デルソーレ中野レディース vs 府中アスレティックFCレディース

2011年8月14日 21:55

デルソーレ中野レディース 0-2  府中アスレティックFCレディース

得点者:19分4番石鍋選手(府中)、24分4番石鍋選手(府中)

 

現在2位につける府中は上位進出の為に落とせない一戦。中野も地元開催であり、サポーターの声援も受けまけられない試合だが、時期的な問題もありベンチ入り9人とやや少なめの陣容。

序盤から府中はボールをつなぎ中野の出方を伺う。今季フィクソの位置でボールを捌きゲームメイクをする事の多い府中4番石鍋選手はチャンスと見るや前線へとスルスルと抜け出て顔を出しシュートを放つ。この日も攻撃の核となっていた。中野は5番藤井選手と8番富本選手がお互いに攻めと守りを交互に分担しバランスを取りながら攻撃を作る。しかし府中の守備網にかかりなかなか前線へ良い形でボールが収まらない。コートが広い事もありやや停滞する時間帯もありこのままスコアレスで前半が終了した。

後半に入ってからはやや中野も盛り返すが、なかなか良い形で攻撃が作れずシュートを打つ機会自体も少ない状況となっていた。すると19分に府中4番石鍋選手のゴールでようやく府中が先制点を奪う。更に24分にもこの日2ゴール目を決め、得点差を広げる。その後必死に反撃する中野だったが、府中の守備を崩せずに2-0で府中が勝利を挙げた。

後半やや高めの位置を取った府中4番石鍋選手が2得点を上げいまや府中の中心選手となっている。持ち前の突破力を秘めてスペースを見つける動きができるようになってきており今後も注目の選手だ。

20110814056.jpg

20110814074.jpg

20110814048.jpg

20110814072.jpg

20110814031.jpg

20110814065.jpg

20110814051.jpg

panna_bn.jpg

Desporteサイドバナー.jpg

PANNAロゴ(バナー用).jpg

credit-school_bannerl.jpg

234_60banner.gif