【試合レポート】第9回関東女子フットサルリーグ入替戦シュートアニージャ vs TapaZida

2018年2月11日 15:10

 

【入替戦】

シュートアニージャ 1-2 TapaZida

<得点者>
08:55 17番柴田茜(TapaZida)
09:46 7番森栄利香(TapaZida)
38:47 14番松村景子(アニージャ)

 試合は立ち上がりからTapaZidaがアニージャゴールに襲い掛かる。しかしGK15番前選手の思い切りの良い飛び出しでゴールを死守する。しかし前半9分、ぺナルディエリアすぐ外でハンドで得た直接フリーキックを17番柴田選手の狙いすましたシュートでゴールネットを揺らしTapaZidaが先制点を奪う。更に左サイドのコーナーキックからのセットプレー、一度はディフェンスにはじかれるが、こぼれたボールを巧みなコントロールでゴール前に侵入したTapaZida7番森選手がシュートを打ち抜き、2-0とリードを広げる。アニージャも反撃を仕掛けるが、TapaZidaのゴールを割る事ができないままハーフタイムを迎えた。

 後半もTapaZidaは優勢に試合を進めるが、なかなか追加点が奪えない。集中した守備を見せるアニージャが鋭いカウンターで攻め込み、目が離せない展開が続く。スコアは動かないまま後半も残り少なってきたところで、TapaZida18番小林選手が負傷退場。ここでセット交代をしてきたTapaZidaはローテーション交代へと変更する。試合残り5分を切ったところでアニージャはパワープレーを開始。すると39分に14番松村選手の意表を突いたロングシュートがブラインドとなりゴールへ吸い込まれ2-1と追い上げる。1年前に残り約1分で同点に追い付かれ、昇格を逃した展開を思い出されたが、ここでTapaZidaはタイムアウトを取り、作戦を徹底。残り時間を冷静に凌ぎ切り、タイムアップ。TapaZidaは2回目の入替戦で悲願の関東リーグ参入を勝ち獲った。

8th_kanto_challennge30054.jpg

8th_kanto_challennge30053.jpg

8th_kanto_challennge30062.jpg

8th_kanto_challennge30083.jpg

8th_kanto_challennge30065.jpg

8th_kanto_challennge30078.jpg

8th_kanto_challennge30073.jpg

8th_kanto_challennge30086.jpg

8th_kanto_challennge30060.jpg

8th_kanto_challennge30091.jpg

 

panna_bn.jpg

Desporteサイドバナー.jpg

PANNAロゴ(バナー用).jpg

credit-school_bannerl.jpg

234_60banner.gif

pivo52_1.jpg