【試合レポート】ゼビオ九州F女子リーグ第3節Primeiro熊本 vs ASTRO鹿児島

2015年5月31日 22:10

 Primeiro熊本 1-5 ASTRO鹿児島

得点者:2分14番関選手(ASTRO),10分5番冨谷選手(ASTRO),20分22番鈴選手(ASTRO),38分8番徳永選手(ASTRO),39分22番嶋村選手(Primeiro),40分7番野下選手(ASTRO)

 

 九州リーグ初代女王Primeiroと2代目女王ASTROの対戦。試合はいきなりスコアが動く。旋回してゲームを作るASTROは右サイドの8番徳永選手からのシュートパスを14番関選手がインサイドボレーで合わせる目の覚めるようなゴールが決まり、ASTROが先制する。ASTROの旋回は左回りを行い、右サイドを狙いながらも一気に逆サイドに展開して空いているスペースを使おうとする意図が見える。次の得点は前半10分、ASTRO5番冨谷選手がパスカットからそのままゴールを奪い2-0とした。プレスはそれほど厳しくないものの、高い守備ラインを引くASTROに対してカウンターから、そして右サイドを中心に攻撃を仕掛けるが素早いASTROの対応に崩すまでには至らない。ASTROのペースが続く中、前半残り7秒、右サイドで6番木村選手が切り返してからの左足シュートパスに22番鈴選手が合わせて3点差としてハーフタイムとなった。

 後半反撃に出たいPrimeiroはポゼッションを高め、パスをつないで攻撃を組み立てるが、前線へのパスをカットされる事が多く、攻撃の意図を読まれて狙われている様子が見える。ASTROは細かいタッチでほぼ3タッチ以内でパスし、リズムよくパスが回り、前半よりも判断が早くなっているように見え、スコアこそ動かないがASTRO優勢の試合展開が続く。後半18分ゴール前の混戦をASTRO8番徳永選手が押し込み4-0と点差を広げるが、対するPrimeiroも中盤でのパスカットから数的優位を作り、22番嶋村選手がファー詰めで合わせて1点を返す。ASTROも最後まで攻撃の手を緩めず、失点直後のキックオフからの攻撃で7番野下選手が左足ミドルシュートを再び4点差として試合終了。高い攻撃力を持つ両チームの戦いは、ASTROに軍配が上がった。

kyusyu_3rd098.jpg

kyusyu_3rd116.jpg

kyusyu_3rd1069.jpg

kyusyu_3rd1193.jpg

kyusyu_3rd1001.jpg

kyusyu_3rd1120.jpg

kyusyu_3rd1099.jpg

kyusyu_3rd967.jpg

kyusyu_3rd1016.jpg

 

 

 

panna_bn.jpg

Desporteサイドバナー.jpg

PANNAロゴ(バナー用).jpg

credit-school_bannerl.jpg

234_60banner.gif

pivo51.jpg