【試合後記者会見】第7節アルコイリス神戸

2018年12月 2日 12:50

 

2018w_fleague7th_20503.jpg

 

神戸監督:まず1位になりたくて、それをテーマに試合に入りました。良いディフェンスから良い流れになって、得点につながったので、それがこういう結果になったのかなと思います。

加藤主将:監督が言った通り、1位になってプレーオフにつなげられるという事が目的だったので、それができたのは良かったと思っています。

 - かなり優勢に試合を進められたのかなと思います。要因は何だと感じていますか?

神戸監督:先程もあった通り、良いディフェンスが前からできて、そこでブロックをしっかり作れていたので、良い形で運ばれる事があまり無く、抜かれそうな所では体を当てて良い状態でプレーさせていなかったので、そういう点でディフェンスで良い流れができていたかなと思います。

 - 日本リーグでしか体験できない事はどのような事だと感じていますか?

加藤主将:普段関西リーグで戦う相手よりは、他の地方や関東のチームと試合ができたり、いつもとは違う相手を戦えるという事と、遠征に来て、例えば福井だと違う多くの方が見に来てくれて、そういう中で選手がプレーするのは責任等も出てくると思いますので、すごく良い経験になります。戦術面で行くとセットプレー等は関東などのチームが優れていると感じますので私達もトレーニングして経験を積むとか、ボールの回す戦術的な部分もやっているので、私達も勉強になるのと、チームにもプラスになっているかなと思います。

panna_bn.jpg

Desporteサイドバナー.jpg

PANNAロゴ(バナー用).jpg

credit-school_bannerl.jpg

234_60banner.gif

pivo54.jpg