【試合レポート】ゼビオ九州F女子リーグ第3節Aliento Palio宮崎 vs Valenteea'10

2015年5月31日 22:00

Aliento Palio宮崎 3-12 Valenteea'10

得点者:3分11番稲田選手(Aliento),5分16番松本選手(Valenteea),8分9番鎮守選手(Valenteea),18分14番赤松選手(Valenteea),19分10番児島選手(Valenteea),20分10番児島選手(Valenteea),21分8番弓場選手(Valenteea),22分7番丸井選手(Valenteea),22分8番弓場選手(Valenteea),23分9番鎮守選手(Valenteea),33分5番福山選手(Valenteea),37分9番鎮守選手(Valenteea),38分10番児島選手(Valenteea),40分6番錦田選手(Alineto),40分8番日高選手(Aliento)

 

 初戦大勝したValenteeaに対するのは、初戦で惜敗のAlinento。試合は立ち上がりからValenteeaが積極的にシュートを放ち、攻撃のペースを掴むが、先制点はAliento。一瞬の隙を突いた11番稲田選手のミドルシュートが決まる。しかしすぐに反撃に出たValenteeaは6分に16番松本選手のお手本通りのファー詰めで同点に追い付くと、8分にも9番鎮守選手の得意の左足での豪快ロングシュートが決まり一気にValenteeaが逆転。Alientoもゴール前に迫る惜しいチャンスを作りながらもこれを逸すると、多少遠目からでもシュートを狙うValenteeaに流れが傾いていく。前半18分にパスワークから14番赤松選手が難なくゴールを決めると、続く19分、20分にも10番児島選手が連続ゴールを決めて5-1としてハーフタイムを迎えた。

 後半に入ってもギアを落とさないValenteeaは開始早々の1分、右サイドからから8番弓場選手のシュートがGKの手をはじきながらのゴールを決めて6-1とする。2分にも7番丸井選手の左足ミドルシュート、そして3分にも同じく7番丸井選手の反転左足シュート、そして9番鎮守選手の左足ミドルシュートが決まり3分間の間に4連続ゴールを奪い9-1と一気に点差を広げた。中盤やや攻め疲れを見せたValenteeaだったが、右サイドでのパラレラ、ピヴォアラチェンジ、ピヴォ当て等を駆使して攻撃の形を演出した。13分には5番福山選手、17分にはこの日ハットトリックとなる9番鎮守選手、18分にも同じくハットトリックとなるゴールを10番児島選手が決めて12-1と大量リードを奪う。しかし諦めないAlientoは20分に6番錦田選手がパスカットからゴールを陥れると、残り10秒にもゴール前で粘った15番福永選手からのパスを8番日高選手が押し込み2点を返す。しかし試合は12-3のスコアでValenteeaが大勝。開幕2連勝を飾った。

kyusyu_3rd012.jpg

kyusyu_3rd041.jpg

kyusyu_3rd252.jpg

kyusyu_3rd511.jpg

kyusyu_3rd225.jpg

kyusyu_3rd538.jpg

kyusyu_3rd391.jpg

kyusyu_3rd574.jpg

kyusyu_3rd269.jpg

 

 

 

panna_bn.jpg

Desporteサイドバナー.jpg

PANNAロゴ(バナー用).jpg

credit-school_bannerl.jpg

234_60banner.gif

pivo52_1.jpg