【試合レポート】中国女子フットサルリーグ第2節Junjies FF MINELVA vs MFP SALSA HADA

2015年7月 5日 22:25

Junjies FF MINELVA(グレー) 6-1 MFP SALSA HADA(紺)

得点者:2分7番荒井選手(HADA),3分7番中松選手(Junjies),6分14番真鍋選手(Junjies),12分5番阿部選手(Junjies),22分5番阿部選手(Junjies),22分5番阿部選手(Junjies),24分7番中松選手(Junjies)

 

 様子を探りながらの試合となると思われた強豪同士の対戦は序盤に一気に得点が動く。前半2分、自陣からのロングパスをディフェンスの裏で受けたHADA7番荒井選手が巧みなトラップから反転し、強烈な左足シュートをファーサイドのネットに突き刺しHADAが先制点を奪う。しかしJunjiesも直後の前半3分、7番中松選手が左サイドディフェンスと競りながら放った左足シュートが決まりすぐさま同点に追い付く。6分にはJunjies14番真鍋選手がゴール前の競り合いを粘って押し込み2-1とJunjiesが勝ち越しに成功する。HADAはピヴォへ良いボールを供給していたが、孤立させてしまう事が多く、そこでボールが奪われ、一気にカウンターを受けてしまう場面が見られた。Junjiesは前半残り45秒にも自陣からの縦に長いパラレラから絶妙のコースに5番阿部選手がシュートを決め3-0、Junjiesリードで前半を折り返した。

 後半に入り前からプレスをかけるHADAはサイドを積極的に攻撃。右サイドはパラレラ、左サイドは積極的に仕掛けてシュートへ持ち込む。ボールポゼッションの高いHADAの攻撃を耐えたJunjiesは後半10分から一気にギアが入る。5番阿部選手がミドルシュートで追加点を奪うと、更にカウンターからGKと2-0の状態を作り、5番阿部選手が難なく流し込み、阿部選手はハットトリック達成。終了間際の12分にも7番中松選手がダメ押し点を奪い、試合終了。勢いを活かすJunjuesの試合運びで思わぬ大差がつき、Junjiesは開幕2連勝を飾った。

chugoku1st1495.jpg

chugoku1st1480.jpg

chugoku1st1544.jpg

chugoku1st3239.jpg

chugoku1st1577.jpg

chugoku1st3186.jpg

chugoku1st1529.jpg

chugoku1st3250.jpg

chugoku1st3172.jpg

 

 

 

panna_bn.jpg

Desporteサイドバナー.jpg

PANNAロゴ(バナー用).jpg

credit-school_bannerl.jpg

234_60banner.gif

pivo51.jpg