【試合後記者会見】第7節流経大メニーナ龍ケ崎

2018年12月 1日 16:40

 

2018w_fleague7th0994.jpg

 

奈須監督:今日のゲームが最終節という事でチームとして1年間フットサルをプレーする中で集大成になる試合であり、良い締めくくりができるようにと臨んだ試合でしたが、結果として残念ではありましたが、シーズン通して一番流経大メニーナらしく戦えた試合ではなかったかなと感じている部分と、来年度しっかり課題として捉える事ができた試合でもありました。一年間自分達の取り組みが間違っていなかったという部分は選手の成長を踏まえて自分が感じる事ができたので、次につながる良いゲームになったのではないかと思います。ただ結果は残せなかったので、次は結果の残せるシーズンにできるよう頑張りたいと思います。

田谷主将:今シーズンラストのフットサルの試合という事で全員でしっかり勝とうと臨んだ試合だったですが、結果としては負けてしまいました。ただ攻める所は攻めらる事ができましたし、それは成長かなと感じています。しかし課題がまだまだいっぱいフィールドもGKもあるので、そこは来年につなげられるように全員でやっていきたいと思います。

 - 今日の試合で流経大メニーナとしての公式戦は終わりました。来季に向けての予定やスケジュールなど教えて下さい。

奈須監督:今シーズン公式戦という事では今日が最後という事になってしまいますが、次年度茨城県女子フットサルリーグに参戦する事も予定しています。その中でトレーニングもしっかりと積み上げていかないと今シーズンと同じような結果になってしまうので、この先もサッカーのトレーニングだけに留まらず、フットサルの方もしっかりトレーニングしていきたいと思います。

 - サッカーとフットサルの違いについてどのように感じていますか?

奈須監督:今日の失点の部分ではサッカーではある程度二人で声をかけ合えば処理できる部分で、フットサルの場合だとそれが露骨に失点に絡んでいくという場面がありました。サッカーのゲームの中でも同じような場面が起こっているので、そういう部分で選手達が気付けているとい事はサッカーフットサルの違いを捉えられているのだと思うので、今後に活かしていけるのではないかと思います。またサッカーでもピッチの中で個人技を発揮していて、今日も戦術云々というよりもこの部分でしっかり戦えているので、サッカーとフットサルの良い所を選手の成長につなげられるというのは、いろいろ試した中で可能性を感じた部分でもありましたので、引き続きやっていきたいと思います。

田谷主将:コートもボールも全然違う中で皆それぞれ慣れない部分が大きく、グランドが土や芝であるのと、硬いフロアでは疲れ方も違いますし、サッカーではマークの受け渡しできる所をフットサルではマンツーマンで付いていかなくてはいけないとかもあります。ただ1対1ではサッカーも厳しくいかなくてはいけないですし、フットサルをやる事でサッカーに通じる部分はあり、フットサルに参加した選手全員それを感じてサッカーに活かしていると思うので、フットサルをやってプラスになる事はあったと思っています。

 

panna_bn.jpg

Desporteサイドバナー.jpg

PANNAロゴ(バナー用).jpg

credit-school_bannerl.jpg

234_60banner.gif

Pivo43.jpg