【試合レポート】第15回全日本女子フットサル選手権準決勝SWHレディースフットサルクラブ vs 福井丸岡ラック

2018年11月 4日 10:05

 

【準決勝】

SWHレディースフットサルクラブ 1-0 福井丸岡ラック

<得点者>
6分 14番坂田睦(SWH)

 2015年第12回大会決勝から3年ぶりの対戦となるこのカード、両チームともにアグレッシブなディフェンスを仕掛け、この試合への意欲を感じさせる立ち上がり。互角の立ち上がりに見えたが、先制点は前半6分に生まれる。SWH14番坂田選手が中央突破から右に持ち出し、体を倒しながら降りぬいた強烈な右足シュートがゴールネットを揺らし、SWHが1-0とリードする。大声援を受けて反撃に出る丸岡が怒涛の攻撃を見せるが、ここに立ちはだかったのはGK21番山本選手を中心としたSWHの鉄壁の守備陣。特に代表正GKでもある山本選手の反応の鋭さもさる事ながら、キャッチング能力も高く、通常であればコーナーキックになるようなシュートもキャッチし、逆にカウンターの起点としてしまう。SWHの攻撃も丸岡の厳しいプレスに対しても臆せずボールをつなぎポゼッションを高める。時間は刻一刻と進み試合終了間際のディフェンスに辺りコースの変わった難しいシュートもGK21番山本選手が掻き出しゴールを割らせない。1-0のままスコアは動かずタイムアップ。SHWが勝利し2年ぶりとなる兵庫県勢同士の決勝戦へコマを進めた。

2018all_japan_semifinal20214.jpg

2018all_japan_semifinal20190.jpg

2018all_japan_semifinal20282.jpg

2018all_japan_semifinal20064.jpg

2018all_japan_semifinal20447.jpg

2018all_japan_semifinal20428.jpg

2018all_japan_semifinal20338.jpg

2018all_japan_semifinal20563.jpg

2018all_japan_semifinal20375.jpg

panna_bn.jpg

Desporteサイドバナー.jpg

PANNAロゴ(バナー用).jpg

credit-school_bannerl.jpg

234_60banner.gif

pivo42.jpg