Amaralo/峰FC vs ceu paleta A&S

2011年8月13日 21:50

Amaralo/峰FC 4-3 ceu paleta A&S

得点者:1分10番宮川選手(峰)、3分18番工藤選手(峰)、13分工藤選手(峰)、26分13番間瀬選手(ceu)、28分20番宇津木恵(ceu)、30分2番宇津木有選手(ceu)、40分10番宮川選手(峰)

 

試合序盤からceu paletaがいきなり攻勢に出る 。波状攻撃が峰のゴールを遅いあわやという場面が続いた。しかし先制点は峰。1分10番宮川選手がディフェンスの裏でゴールスローを巧みにトラップすると浮き玉のまま豪快なボレーをゴールへ突き刺した。更に3分にも峰18番工藤選手が2人のディフェンスをインサイドのダブルタッチで抜き去ると豪快にトーキックをゴールに突き刺した。ceu paletaは攻撃が単発でやや精度を欠く展開。前線で収まらない為にゴール前に侵入できない状況にあった。次の得点も峰が獲得。13分18番工藤選手がゴール前で相手のスライディングをかわしてゴールへ押し込んだ。ceu paletaは女子では珍しく第2PKのチャンスを得たがこれを決められず前半はスコア以上に峰が圧倒して折り返した。

後半は打って変わってceu paletaペースで試合が運ぶ。6分に20番宇津木恵選手のロングシュートをゴール前で13番間瀬選手がコースを変えて1点を返すと8分にもGKからのスローイングをコントロールした20番宇津木恵選手の右足シュートが決まり1点差。更に10分に左コーナーキックからのセットプレーで2番宇津木有選手が豪快にトーキックを決め、3連続得点であっと言う間に同点に追い付く。後半の中盤以降は激しい応酬となり一進一退。激しい体のぶつかり合いやスライディングもありスリリングな様相を展開する。選手起用はやや偏りのあるceu paletaの選手は満身創痍。古傷等を痛めてコートから運び出されるがすぐに治療してコートに復帰していく姿は執念を感じ、感動すら覚えるた。しかし勝利の神様は最後の最後に峰に微笑んだ。同点のまま終わるのかと思った残り数秒で得た峰の左CKから10番宮川選手が左足を振り抜くと僅かな隙間を抜けてゴールに吸い込まれていった。この時時計は残り2.1秒を指していた。好ゲームだった試合は地元の声援に応えた峰が4-3のスコアで制した。

20110813241.jpg

20110813208.jpg

20110813245.jpg

20110813202.jpg

20110813254.jpg

20110813193.jpg

20110813205.jpg

 

panna_bn.jpg

Desporteサイドバナー.jpg

PANNAロゴ(バナー用).jpg

credit-school_bannerl.jpg

234_60banner.gif