第4回関東女子フットサルリーグ開幕プレビュー

2013年6月21日 23:11

6/22(土)、4年目となる関東女子フットサルリーグ群馬県の前橋市民体育館で開幕戦を迎えます。しかし本来8チームで行われる予定だった今年の関東女子フットサルリーグは7チームで開催されます。関東フットサルりリーグオフィシャルHPで掲載されているようにFUNフットサルクラブレディースが不出場となったからです。FUNの不出場については様々な事情があったようですが、以前の記事を参照していただければと思います。8チーム目を決めるという案もあったようだが、今年は7チームで開催される事となったとの事です。

 

今年の関東女子フットサルリーグの参加チームは以下の7チームです。

Bardral浦安Las Bonitas(千葉)

SAICOLO(埼玉)

FFC Estrela NOVO川口(埼玉)

Aventura川口(埼玉)

BORBOLETA FUTSAL(群馬)

ceu paleta A&S(神奈川)

Forest ANNEX(東京)

昨年7位で参入戦に回ったAmaralo/峰FCが降格、そして代わりに東京都2位で参入戦を勝ち抜いたForest ANNEXが昇格しました。

 

<試合プレビュー>

第1試合 11:00 Bardral浦安Las Bonitas vs Forest ANNEX

第2、3回と連覇したBardral浦安Las Bonitasと今季より参入のForest ANNEX対戦。浦安は選手の入れ替えはあったが優勝候補筆頭である事は間違いない。注目選手は一年の関西移籍を経て復帰した吉川選手。元日本代表のPivoは恵まれた体格を使ったプレイは今でも日本人随一。ここ一番での勝負強さも持ち得ている。

一方Forest ANNEXはベテラン選手を中心に若手が経験を積み、激戦の都リーグ、参入戦を勝ち抜いてきた。そして新戦力を加えて着々と関東リーグに向けて準備を重ねてきた。注目は浦安から移籍してきた17番小林選手。激しいGKのレギュラー争いで出場が叶うかどうかは不明だが、古巣相手に気合が入っているだろう。

 

第2試合 12:50 BORBOLETA FUTSAL vs FFC Estrela NOVO川口

昨年度下位リーグながらも戦術の完成度を高めてきたBORBOLETAはチームのエース4番北隅春菜選手がアジアインドアゲームズに代表として選出。チームとしては勝利して代表合宿へと送り出したいところだ。そして注目選手はその北隅選手を挙げたい。心配は昨年から悩んでいるメンバー不足。

FFC Estrela NOVO川口は昨季上位リーグに残りながらも勝ち点を挙げられず4位に終わった。上位チームとの壁を打ち破るべく、オフシーズンにチーム力を高めてきた。注目選手は代表経験のある8番大澤選手、9番足利選手、GK12番松山選手。関東での活躍を足がかりに代表復帰を狙う。

 

第3試合 14:40 SAICOLO vs ceu paleta A&S

参入初年度で3位に食い込んだSAICOLOはなでしこリーグ浦和レッズレディースに在籍経験のある選手を中心に結成されているチーム。高い技術は秀でており、優勝争いに食い込んでくる事は間違いない。問題は試合毎によるベンチ入りメンバーの増減か。

ceu paletaは昨年8位となったが、参入戦でPK戦を制し関東残留を果たした。ここ2年下位に沈んでしまった事で、監督交代のカードを切った。新監督はFIREFOX、府中アスレティックFC、ステラミーゴ花巻で活躍した岩見監督。チーム改革の成果が開幕節で見せられるか要注目だ。注目選手は20番宇津木恵選手。昨季途中の怪我で参入戦にも参加できなかった鬱憤を晴らせるか。

※Aventura川口は当日試合がありません。

 

※選手の移籍情報等はこちらのサイトを参考にして下さい。

 

そして関東女子フットサルリーグは以下の画像を作成したようです。既にSNS等で拡散されているようですが、是非皆さまもシェアしていただき広めていただけると幸いです。

2013関東女子POP.jpg

panna_bn.jpg

Desporteサイドバナー.jpg

PANNAロゴ(バナー用).jpg

credit-school_bannerl.jpg

234_60banner.gif

pivo42.jpg