th0004.jpg

2019wfleague_7th0015.jpg

2019wfleague_7th0038.jpg

(写真:Komiya Saki)

 

panna_bn.jpg

Desporteサイドバナー.jpg

PANNAロゴ(バナー用).jpg

credit-school_bannerl.jpg

234_60banner.gif

pivo54.jpg