【試合レポート】GAViC presents日本女子フットサルリーグ第5節アルコイリス神戸 vs 福井丸岡RUCK

2018年9月16日 13:00

 

【第5節】

アルコイリス神戸 vs 福井丸岡RUCK

<得点者>
03:14 10番江口未珂(神戸)
03:46 2番横山夢花(丸岡)
08:20 7番平井佑果(神戸)
09:36 10番池内天紀(丸岡)
28:13 10番江口未珂(神戸)
37:45 13番高尾茜利(丸岡)

 地元ホームに2,327人の観衆を集めたグリーンアリーナ神戸。そして日本代表多く擁し、日本を代表する神戸と丸岡の対戦。立ち上がり、最近引き気味の守備ラインを敷く丸岡に対して神戸の攻撃を受け止める。しかし前半4分中央で神戸18番が奪ったボールを右サイドを走る19番若林選手へパス。折り返しのパスを10番江口選手が合わせて神戸が先制点を奪う。しかし丸岡もすぐに反撃。同じく前半4分、右サイドのキックインから2番横山夢選手がチョンドンシュートをニア上に突き刺し同点に追い付く。その後引き気味にラインを敷く丸岡相手にボールポゼッションを高める。ローテーションを使ってピヴォにボールを収めるが、ピヴォへの厳しい寄せで、2枚目、3枚目の選手がうまく攻撃に絡めず、決定機まで持ち込めない。スペースの無い時にはセットプレー、前半9分左コーナーキックからのサインプレーから7番平井選手が得意の左足でゴールを奪い神戸が勝ち越しに成功。しかしまたもや丸岡は10分、10番池内選手が自陣からのカウンターで中央をドリブル突破。最後のディフェンスを左足アウトサイドでかわしてゴールネットを揺らし再び同点に追い付く。取っては追い付き、そして追い付く見応えのある展開に観客席からは大きな歓声やどよめきが発せられる、今までの女子フットサルでは見られない雰囲気だった。

 後半に入ってもボールキープ率は神戸が優勢。試合を優位に進める神戸は徐々にチャンスを増やしていく。すると後半9分、何度も丸岡ゴールに迫った後に奪った右コーナーキックから10番江口選手がゴールを奪い、三度神戸がリードを奪う。その後も押し気味に試合を進める神戸は追加点を奪い、丸岡を突き放したいところだが、ここを代表歴もあるGK22番山本選手が反応の良いセーブを見せ、観衆からため息が出る。そして攻守の激しい切り替えから一気にゴールに迫る展開に観客からため息や拍手が入り混じる。このまま地元で勝利を飾りたい神戸だったが、後半18分丸岡がカウンターからの波状攻撃がポストを叩いた跳ね返りに走り込んだ13番高尾選手が左足で豪快に叩き込み、懇親のガッツポーズ。丸岡は土壇場で3-3の同点に追い付く。試合はこのままタイスコアのままタイムアップ。試合終了のホイッスルと共に観客席から万雷の拍手。長い女子フットサルの歴史の中でも試合展開としても、観客席の反応としても、間違いなくベストバウト。そんな女子フットサルの魅力満載のゲームは入場料以上の「見に来て良かった」と思わせる試合だった。

w_fleague2018_5th2_0175.jpg

w_fleague2018_5th2_0151.jpg

w_fleague2018_5th2_0315.jpg

w_fleague2018_5th2_0258.jpg

w_fleague2018_5th2_1810.jpg

w_fleague2018_5th2_1825.jpg

w_fleague2018_5th2_0415.jpg

w_fleague2018_5th2_1877.jpg

w_fleague2018_5th2_0399.jpg

w_fleague2018_5th2_1976.jpg

w_fleague2018_5th2_0355.jpg

w_fleague2018_5th2_2073.jpg

panna_bn.jpg

Desporteサイドバナー.jpg

PANNAロゴ(バナー用).jpg

credit-school_bannerl.jpg

234_60banner.gif

pivo41.jpg