【試合レポート】SuperSports XEBIO第7回関東女子フットサルリーグ入替戦Amarelo/峰FC vs FUGADORすみだレディース

2016年2月21日 23:05

Amarelo/峰FC 0-3 FUGADORすみだレディース

<得点者>
6分 19番金子選手(FUGADOR)
9分 15番西岡選手(FUGADOR)
36分 21番勝俣選手(FUGADOR)

 峰は昨年の入替戦で勝利し、関東リーグ復帰を果たしたものの、今季リーグ戦で最下位に沈み、関東入替戦に回る事となった。対するFUGADORは関東参入戦決勝戦でVEEXに1-5で敗退してしまい、最後の関東昇格チャンスである入替戦に回る事となった。FUGADORは約2時間後の試合で20分ハーフの試合となるが、体力、精神面でのダメージはどれだけ回復できたか。対する峰はFP6名と交替が2人で厳しい状況。参入戦は15分ハーフだったが入替戦は20分ハーフのレギュレーションとなり、峰は引き分け以上で残留、FUGAは勝利のみで昇格となる。
 
 峰は引き気味で守り、FUGADORの攻撃を受け止める。ゴール前を固めてボールを回させて、シュートレンジへボールを入れさせないように守備を敷く。FUGADORは早めにセットを替えながら、攻撃を組み立て、ボールポゼッションを高めるが、やはり遠目からのシュートが多く、決定機までは持ち込めなかった。しかし前半6分、FUGADOR9番足利選手が左サイドを突破し、ゴール前へ折り返したシュートパスに19番金子選手が反応してダイレクトで押し込みFUGADORが先制点を奪う。一気に硬さが取れたFUGADORは更に前半9分、カウンターから15番西岡選手がGKと1対1の場面を決めて2-0とリードを広げる。対する峰は引いた守備からカウンターを狙うが、前線への飛び出しも少なく、単発に終わる事が多い。キックインからチョンドンでゴールを狙うが、FUGADORも集中して守り、ゴールを割らせない。FUGADORは引いた峰に対して細かなパス回し、特にライン間を狙う事で守備の受け渡しの混乱を狙っているように見える。このパス回しが機能し、決定機を何度も創りだすが、何度もバーに当たり、チャンスを逸する。前半はFUGADOR優位、スコアは2-0とリードしてハーフタイムを迎えた。
 
 後半に入っても試合の様相は攻めるFUGADOR、守る峰。FP6人で回している峰は体力的に厳しいものの、FUGADORもこの日2試合目、しかも慣れていない20分ハーフという事もあり、徐々に試合自体の運動量が落ちている感がある。集中して守り、カウンターに徹する峰に対して後手を踏む場面もあったが、FUGADORは得点を許さず守りきる。一時の時間帯、お互いの攻撃が停滞する場面もあったが、後半16分、21番勝俣選手が3点目となるゴールを奪い3-0。試合の状況を見るとセーフティリードとも思えたが、最後に峰が反撃。カウンターからポストを叩く場面も見せたが、スコアは動かず試合終了のブザーが鳴り響く。この瞬間FUGADORが関東リーグ昇格を決め、峰の県リーグ降格が決まった。

kanto_promotion1205.jpg

kanto_promotion1198.jpg

kanto_promotion1316.jpg

kanto_promotion1468.jpg

kanto_promotion1257.jpg

kanto_promotion1606.jpg

kanto_promotion1396.jpg

kanto_promotion1646.jpg

kanto_promotion1384.jpg

kanto_promotion1912.jpg

 

 

panna_bn.jpg

Desporteサイドバナー.jpg

PANNAロゴ(バナー用).jpg

credit-school_bannerl.jpg

234_60banner.gif

pivo51.jpg