第3回関東女子フットサルリーグ第7節Bardral浦安Las Bonitas vs FUNフットサルクラブLadies com VEEX

2012年11月24日 22:05
Bardral浦安Las Bonitas 1-0 FUNフットサルクラブLadies com VEEX
得点者:15分5番竹澤選手(浦安)


3週間前の全日本女子フットサル選手権の再戦となったこの試合、勝ち点で優位に立つ浦安は引き分け以上で1stステージを首位で折り返せる事となる。FUNはここで負けると勝ち点6差となり、2ndステージでの挽回が苦しくなるだけにここは勝ち点3が欲しい所。
試合序盤から両チーム早いパス回しでボールを回し、レベルの高いフットサルを見せる。序盤はFUN4番吉林選手と浦安7番高橋選手、そして浦安13番阿部選手とFUN13番服部選手はコート上で激しいマッチアップを見せた。時折前から寄せる浦安に対してFUNはボールを回して回避し浦安陣内に攻め上がる。ボールを回しながら積極的にシュートを放っていった。浦安の攻撃はカウンターが多めだったがそのカウンターから得点が生まれる。前半15分、狙っていたカウンターから5番竹澤選手が8番岡林選手とのワンツーで抜け出てシュート。FUNGK1番森選手が壁を作りかろうじて手に当てたが、ボールは勢いを弱めながらもゴールへと転がって行った。

1点のビハインドを背負ったFUNはミドルシュートを放つものの前線でボールが収まらず、ピヴォを使った攻撃を展開できないでいた。そして浦安はFUN4番吉林選手の左足を徹底的にマーク。ドリブルを限定し良い形で打たせないようにして自由にプレーさせなかった。FUNも前からプレスをかけるが、浦安はスコアで優位に立っている事もあり、シンプルに回避。攻めに転ずる事はできないものの、ピンチにならない事を最優先に考えていた。得点が奪えないFUNは残り3分で9番四宮選手をGKにしてパワープレイを開始。一気にボールポゼッションを高めたFUNだったが、浦安も集中力を切らさず守備に専念。試合はこのまま1-0というスコアで浦安が勝利。リベンジを果たすと共にFUNに勝ち点6差を付け、首位固めに成功した。

20121124191.jpg

20121124274.jpg

20121124211.jpg

20121124281.jpg

20121124181.jpg

20121124271.jpg

20121124255.jpg

20121124316.jpg

20121124177.jpg









panna_bn.jpg

Desporteサイドバナー.jpg

PANNAロゴ(バナー用).jpg

credit-school_bannerl.jpg

234_60banner.gif