【試合レポート】SuperSports XEBIO関東女子フットサルリーグ2019 by PENALTY第1節VEEX TOKYO Ladies vs バルドラール浦安ラス・ボニータス

2019年6月29日 12:50

 

【第1節】

VEEX TOKYO Ladies 1-6 バルドラール浦安ラス・ボニータス

<得点者>
05:25 8番宮原ゆかり(浦安)
12:54 13番一井千佳(浦安)
19:49 15番伊藤果穂(浦安)
23:01 18番平井成美(浦安)
36:11 4番四井沙樹(浦安)
36:18 9番杉山華乃(VEEX)
39:11 8番濱野瑞己(浦安)

 関東リーグ開幕節第2戦はVEEX vs 浦安の関東クラシコ。今季入退団のニュースが多かった両チーム。VEEXはベンチ入り9人、そしてオスカー監督不在という状況。両チーム共に前からプレスをかけ、前線のピヴォの収まり具合という点では浦安がやや優勢に見えた前半6分、右サイドのコーナーキックからの戻しのパスを8番宮原選手が右足ダイレクトで合わせて浦安が先制する。優勢に試合を進める浦安は前半13分、相手陣内でボールを奪った8番宮原選手がゴール前の13番一井選手へパス。冷静なトラップからゴールへと流し込み2-0とリードを広げる。更に前半残り11秒、浦安15番伊藤果選手が中央から左に持ち出し、豪快な左足ミドルを叩き込み、3-0と浦安3点リード。VEEXは前半シュート数0と、浦安優勢でハーフタイムを迎えた。

 3点をリードされたVEEXは後半開始からGKを8番須佐美選手にしてパワープレーを開始。浦安が前からプレスをかける為、パワープレーをできる時間は限られる。逆に後半4分、ピヴォの位置に入った16番の落としを18番平井選手が左足で振り抜きゴールネットを揺らす。VEEXはしばらくパワープレーは続けたものの、5分を過ぎた所で一度止め、GKも森選手から21番愛沢選手へ交代して通常の攻撃に戻す。浦安のボールポゼッションが高いが、VEEXも追加点を許さず、時折カウンターから一気に前進するが、VEEXもスコアを動かす事ができにない。試合終盤5分をきった辺りから再び8番須佐美選手をGKにしてVEEXがパワープレーを開始。惜しいチャンスを創るが、これを決めきる事ができない。すると後半17分、相手のパスミスを奪った4番四井選手がゴールを奪い5-0とする。VEEXも直後に9番杉山選手のゴールで1点を返すが、逆に試合終了残り49秒、9番濱野選手のゴールで再び5点差としてタイムアップ。浦安が完勝で開幕戦を制した。

2019kanto1st0030.jpg

2019kanto1st0031.jpg

2019kanto1st0036.jpg

2019kanto1st0042.jpg

2019kanto1st0032.jpg

2019kanto1st0039.jpg

2019kanto1st0041.jpg

2019kanto1st0044.jpg

2019kanto1st0033.jpg

(写真:Yasuko Kaneko)

panna_bn.jpg

Desporteサイドバナー.jpg

PANNAロゴ(バナー用).jpg

credit-school_bannerl.jpg

234_60banner.gif

pivo52_1.jpg