第9回全日本女子フットサル選手権準決勝FUNフットサルクラブLadies com VEEX vs 丸岡ラックレディース

2012年11月 4日 22:00

FUNフットサルクラブLadies com VEEX 9-2 丸岡RUCKレディース

得点者:4分4番吉林選手(FUN)、6分4番吉林選手(FUN)、6分吉林選手(FUN)、13分11番多々良選手(FUN)、18分11番小林選手(丸岡)、19分四宮選手(FUN)、22分4番吉林選手(FUN)、24分13番服部選手(FUN)、26分9番北川選手(丸岡)、28分4番吉林選手(FUN)、29分14番渡部選手(FUN)


FUNフットサルクラブLadies com VEEX(グループA1位)

20121104semi1438.jpg


丸岡RUCKレディース(グループB1位)

20121104semi1433.jpg

 

無欲の勝利を重ね、初出場で決勝トーナメントへ駒を進めた新鋭丸岡と女王への返り咲きを狙うFUNの戦い。立ち上がりから明らかにFUNの動きが違っていた。丸岡の高速カウンターを真正面から受け止め、マイボールをつなげて落ち着いた展開に持ち込む。スコアが動いたのは前半4分、左サイドのキックインを4番吉林選手が一旦スルー、そこにいた9番四宮選手がボールを受けて足裏で落とすと走り込んだ4番吉林選手が右足で蹴り込み、先制点を奪う。更に6分にもピヴォ当てから4番吉林選手が決めて2点目。更に直後にも右サイドキックインから2人がスルーして一番奥にいた4番吉林選手がダイレクトシュートを決め開始6分でハットトリックを決めた。フットサル特有の形やサインプレイで奪われた3点に戸惑いを隠せない丸岡だったが、何とか得意な形に持ち込もうと前線で張るピヴォにボールを入れて押し上げを図ろうとするがFUNはこれに対応。ボールの出所を抑え、良いボールを入れさせない。丸岡は何とかボールを奪おうと前線から行くと逆に前線で張るピヴォに早めにボールを入れてこれを回避。FUNが丸岡のやりたい事を逆にやり返す形でお株を奪った。すると前半13分にも11番多々良選手がシュートのこぼれ球を押し込み4点差として前半を締めくくった。

後が無くなった丸岡は積極的にボールを追い回し運動量で勝負。後半3分にようやく11番小林選手のゴール決まって1点を返す。しかしすぐにFUNは後半4分に9番四宮選手がパスカットからドリブルでゴール前に持ち込むと豪快にシュートを決めて再び突き放す。ここからはFUNの独壇場。7分には4番吉林選手が憎い程の落ち着きでGKをかわしてのゴール。9分には13番服部選手が右サイドのチョンドンを叩き込み7点目。丸岡は11分に9番北川選手がゴール前の混戦を押し込み1点を返すが、FUNは更に後半13分にこの試合5点目を4番吉林選手が決め、更に29分には14番渡部選手が見事なスライディングシュートを決め、終わってみれば9-2とFUNが圧勝。FUNが3年ぶりの決勝進出を決めた。


20121104semi1142.jpg

20121104semi1320.jpg

20121104semi1155.jpg

20121104semi1282.jpg

20121104semi1166.jpg

20121104semi1366.jpg

20121104semi1194.jpg

20121104semi1378.jpg

20121104semi1153.jpg


panna_bn.jpg

Desporteサイドバナー.jpg

PANNAロゴ(バナー用).jpg

credit-school_bannerl.jpg

234_60banner.gif