【試合レポート】第6回FUTSAL地域女子チャンピオンズリーグ決勝福井丸岡RUCK vs VEEX TOKYO Ladies

2019年3月 3日 13:30

 

【決勝】

福井丸岡RUCK 7-1 VEEX TOKYO Ladies

<得点者>
00:32 14番前田美羽(丸岡)
04:41 19番山川里佳子(丸岡)
16:06 17番荒井一花(丸岡)
17:26 10番池内天紀(丸岡)
20:41 10番池内天紀(丸岡)
27:55 9番北川夏奈(丸岡)
35:31 13番高尾茜利(丸岡)
37:11 13番宮崎華奈(VEEX)

 公式戦で初めて神戸を降し、2度目の優勝を狙う丸岡と初の決勝進出のVEEX。試合はいきなりスコアが動く。開始32秒、左サイドのコーナーキックを得た丸岡は戻しのパスから14番前田選手がダイレクトで得意の左足を振り抜くとがニア低くに突き刺さり幸先良く丸岡が先制する。この得点でリズムを掴んだ丸岡がゲームを支配する。前半5分にも右サイドでボールを受けた19番山川選手が得意の反転から右足シュートがファーサイドネットを揺らし2-0とする。やや低めに守備ラインを引いていたVEEX相手に得意のカウンターには持ち込めないものの、ボールポゼッションを高めてじっくりと攻撃を組み立てる。VEEXもピヴォへボールを入れるが、準決勝同様ピヴォに厳しく寄せる事で攻撃の起点を作らせないように徹底していた。しばらくスコアが動かない前半だったが、前半17分、相手の連係ミスを突いてボールを奪った丸岡9番北川選手の放ったシュートがポストを叩いた跳ね返りを17番荒井選手が押し込み3-0に。更に丸岡は18分にも自陣からの得意の高速カウンターが発動。最後は10番池内選手がファーサイドで合わせて4-0とリードして前半を折り返す。

 4点のビハインドを背負ったVEEXは後半開始から5番伊藤選手をGKにしてパワープレーを開始。丸岡は定石通りにブロックを作る守備を作らず、取り所を決めて積極的にボールを奪いに行く。すると後半開始41秒、パワープレー返しで10番池内選手のゴールで5-0とリードを広げる。VEEXはライン間を使いながらプレスを回避し、両サイドのコーナー付近からの折り返しをゴール前に入れる事でチャンスを作るが、惜しいチャンスを逃し、得点を奪う事ができない。VEEXは通常攻撃とパワープレーをセット毎で攻撃を展開。しかし後半8分にも9番北川選手のパワープレー返しで6-0。更に36分にも右サイドから中央へカットインして13番高尾選手がゴールを決め7-0とする。VEEXは後半17分、パワープレーから13番宮崎選手のゴールで1点を返すが、反撃もここまで。丸岡が7-1と完勝し、3年ぶり2度目の地域女子CL優勝を決めた。

6th_cl_final0123.jpg

6th_cl_final0096.jpg

6th_cl_final0316.jpg

6th_cl_final1432.jpg

6th_cl_final0549.jpg

6th_cl_final0630.jpg

6th_cl_final0437.jpg

6th_cl_final0786.jpg

6th_cl_final0334.jpg

6th_cl_final0711.jpg

6th_cl_final0948.jpg

panna_bn.jpg

Desporteサイドバナー.jpg

PANNAロゴ(バナー用).jpg

credit-school_bannerl.jpg

234_60banner.gif

pivo45.jpg