【試合レポート】関西女子フットサルチャレンジリーグ2018 1回戦神戸常盤女子高等学校 vs 同志社フットサルクラブ女子

2019年2月10日 10:30

 

【1回戦】

神戸常盤女子高等学校 7-1 同志社フットサルクラブ女子

<得点者>
05:53 11番中本心希(神戸常盤)
06:29 15番岡坂陽菜(神戸常盤)
08:02 9番西岡夏葵(神戸常盤)
10:39 5番波多野祭(神戸常盤)
12:32 11番中本心希(神戸常盤)
19:17 14番古波蔵瑠夏(神戸常盤)
25:29 15番岡坂陽菜(神戸常盤)
28:25 10番三浦有理紗(同志社)

 試合序盤から試合を優勢に進めたのは神戸常盤。前半6分に11番中本選手のゴールで先制すると前半だけで5-0と一気に点差を突き放す。同志社はなかなか前進できず、守備に回る時間が多い前半だった。後半に入り、少し神戸常盤の攻撃に慣れてきた同志社だったが、それでも神戸常盤は後半2点を追加。同志社も試合終了間際に孤軍奮闘の10番三浦選手のゴールで1点を返すが、このままタイムアップ。神戸常盤が完勝で2回戦進出を果たした。

2019kansai_challenge0020.jpg

2019kansai_challenge0036.jpg

2019kansai_challenge0318.jpg

2019kansai_challenge0069.jpg

2019kansai_challenge0280.jpg

2019kansai_challenge0172.jpg

2019kansai_challenge0136.jpg

panna_bn.jpg

Desporteサイドバナー.jpg

PANNAロゴ(バナー用).jpg

credit-school_bannerl.jpg

234_60banner.gif