関東女子フットサルリーグ参入戦の最近のブログ記事

16/02/21
【試合レポート】SuperSports XEBIO第7回関東女子フットサルリーグ参入戦VEEX TOKYO Ladies vs FUGADORすみだレディース

VEEX TOKYO Ladies 5-1 FUGADORすみだレディース

<得点者>
1分 7番横山選手(FUGADOR)
3分 10番吉林選手(VEES)
17分 5番伊藤選手(VEEX)
18分 15番小出選手(VEEX)
29分 10番吉林選手(VEEX)
29分 5番伊藤選手(VEEX)

 1/30(日)に行われた関東女子フットサル参入戦で、1回戦、準決勝を勝ち抜いたVEEX、FUGADORは共に今季東京都リーグという同じ舞台で戦ったチーム。今季の対戦成績は1勝1敗1分。全日本女子フットサル選手権都大会で2-0でVEEXが勝利し、リーグ戦で0-0の後、4-3のスコアでFUGADORが勝利している。勝利した方が参入戦優勝となり、負けると入替戦に回る。負けた場合には2時間後に20分ハーフで峰と戦わなくてはならない事もあり、是が非でもこの試合で決めたい所。VEEXを応援するサポーターは今日も健在。しかしFUGADORも他のカテゴリーの選手も集結し、VEEXに負けない応援を見せる。
 
 両チーム気合いの入る中で行われたキックオフ直後の開始17秒、FUGADORが幸先よく先制する。7番横山選手が右サイドを縦に突破し、DF引き連れながらも角度のない所からニアにシュートを決めてFUGADORが先手を取る。先制点を奪われたVEEXだったが、立て直しを図るべく前からプレスをかける。徐々にボールポゼッションを高めたVEEXは前半3分吉林選手が第2PK付近でボールを奪うとそのまま左足ミドルを叩き込みVEEXが同点に追いつく。FUGADORはセットによってパス回しの仕方を変えているようにも見えるが、VEEXは高いラインを維持し、プレスをかけ続け、FUGADORは攻撃の組み立てに苦心しているようにも見える。やや押され気味のFUGADORだったが、シュートを積極的に狙うVEEXに対してGK12番杉山選手を中心に集中した守備で凌ぎ続ける。FUGADORも時折、カウンターを中心にゴール前まで攻め込むが、VEEXのGK1番森選手が立ちはだかり、シュートがバーに当たる場面もあったが得点を奪えず、前半は1-1のスコアで折り返す事となった。
 
 後半に入ってもプレスを続けるVEEXは後半2分に直接FKを得ると、サインプレイから5番伊藤選手がゴールを奪い、VEEXが勝ち越しに成功する。更に3分にも左サイドで粘ってキープした10番吉林選手が折り返したボールを15番小出選手が合わせて3-1とリードを広げる。この時間、FUGADORが前への意識が強すぎたか、守備が混乱しているようにも見えた。反撃の為に切り替えたFUGADORは攻撃に転じるが、これにVEEXも受けて立ち、激しい試合展開に観客席からもどよめきや歓声が沸き起こる。スコアは動かないまま試合は残り4分を切る。するとFUGADORは7番横山選手をGKにしてパワープレーを開始。VEEXもFUGADORのパワープレー見てタイムアウトを取り、守備を確認、徹底する。VEEXはFUGADORのパワープレーに我慢の守備を見せると、逆に後半14分10番吉林選手が追加点を奪い、直後にも5番伊藤選手がダメ押しとなる5点目を決める。参入戦決勝戦はVEEXが5-1と完勝。VEEXは念願の関東昇格を勝ち得た。敗れたFUGADORは関東昇格最後のチャンスを賭けて入替戦に回る事となった。
 

kanto_promotion0032.jpg

kanto_promotion0024.jpg

kanto_promotion0537.jpg

kanto_promotion0063.jpg

kanto_promotion0912.jpg

kanto_promotion0257.jpg

kanto_promotion0560.jpg

kanto_promotion0492.jpg

kanto_promotion0891.jpg

kanto_promotion1101.jpg

 

16/01/30
【試合レポート】SuperSports XEBIO第7回関東女子フットサルリーグ参入戦準決勝FUGADORすみだレディース vs Aventura Kawaguchi

<準決勝>

FUGADORすみだレディース 8-2 Aventura Kawaguchi

<得点者>
2分 22番日景選手(Aventura)
3分 7番横山選手(FUGADOR)
5分 21番勝俣選手(FUGADOR)
6分 19番金子選手(FUGADOR)
15分 7番横山選手(FUGADOR)
16分 19番金子選手(FUGADOR)
16分 19番金子選手(FUGADOR)
20分 15番西岡選手(FUGADOR)
24分 7番横山選手(FUGADOR)
29分 14番河村選手(FUGADOR)

