府中アスレティックFC primary vs 十条FCレディース

2011年12月11日 22:50

府中アスレティックFC primary 5-3 十条FCレディース

得点者:4分3番土田選手(十条)、5分7番長井選手(府中P)、8分9番田辺選手(府中P)、11分10番栗原選手(十条)、17分9番田辺選手(府中P)、21分3番土田選手(十条)、21分11番林選手(府中P)、23分6番岡田選手(府中P)

 

若いチーム同士の戦いは優勝の可能性を残す府中Pと優勝は無くなったものの2位の可能性を僅かに残す十条FC。試合開始直後からアグレッシブな戦いが続き各所で激しくボールを奪い合う。先制点は十条FC。カウンターで左サイドを駆け上がる10番栗原選手からのゴール前へのパスに3番土田選手がスライディングで合わせたシュートがゴールに突き刺さる。やや押している時間帯だっただけに府中には思わぬ失点だった。それでも直後5分に左コーナーキックから戦術による7番長井選手の得点ですぐに追い付き息を吹き返すと8分にも右サイドのチョンドンをGKがはじいた所を9番田辺選手が押し込み逆転に成功する。それでも十条は11分に10番栗原選手の低い弾道のミドルシュートがディフェンスの間をすり抜けゴールへと気まり前半は2-2の同点で折り返した。

後半も前半同様勝ち越し点を奪いたいお互いのチームの意地がぶつかり激しい攻防が始める。丁寧にボールをつなぐというよりも早めに縦にボールを入れたりドリブルで持ち込む等めまぐるしい展開。ややシュートの数で十条が上回っているか。次にスコアが動いたのは後半5分、府中P9番田辺選手がゴール前でのこぼれ球をゴールへ叩き込み勝ち越し点を奪う。しかし8分には十条FC3番土田選手がゴール前で相手を背負った状態から右ターンしての左足シュートという得意の形でゴールを決め同点に追い付く。勝ち越し点を奪いたい府中Pは直後に11番林選手の気迫のスライディングシュートで4-3として再び勝ち越しに成功する。更に23分にも6番岡田選手のダメ押し点で2点差リードとして勝負あり。接戦をものにした府中Pは2位を確保し最終戦に優勝の望みを残した。

20111211383.jpg

20111211372.jpg

20111211352.jpg

20111211353.jpg

 

20111211331.jpg

 

20111211339.jpg

20111211357.jpg

panna_bn.jpg

Desporteサイドバナー.jpg

PANNAロゴ(バナー用).jpg

credit-school_bannerl.jpg

234_60banner.gif