デルソーレ中野レディース vs うー魚

2011年8月21日 21:45

デルソーレ中野レディース 1-6 うー魚

得点者:13分4番岡安選手(うー魚)、15分16番篠木選手(うー魚)、19分3番澤田選手(うー魚)、19分13番山田選手(中野)、20分16番篠木選手(うー魚)、21分3番澤田選手(うー魚)、26分23番首藤選手(うー魚)

 

今季まだ勝ち星そして勝ち点もない中野と2試合を戦って得点1と攻撃面で苦戦しているうー魚の戦いは浮上のきっかけにしたい両チームの思惑が見え隠れする対戦となった。序盤は中野が攻勢に出て個の力を使ってシュートまで持ち込み惜しい場面を作り出す。ベンチからの指示もあり、前プレをする中野に押され気味のうー魚はやや冷静さを失う場面も見えた。しかし先制点はうー魚。13分に6番松井選手から展開したパスを3番澤田選手がスライディングしながら折り返し、それを4番岡安選手が押し込んだ。更に前半終了間際に右サイドで得たフリーキックからのセットプレイが見事にはまり16番篠木選手がゴールを決め、2点差として前半を折り返した。

後半に入ってもうー魚の攻勢は続き後半4分に3番澤田選手が放ったシュートがディフェンスに当たりコースが代わりゴールへ吸い込まれて3点のリードを作る。後がなくなった中野は直後に13番山田選手が相手と交錯しながらもシュートを決め、1点を返す事に成功する。しかしこれを機会に中野の攻撃の機会が減っていってしまった。逆に4分16番篠木選手がPivoの位置でディフェンスを背負いながらも右反転し左足でのシュートが決まり4点差。更に6分3番澤田選手が左コーナーキックからのロビングボールをダイレクトボレーで叩き込む見事な得点で中野の攻勢を削ぐ形にもなった。何とか前線にボールを運びたい中野だったが、自陣にくぎ付けにされている時間が多くうー魚の巧みなボール回しに苦戦していた。ダメ押しとなったのは後半11分左サイドのキックイン空のシュートパスをファーサイドでろう者日本女子フットサル代表の23番首藤選手が合わせてゴール。嬉しいリーグ戦初ゴールを決めた。中野ペースで始まった試合は6-1のスコアでうー魚が完勝。

うー魚は本来のパス回しやセットプレイが見え”らしい”戦いでの完勝だった。一方の中野は苦しい開幕4連敗。失点が多いだけにまずは守備の整備が必要か。

20110821474.jpg

20110821450.jpg

20110821512.jpg

20110821440.jpg

20110821534.jpg

20110821446.jpg

20110821435.jpg

 

panna_bn.jpg

Desporteサイドバナー.jpg

PANNAロゴ(バナー用).jpg

credit-school_bannerl.jpg

234_60banner.gif