東京都リーグの最近のブログ記事

13/12/23
第11回東京都女子フットサルリーグ1部第11節CAFURINGA BOYS東久留米 vs 府中アスレティックFCプリメイラ


CAFURINGA BOYS東久留米 1-2 府中アスレティックFCプリメイラ

得点者:9分4番林選手(府中)、13分13番萩原選手(CAFURINGA)、16分10番見澤選手(府中)


 この日、CAFURINGAは6番芝原選手、8番稲田選手、11番八巻選手、14番大野選手が不在でベンチ入り8名と珍しく少ない陣容。府中も退団選手が出た様子で同じく8名だった。しかしこのチャンスを生かそうと積極的に攻撃を仕掛けたのは府中。引いて守るCAFURINGAに対してポゼッションを高める府中は前半9分、府中27番縄田選手が右サイドを突破して放ったシュートをGKがはじくがこのボールに素早く反応した4番林選手がジャンピングヘッドで叩き込み府中が先制点を奪う。しかしCAFURINGAも12分に自ら攻め上がり、一旦は奪われたボールを再度奪い返した13番萩原選手が素早く放ったシュートが決まり同点に追い付き、ハーフタイムへ突入した。

 後半早々に点を奪ったのは府中。10番見澤選手がピヴォとしてボールをキープすると素早い右反転からの左足シュートが決まり、再び勝ち越しに成功。CAFURINGAは前からプレスをかける等して、府中を自陣に追い込むが、なかなか得点が奪えず、刻一刻と時間が過ぎて行く。残り24秒、左コーナーキックを得た時点でCAFURINGAはタイムアウトを取り、最後のチャンスに賭けたが、決める事ができず、タイムアップ。チャンスを活かした府中がCAFURINGAを降し、5位へと浮上し、リーグ戦を終えた。

Resized20131223Tokyo10311.jpg

Resized20131223Tokyo10239.jpg

Resized20131223Tokyo10263.jpg

Resized20131223Tokyo10225.jpg

Resized20131223Tokyo10326.jpg

Resized20131223Tokyo10252.jpg

Resized20131223Tokyo10209.jpg

13/12/23
第11回東京都女子フットサルリーグ1部第11節ASV PESCADOLA町田Biralinas vs the sunkisst

ASV PESCADOLA町田Biralinas 0-4 the sunkisst

得点者:1分13番中村悦選手(sunkisst)、7分オウンゴール(sunkisst)、17分5番西口選手(sunkisst)、29分9番中村久選手(sunkisst)

 引き分け以上で2位を確保ができ、関東リーグ参入戦への出場権を手に入れる事ができるsunkisstと既に7位が決定してしまった町田の対戦はチーム状況が反映された展開となった。
 
 前からプレスをかけるsunkisstは前半1分ゴール前の混戦を押し込んだ13番中村悦選手の得点で先制したsunkisstが活気のある戦いぶりで前半の主導権を握る。7分にもラッキーなオウンゴールで追加点を奪うと、17分にも5番西口選手のスライディングファー詰めで3-0として前半を折り返す。

 町田は得意の形のボール回しからサイド突破を図る等、攻撃の組み立てはできており、カウンターからのチャンスもある。しかしチャンスを決めきれず、またもや徐々にsunkisstのペースへと変わっていく。後半9分にも9番中村久選手の追加点で点差を広げたsukkistが危なげない展開で勝ち点3を加え、2位を確保。関東参入戦へと出場する事となった。町田は試合の組み立てには意思統一が感じられ、見ていても面白いフットサルを展開するが、勝ち点を重ねる事ができず、1部入替戦へ回る事となった。

Resized20131223Tokyo10091.jpg

Resized20131223Tokyo10003.jpg

Resized20131223Tokyo10123.jpg

Resized20131223Tokyo10017.jpg

Resized20131223Tokyo10107.jpg

Resized20131223Tokyo10052.jpg

Resized20131223Tokyo10133.jpg
13/12/23
第4回関東女子フットサルリーグ最終節Forest ANNEX vs Bardral浦安Las Bonitas


Forest ANNEX 2-2 Bardral浦安Las Bonitas

得点者:3分7番高橋選手(浦安)、23分7番高橋選手(浦安)、29分10番新沼選手(ANNEX)、37分6番宇津木選手(ANNEX)

