【試合レポート】SuperSports XEBIO関東女子フットサルリーグpowered by PENALTY第3節FOREST ANNEX vs バルドラール浦安ラス・ボニータス

2018年7月 8日 14:40

 

【第3節】

FOREST ANNEX 3-3 バルドラール浦安ラス・ボニータス

<得点者>
00:40 11番石井佐代子(浦安)
05:46 13番辻恵実(ANNEX)
19:03 1番芹澤育代(ANNEX)
25:15 10番宮原ゆかり(ANNEX)
33:58 10番多田千優(浦安)
39:59 11番石井佐代子(浦安)

 前節勝利で幸先良いスタートを切っているANNEXと2分スタートと勝ち星が欲しい浦安。試合開始40秒で浦安がゴールを奪う。右サイドを突破した15番伊藤選手のゴール前へのシュートパスがゴール前にこぼれた所へ11番石井選手が思い切りけり込むとゴールネットを揺らす。しかしANNEXも前半6分、13番辻選手が右サイドでのキックフェイントでの切り返しから冷静にコースを狙うシュートが決まり1-1と同点に追い付く。お互いに守備ラインの上げ下げをしながらの攻防。ANNEXは縦パスを有効に使い、浦安は細かくパスをつなぐという対照的な戦い方で前半が終わると思われた前半残り57秒。浦安の右コーナーキックをキャッチしたANNEXのGK1番芹澤選手がパントキックでロングシュート。これが前に位置していたGKの頭上を越えてゴールに吸い込まれANNEXが勝ち越しに成功。前半は2-1ANNEXリードで折り返す。

 リードしている事でANNEXは守備ラインを高く保ち、積極的にプレスをかけ、それを崩そうとする浦安。浦安もANNEXゴール前に迫るが、後半5分、シュートのこぼれを自陣で奪ったANNEXがカウンター始動。左サイドで10番宮原選手が粘り強く競りながらゴールを前進めるとペナルティエリアで左足トゥーでシュート。これがゴールに決まり3-1とANNEXが2点をリードする。2点のビハインドを背負う浦安は8番濱野選手をGKにして早々とパワープレーを開始。後半10分にANNEXがタイムアウトを取った為に一旦パワープレーを一旦止める時間帯もあったが、再度パワープレーを開始。後半13分、左サイド奥で受けた10番多田選手がニアを抜くシュートで1点を返す。我慢してカウンターを狙うANNEX。このまま試合が終わると思われた試合終了間際、ANNEXのカウンターを防いだ浦安が左サイドへ展開し9番江川選手が左足でシュートパス。ゴール前に詰めた11番石井選手が合わせたかどうかぐらいで試合終了のブザー。微妙なタイミングだったが、審判はゴールの宣告。ANNEXの抗議は認められず3-3と浦安が同点に追い付き、このままタイムアップ。お互いに勝ち点1を分け合った。

9thkfl3rd0062.jpg

9thkfl3rd0061.jpg

9thkfl3rd0080.jpg

9thkfl3rd0072.jpg

9thkfl3rd0087.jpg

9thkfl3rd0065.jpg

9thkfl3rd0075.jpg

9thkfl3rd0086.jpg

9thkfl3rd0077.jpg

9thkfl3rd0090.jpg

(写真:Yasuko Kaneko)

panna_bn.jpg

Desporteサイドバナー.jpg

PANNAロゴ(バナー用).jpg

credit-school_bannerl.jpg

234_60banner.gif