【試合レポート】東海女子フットサルリーグ入替戦(三重県)

2015年3月15日 07:35

【東海女子フットサルリーグ入替戦(三重県)】

 入替戦のレギュレーションはNASPA四日市レディース、ヴェルデラッソ松阪レディース、蹴球小娘の3チーム総当たり12分ハーフのプレイングタイム。同勝ち点の場合はリーグ戦同様、当該チーム同士の対戦の結果、得失点で決定され、それでも同じ場合はリーグの上位チームが順位が上となる。

 

NASPA四日市レディース 1-1 蹴球小娘

得点者:11分18番藤尾選手(NASPA),13分8番伊藤千選手(蹴球)

 1試合目は東海リーグ9位のNASPA四日市と三重県リーグの蹴球小娘。試合序盤、前からプレスをかける蹴球小娘が優勢に進める。NASPAは寄せてくるディフェンスの裏のスペースへボールを入れてプレス回避と攻撃の起点にしようとするが、蹴球小娘GK1番川村選手が積極的に飛び出して裏のスペースを埋める。するとNASPAはワンツーを使って少ないボールタッチで回避する等して、互いの意図が見て取れる。蹴球小娘やや優勢と思われていた前半残り1分、自陣での相手FKをカットすると一気にカウンター発動。右サイドを駆け上がった15番片山選手の折り返しを18番藤尾選手が押し込み、耐えていたNASPAが先制点を奪った。

 先制点を奪われた蹴球小娘は後半1分、ゴールまで約12m付近で得た直接FKを8番伊藤選手が叩き込み同点に追いつく。この後はやはり蹴球小娘がプレスを緩めず、NASPAの攻撃のカギを握る7番鈴木選手が自陣からなかなか出る事ができず、攻撃は徐々に停滞。蹴球小娘は押し気味ながらシュートがバーを叩いたり、GK2番渡邉選手の好セーブに阻まれ、勝ち越すことまでできないままタイムアップ。手に汗握る攻防はドローとなった。

tokaiplayoff2014038.jpg

tokaiplayoff2014061.jpg

tokaiplayoff2014622.jpg

tokaiplayoff2014478.jpg

tokaiplayoff2014641.jpg

tokaiplayoff2014447.jpg

tokaiplayoff2014554.jpg

 

蹴球小娘 2-1 ヴェルデラッソ松阪レディース

得点者:3分4番大嶋選手(蹴球),11分12番清水選手(ヴェルデラッソ),24分9番中村選手(蹴球)

 2試合目は三重県リーグの蹴球小娘と東海リーグ10位のヴェルデラッソ松阪レディースの対戦。1試合目同様前から寄せる蹴球小娘に対してヴェルデラッソはGK2番山口選手のスローで一気に前進させ、相手陣地でキックインからシンプルにチョンドンシュートを狙う。先制点は蹴球小娘。前半3分、左サイドからのキックインからの展開で4番大嶋選手がディフェンスを背負いながらも巧みなトラップでボールを収めると反転シュートを決めて1-0と蹴球小娘がリードする。ヴェルデラッソも積極的にプレスをかけると蹴球小娘もプレス回避に苦戦。ロングボールやカウンターを狙うが、ヴェルデラッソの巧みな守備に阻まれなかなか決定機まで持ち込めない。すると11分、ヴェルデラッソ12番清水選手が自陣から一気にカウンターに持ち込み、GKとの1対1を制して前半のうちに同点に追いついた。

 後半はお互いの持ち味を活かした攻撃を展開する。蹴球小娘はピヴォへ素早くボールを入れる事を徹底。4番大嶋選手がしっかりとボールを収める事でチャンスを作り出すが、3枚目の押し上げがやや遅く、決定機までは作れない。一方のヴェルデラッソはカウンターで一気にシュートまで持ち込み、シンプルに攻撃を組み立てるが蹴球小娘も必死の守りでゴールを割らせない。このまま同点で終わるのかと思われた残り34秒、終始狙っていたピヴォ当てからの落としを9番中村選手が値千金の決勝ゴール。蹴球小娘は勝ち点4として最終試合の結果を待つ事となった。

tokaiplayoff2014088.jpg

tokaiplayoff2014100.jpg

tokaiplayoff2014918.jpg

tokaiplayoff2014709.jpg

tokaiplayoff2014950.jpg

tokaiplayoff2014802.jpg

tokaiplayoff2014735.jpg

 

NASPA四日市レディース 3-1 ヴェルデラッソ松阪レディース

得点者:6分14番古屋選手(ヴェルデラッソ),9分18番藤尾選手(NASPA),16分7番鈴木選手(NASPA),24分15番片山選手(NASPA)

 2試合目敗れた事で勝ち点4となった蹴球小娘を上回れない為、ヴェルデラッソはこの入替戦での東海リーグ残留がなくなってしまった。それでもしっかりと気持ちを切り替えていたヴェルデラッソは前半6分、14番古屋選手がカットインからゴール前へ侵入してゴールを奪い先制点を奪う。2点以上奪っての勝利が必須条件のNASPAはこの得点で目が覚めたか7番鈴木選手が積極的に攻撃に関与して攻撃のリズムを作り出す。すると前半9分、中盤でボールを奪った18番藤尾選手が左サイドを突破し、左足で放ったシュートが逆サイド低い位置に決まり同点に追いつく。

 攻撃に入ってもNASPAの攻撃のテンポがよく、後半4分、7番鈴木選手がゴール前粘って粘って得意の左足でゴールを奪う。ヴェルデラッソも得意のカウンターを狙うが、このスコアを守れば東海残留が決まるNASPAは集中した守備で的確に対応。受け身に回る時間もあったが、試合終了間際の残り35秒、逆にカウンターから15番片山選手がダメ押しのゴールを奪い3-1として勝負あり。1勝1分で蹴球小娘と並んだものの、得失点で上回り東海残留を決めた。

tokaiplayoff2014144.jpg

tokaiplayoff2014118.jpg

tokaiplayoff20141082.jpg

tokaiplayoff20141234.jpg

tokaiplayoff20141154.jpg

tokaiplayoff20141220.jpg

tokaiplayoff20141124.jpg

【NASPA四日市レディース石川監督インタビュー】

- 今日の入替戦、1勝1分でしたが東海リーグ残留決定おめでとうございます!

石川:ありがとうございます。

- 今日は苦しい戦いだったと思いますが、振り返ってください。

石川:蹴球小娘さんも東海リーグへ昇格したいと思っている、ヴェルデラッソさんも自分達も残留したいと思っている。今日は気持ちでは絶対に負けてはいけないと伝えていました。

- 昨年度も入替戦を経験した上で残留。そして今シーズン更にメンバーも減った中で苦しいシーズンだったと思います。

石川:本当に苦しいシーズンでした。今年は人数が減った事もあり、意識改革から着手しました。結束力という事を言い続けてきました。それが何とか残留を決める事ができたポイントだったのかもしれません。

- さて何か月後には来季の東海リーグが始まります。抱負をお聞かせください。

石川:来季はまた一からチーム作りをして上位に食い込めるように頑張りたいと思います。

 

panna_bn.jpg

Desporteサイドバナー.jpg

PANNAロゴ(バナー用).jpg

credit-school_bannerl.jpg

234_60banner.gif

pivo52_1.jpg