 前節で浦安が優勝を決め、順位の変動は無いが、地元東京都府中市に近い小金井市での開催とあり、ANNEXには多くの応援が会場に詰め掛け、ANNEXは意地を見せたい所。

 試合は前半3分に7番高橋選手のゴールで先制を奪った浦安だったが、ANNEXも持ち前の堅守速攻を見せ、チャンスを作り出す。浦安はピヴォにボールが入るものの、その後のアクションが少なく、珍しくシュート数の少ない展開となった。

 後半3分にも浦安7番高橋選手がゴールを決め、2-0とされたANNEXだったが、ここから反撃開始。後半9分に10番新沼選手の関東初ゴールで1点を返すと、17分に経験豊富な6番宇津木選手のゴールで同点に追いついた。勝ち越しまではできなかったが、持ち味を生かした浦安とANNEXの対戦は上位2チームのレベルの高い試合を見せてくれた。

Resized20131223kanto1277.jpg

Resized20131223kanto1267.jpg

Resized20131223kanto0878.jpg

Resized20131223kanto0992.jpg

Resized20131223kanto0921.jpg

Resized20131223kanto1119.jpg

Resized20131223kanto0784.jpg

Resized20131223kanto1075.jpg

Resized20131223kanto1017.jpg

Resized20131223kanto0886.jpg

Resized20131223kanto0882.jpg





13/12/23
第4回関東女子フットサルリーグ最終節ceu paleta A&S vs Aventura川口

ceu paleta A&S 0-6 Aventura川口

得点者:6分13番小美野選手(Aventura)、7分13番小美野選手(Aventura)、19分9番佐藤選手(Aventura)、25分21番多田選手(Aventura)、34分11番青山選手(Aventura)、37分3番廣田選手(Aventura)

 引き分け以上で残留が決まるAventuraに対してceu paletaは勝利しないと入替戦に回る事となってしまう、言わば裏天王山。前半6分、7分にAventuraは13番小美野選手の連続得点で試合を優位に進めると、積極的にシュートまで持ち込み、試合は完全にAventuraペーストなった。更に前半19分にも9番佐藤選手が追加点を奪い、3-0。Aventuraは良い雰囲気でハーフタイムを迎えた。

 後半に入ってもAventuraの優勢は変わらず、ceu paletaはカウンターをしかけ、相手陣内に入るとチョンドンでゴールを狙うが、集中した守備でAventuraは対応。逆に後半5分に21番多田選手がゴールを奪い、4-0とリードを広げる。更に後半14分にも運動量豊富な11番青山選手のゴールが生まれ、5-0。最後は17分にも3番廣田選手のゴールで締めくくり、6-0でタイムアップ。Aventura川口は6位を確保し、苦しかったシーズンだったが、何とか関東残留を果たし。ceu paletaは7位となり、関東リーグ入替戦に回る事となった。

Resized20131223kanto1249.jpg


Resized20131223kanto1243.jpg

Resized20131223kanto0421.jpg

Resized20131223kanto0396.jpg

Resized20131223kanto0531.jpg

Resized20131223kanto0405.jpg

Resized20131223kanto0646.jpg

Resized20131223kanto0475.jpg

Resized20131223kanto0473.jpg

Resized20131223kanto0528.jpg

Resized20131223kanto0617.jpg



13/12/23
第4回関東女子フットサルリーグ最終節SAICOLO vs FFC Estrela NOVO川口

SAICOLO 4-0 FFC Estrela NOVO川口

得点者:1分8番高橋選手(SAICOLO)、15分19番佐藤選手(SAICOLO)、29分9番安選手(SAICOLO)、40分13番遠原選手(SAICOLO)


 勝利すれば3位の可能性を僅かに残すEstrelaだったが、その望みを砕くかのように試合直後に得点を奪ったのはSAICOLO。得点王を狙う8番高橋選手が幸先良くゴールを決めて、SAICOLOが先制。その後も試合を優位に進めるSAICOLOが前半15分にも好調を持続する19番佐藤選手の得点で2点差と点差を広げる。

 後半に入っても主導権を握り続けるSAICOLOは後半9分にも9番安選手がゴールを決め、完全に試合を支配したSAICOLOに対してEstrelaは素早いパス回しからサイドでドリブル突破を仕掛けるが、SAICOLOは冷静に対応。巧みなカバーリングでEstrelaの攻撃をシャットアウト。試合終了間際の40分にもSAICOLO13番遠原選手が追加点を挙げ、4-0。埼玉ダービーはSAICOLOの完勝で終わった。

