【試合レポート】中国女子フットサルリーグ第1節LETIZIA FEMMINILE vs 蹴球

2015年7月 5日 20:00

LETIZIA FEMMINILE(グレー) 1-1 蹴球(緑)

得点者:15分10番大森選手(蹴球),20分11番浅野選手(LETIZIA)

 

 記念すべき中国女子フットサルリーグ開幕戦は岡山県のLETIZIAと島根県の蹴球。12分ハーフで行われるリーグ、両チーム前からマンツーマンでプレスをかけ、身体をぶつけ合う激しい展開。共に3-1のシステムを採用するが、LETIZIAはフィクソが固定され、主にピヴォアラチェンジ等でサイドに流れたピヴォを起点とする狙いが見られ、蹴球はフィクソアラとのパス交換から中央のピヴォへダイレクトでパスを入れ、一気に押し上げを図る。お互いにチャンスは作るものの、両チームGKが思い切った飛び出しでピンチを防ぎ、前半は0-0で折り返した。

 試合が動いたのは後半3分、左サイドのキックインからのパスをダイレクトでゴール前に入れると、混戦の中から10番大森選手が体を張ってボールをキープし、巧みに体を反転させ右足で放ったスライディングシュートが決まり、蹴球が先制する。蹴球のプレスが強く、ボールポゼッションに苦しむLETIZIAは後半8分、ロングパスを跳ね返したボールを11番浅野選手が反転でディフェンスと体を入れ替えて右足ミドル。これがゴール上に突き刺さり、同点に追いついた。試合はこの後スコアが動かず1-1のドロー決着となった。両チーム中盤でのボールの奪い合いの時間が長く、決定機はなかなか作れなかった。1試合を通じてLETIZIAはシュート5本、蹴球は12本という数字が試合の状況を物語っていた。

chugoku1st1664.jpg

chugoku1st1677.jpg

chugoku1st1756.jpg

chugoku1st2404.jpg

chugoku1st2544.jpg

chugoku1st2461.jpg

chugoku1st2444.jpg

chugoku1st2528.jpg

chugoku1st2356.jpg

 

 

 

panna_bn.jpg

Desporteサイドバナー.jpg

PANNAロゴ(バナー用).jpg

credit-school_bannerl.jpg

234_60banner.gif

pivo51.jpg