【試合レポート】東京都女子フットサルリーグ1部第1節TOCAR jugadoras新宿 vs La puerta junto ladies

2019年4月 7日 10:50

 

【第1節】

TOCAR jugadoras新宿 3-1 La puerta junto ladies

 

 昨年2位で初めて参入戦へとコマを進めたTOCARは昨年の前半戦の台風の目となったLa puerta。La puertaはこの試合GKが不在で9番稲田選手が務め、フィールドプレーヤーも苦しい布陣。試合は昨年途中から取り入れた4-0の攻撃システムでボールポゼッションを高めるTOCARがシュートを増やし、着実に加点。La puertaは前半なかなか攻撃の形が作れなかったが、後半9番稲田選手がフィールドプレーヤーで登場すると攻撃も活性化。自ら1得点を奪うが、TOCARは集中した守備を見せ、3-1でTOCARが勝利し、幸先良く勝ち点3を獲得した。

2019tokyo1_1_0002.jpg

2019tokyo1_1_0001.jpg

2019tokyo1_1_0004.jpg

2019tokyo1_1_0013.jpg

2019tokyo1_1_0012.jpg

2019tokyo1_1_0019.jpg

2019tokyo1_1_0024.jpg

(写真:Komiya Saki)

panna_bn.jpg

Desporteサイドバナー.jpg

PANNAロゴ(バナー用).jpg

credit-school_bannerl.jpg

234_60banner.gif

pivo44.jpg