Resized20131223kanto1233.jpg

Resized20131223kanto1229.jpg

Resized20131223kanto0132.jpg

Resized20131223kanto0317.jpg

Resized20131223kanto0138.jpg

Resized20131223kanto0282.jpg

Resized20131223kanto0190.jpg

Resized20131223kanto0241.jpg

Resized20131223kanto0108.jpg

13/12/22
第8回東京都女子フットサルリーグ2部第12節Jonita vs Burlesca

Jonita 1-6 Burlesca

得点者:10番堂道選手(Burlesca)、5分24宮脇選手(Jonita)、11分10番堂道選手(Burlesca)、11分9番青山選手(Burlesca)、18分17番横田選手(Burlesca)、20分17番横田選手(Burlesca)、21分17番横田選手(Burlesca

 前節の敗戦で優勝はもちろん2位の可能性が無くなってしまったJonitaは敗戦すると7位入替戦の可能性も出てくるだけに是非とも勝利を収めたい試合。相手は2位で1部との入替戦進出を狙うBurleska。

 試合開始直後の1分、10番堂道選手の鮮やかなジャンピンぐボレーで先制したBurlescaだったが、Jonitaは5分に24番宮脇選手のファー詰めで同点に追い付く。それでも試合を優勢に進めるBurlescaは11分に右コーナーキックからの流れで再び10番堂道選手が決めて勝ち越しに成功する。更に直後にも9番青山選手もゴール決めて3-1として前半を折り返した。

 後半に入ってもJonitaの攻撃が有効的に機能せず、Burlescaが前半同様主導権を握る。圧巻だったのは18分からBurleska17番横田選手が6分?9分の間に3ゴールでハットトリックを決め、Jonitaを圧倒。スコアでも内容でも圧勝したBurlescaが勝ち点3を加えて勝ち点13としてこの時点で2位へ浮上し、リーグ戦を終了した。
 

 

Resized20131223Tokyo20135.jpg

Resized20131223Tokyo20089.jpg

Resized20131223Tokyo20154.jpg

Resized20131223Tokyo20159.jpg

Resized20131223Tokyo20170.jpg

Resized20131223Tokyo20045.jpg

Resized20131223Tokyo20145.jpg

13/12/07
第11回東京都女子フットサルリーグ1部第10節the sunkisst vs TOCAR fugadoras新宿

the sunkisst 3-2 TOCAR fugadoras新宿

 2位を確保する為には落とせない試合にsunkisstは苦戦する。ペース自体はsunkisstが握るものの、集中したTOCARの守備をなかなか崩せない。10分にこぼれ球を押し込んで先制したのはTOCAR。嫌な雰囲気となったが、すぐに25番東山選手の得点で追い付き、落ち着きを取り戻すと前半終了間際にカウンターを決めて2-1とsunkisstリードでハーフタイムを迎えた。

 後半、ロングボールを中心に攻めるTOCARはカウンターを警戒し思い切った押し上げがあまり見られない。sunkisstはお手本のようなファー詰めゴールで3-1とリードを広げたが、後半5分にはロングボールから競り合いからのこぼれをTOCARに押し込まれ3-2と詰め寄られる。何か調子のおかしいように見えるsunkisstは追加点が奪えなかったが、何とかTOCARの攻撃を凌ぎ1点差のまま試合終了。今季のsunkisstらしくない試合ではあったものの勝ち点3をゲット。次節引き分け以上で2位が確保できる所まで来た。TOCARはこれで最下位が確定。敗戦だったもののsunkisstを苦しめた堅守速攻は評価できる内容だった。

201312070526.jpg

201312070620.jpg

201312070593.jpg

201312070623.jpg

201312070530.jpg

201312070586.jpg

201312070583.jpg


13/12/07
第11回東京都女子フットサルリーグ1部第10節ASV PESCADOLA町田Biralinas vs early.f.t

ASV PESCADOLA町田Biralinas 1-2 early.f.t


 引いて守るearlyに対して町田はオリジナリティのあるボール回しでゴールを狙う。特に14番守田選手サイドでボールを持った場合には縦のスペースを空けて勝負させるというチームの意図が見える。カウンターを狙いたいearlyは守備に回る機会が多く、前線でのボールが収まらず攻めてを見いだせないでいた。しかし町田もここぞという場面でパスミスもあり、得点を奪えず、前半は0-0とスコアレスで終わった。

