名門の解散と新星

2010年5月30日 20:30

少し女子フットサルを知っている人にとってMFP NICO COLORSは聞き馴染みのあるチームだろう。太鼓を叩いてコールするサポーターがもいてそして全国規模の大会で上位の常連だったチームが今大会を最後に解散となってしまった。事情はいろいろあるのだろうがこれだけの実績を残したチームがなくなってしまうのはとても寂しい事だ。最後は少し涙を見せた選手もいたようだが、さわやかな笑顔で締めくくっていた。本当にお疲れさまでした。

DSC07492.jpg

一方でまぶしい程の新星が現れた。中学生中心で挑んだナカスポだ。ナカスポは昨年のこの大会にも参加しさわやかな中学生旋風で話題を提供したチームだったが、今大会は準決勝に進出。小柄な選手が自分よりも一回りも二回りも大きな大人に対しても果敢にドリブルで勝負し場内を沸かせていた。準決勝では女王FUNフットサルクラブLadies相手にも果敢にドリブルで攻め込みあわやという場面さえあった。その戦いぶりにはFUNのサポーターからも健闘を称える「ナカスポコール」が起こる程だった。

その中でもひときわ目立ったのがまだあどけない表情の中学3年生?伊藤美紀選手。初めてプレーを見たのは昨年11月の全日本女子フットサル選手権だった。その時も予選リーグで準優勝のBardral URAYASU F.S. Las Bonitasから2得点を奪う活躍を見せていたが、その時と比べても今日のパフォーマンスは成長の跡が伺えるものだった。一部関係者からは「若い内から代表に呼んでみても面白いんじゃないか?」という声も聞えたほどだった。そんな伊藤選手に話を聞いてみた。

 

?準決勝は惜しかったですね。初めて対戦したFUNはいかがでしたか?

とてもうまくてマークが全然できなかったです。それでも自分達の持ち味であるドリブルで勝負できた事が良かったです。

 

?伊藤選手だけでなくチームの多くの選手がドリブルがうまかったですね。特別な練習はしていますか?

小学生の時によくマーカーを置いてドリブルの練習をしていました。そして1対1もよく練習していました。今は特段やっていませんが、小学生の時の練習で自然と身についたのだと思います。

 

?いまサッカーとフットサルの比率はどのくらいですか?

今はサッカーが「7」でフットサルが「3」位の割合です。フットサルは体育館でやっています。

 

?昨年の日本女子フットサル代表には高校生や大学生もいました。フットサル日本代表には興味ありますか?

是非チャンスがあるならばチャレンジしてみたいです!

 

まだ中学3年生だが、これからも高校、大学、等でサッカーを続けていくのだろう。しかし是非フットサルも並行してプレイして将来の代表を目指して欲しいと感じる程のまぶしさを見せる選手だった。

DSC07519.jpg

panna_bn.jpg

Desporteサイドバナー.jpg

PANNAロゴ(バナー用).jpg

credit-school_bannerl.jpg

234_60banner.gif

pivo51.jpg