 試合は何か落ち着かない展開となり、有効的な攻撃を見せられない両チーム。試合は淡々と進むが、その中でearlyはプレス回避も含めてGKからのスローが多くなってくる。しかしそのGKスローで一気に押し上げを図る事ができ、チャンスを作り出して行く。すると後半10分GKスローを競り合った後のこぼれ球を2番諳本選手が押し込み先制点を奪う。しかし14分に町田は直接FKを14番守田選手が叩き込み土壇場で同点に追い付く。しかしまだ試合は終わらず、残り25秒GKスローから14番広瀬選手のバックヘッドがゴールに吸い込まれ、終了間際に勝ち越し。試合はこのまま終了となり、earlyが勝利。町田は入替戦枠となる7位が確定してしまった。

201312070418.jpg

201312070371.jpg

201312070436.jpg

201312070413.jpg

201312070406.jpg

201312070408.jpg

201312070468.jpg


13/12/07
第11回東京都女子フットサルリーグ1部第10節FUGA Ladies vs TapaZida

FUGA Ladies 4-3 TapaZida

試合開始直後に得点を奪ったのはFUGA。19番金子選手が左サイドで浮き玉を巧みにトラップし、豪快なシュートを決めてFUGAが先制。しかし序盤を優位に進めたのはTapaZida。5分に左サイドを突破してからの折り返しを10番篠木選手が決めて同点に追い付くと、更に6分には逆転ゴールが決まる。更に10分にも10番篠木選手が左サイドから中央へカットインして放った強烈なシュートが決まり3-1とリードを広げる。後手後手に回ってしまったFUGAだが、前半終了間際の15分に8番秋元選手のミドルシュートが決まり3-2とし、勢いを保ったままハーフタイムへ突入した。
 
 後半はFUGAペース。後半3分に7番横山選手が見ヂサイドを仕掛けて放ったシュートが決まり3-3の同点に追い付く。カウンター中心となり、個の能力に頼りがちとなったTapaZidaに対してポゼッションが高いFUGAが長いパスを使いサイド奥で起点を作る事でチャンスを創出。すると13分にゴール前のスペースに送ったパスに19番金子選手が反応。GKが飛び出してくる所をループ気味にボールを浮かせたシュートがゴールへと転がり、逆転に成功。前から来るTapaZidaのプレスをシンプルに回避し、試合をクローズ。FUGAが2点のビハインドから逆転勝ちを収めた。


201312070046.jpg

201312070322.jpg

201312070225.jpg

201312070285.jpg

201312070092.jpg

201312070024.jpg

201312070192.jpg

13/11/23
東京都女子エントランスリーグ第7節A

P.F.I 1-2 passo a passo

passoはシーズン途中での補強もあり、戦力充実だが、この日は初勝ち点を狙うP.F.Iに苦戦。しかしP.F.Iを1点に抑え、何とか勝利で逃げ切り、勝ち点10で3位を確定。P.F.Iは惜しくも勝ち点を逃し、今シーズンは全敗で勝ち点を奪う事が出来なかった。



フォルトゥーナ 0-3 VESPA FUTSAL HACHOJI

VESPAはチャンスを確実に決め、試合を優位に進める。フォルトゥーナはポゼッションは高いものの、VESPAの集中した守備に阻まれ、得点を奪う事ができず、3-0のスコアでVESPAが勝利。VESPAは重複チームを抑えて優勝が決定。プレーオフで2部昇格を狙う。

201311230770.jpg

201311230752.jpg

201311230738.jpg

201311230750.jpg

201311230796.jpg



府中アスレティックFCアスピランチ 1-0 TOCAR fugadoras新宿cantera

 府中は勝てば上位プレーオフ進出を決める事ができる最終節でTOCAR canteraを完封で抑え、虎の子の1店を守り抜き、2位が確定。上位プレーオフでVEEXと対戦が決定。TOCAR canteraは前節まで首位に立っていたが、最終節で3チームにかわされ、4位でフィニッシュとなった。

201311230830.jpg

201311230867.jpg

201311230862.jpg

201311230857.jpg

201311230876.jpg


panna_bn.jpg

Desporteサイドバナー.jpg

PANNAロゴ(バナー用).jpg

credit-school_bannerl.jpg

234_60banner.gif

pivo39.jpg