 お互いに慎重に迎えるであろう立ち上がりだったが、前半2点、Aventuraが先制点を奪う。GKのロングスローから前線で収めた14番河村選手からの折り返しをダイレクトで22番日景選手がインステップで蹴りこみ、1-0とする。しかしこの得点でエンジンがかかったのはFUGADORだった。この後3分間の間に7番横山選手、21番勝俣選手、19番金子選手で3連続ゴールを奪い、一気に2点のリードを付ける。一旦タイムアウトを取り、落ち着いたAventuraだったが、前半15分に7番横山選手の追加点で4-1とし、3点差をつけて前半を終える。

 反撃に出たいAventuraに対してカウンターを浴びせたのはFUGADOR19番金子選手だった。ゴール前のこぼれを蹴りこみ5-1とする。FUGADORの勢いは留まらず更に3点を追加。8-1とリードされたところでAventuraは残り6分から11番青山明選手をGKにしてパワープレーを実行。少しじつチャンスが見えた所で逆にFUGADORもパワープレーを敢行するという珍しい光景に。後半14分Aventuraは14番河村選手の意地のゴールで1点を返すが、8-2でタイムアップ。Aventuraの関東復帰の夢を粉砕したFUGADORが参入戦決勝戦へコマを進めた。

7thkanto_challenge323.jpg

7thkanto_challenge314.jpg

7thkanto_challenge434.jpg

7thkanto_challenge719.jpg

7thkanto_challenge494.jpg

7thkanto_challenge788.jpg

7thkanto_challenge410.jpg

7thkanto_challenge764.jpg

7thkanto_challenge550.jpg

 

 

 

16/01/30
【試合レポート】Super Sports XEBIO第7回関東女子フットサルリーグ参入戦準決勝Brave vs VEEX TOKYO Ladies

<準決勝>

Brave 0-6 VEEX TOKYO Ladies

<得点者>
9分 15番小出選手(VEEX)
12分 5番伊藤選手(VEEX)
12分 7番服部選手(VEEX)
19分 12番岡林選手(VEEX)
20分 7番服部選手(VEEX)
30分 5番伊藤選手(VEEX)

 試合序盤より攻勢に出たのはVEEX。ボールポゼッションを高めてピヴォを使って前線に基点を創り、攻撃の押し上げを図る。Braveはボールを奪うと一気にカウンターを狙うが、カウンターにかける人数が少なく、素早いVEEXの守備の戻りになかなかチャンスまで持ち込めない。先制点は前半9分、VEEXの司令塔15番小出選手が奪う。前半12分には5番伊藤選手、7番服部選手の連続得点で3-0としてハーフタイムを迎える。

 後半に入っても主導権を握ったVEEXは後半4分に好調の12番岡林選手がゴールを奪い、10分にも7番服部選手がこの日2点目となるゴールで追加点。Braveは前からプレスをかける時間帯もあったが、VEEXもこれに対応し得点は許さない。試合終了間際にも5番伊藤選手のゴールを追加したVEEXは6-0と完勝。2/21(日)の参入戦決勝へ進出を決めた。敢えて言うならば、関東”復帰”まであと1勝となった。

7thkanto_challenge018.jpg

7thkanto_challenge009.jpg

7thkanto_challenge120.jpg

7thkanto_challenge045.jpg

7thkanto_challenge123.jpg

7thkanto_challenge060.jpg

7thkanto_challenge131.jpg

7thkanto_challenge275.jpg

7thkanto_challenge205.jpg

 

 

 

16/01/30
【試合レポート】SuperSports XEBIO第7回関東女子フットサルリーグYSCCコスモス vs Aventura Kawaguchi

<1回戦>

YSCCコスモス(神奈川県) 0-7 Aventura Kawaguchi(埼玉県)

<得点者>
4分 19番青山葵選手(Aventura)
6分 21番多田選手(Aventura)
16分 14番河村選手(Aventura)
17分 22番日景選手(Aventura)
23分 17番木村選手(Aventura)
29分 22番日景選手(Aventura)
30分 55番高柴選手(Aventura)

 神奈川県リーグ初優勝を果たし、勢いのあるYSCCの相手は昨年関東リーグから降格し1年での復帰を目指すAventura。序盤球際厳しく諦めずに足を伸ばしてくるYSCCの守備にAventuraが苦戦。しかし前半4分19番青山葵選手のミドルシュートが決まりAventuraが先制する。この得点で硬さが取れたか徐々にYSCCの戦い方に順応。前半6分にも21番多田選手がゴール前のこぼれ球を押し込み追加点を奪う。YSCCもボールを奪って一気にカウンターをしかけるが、Aventuraも素早い撤退で対応し得点を許さない。

 後半に入り、1分に14番河村選手のゴールが生まれ3-0とリードを広げるAventura。シュートを打てる場面でパスを選択してしまうなど、積極性に欠ける場面も見られるAventuraだったが、この後も4得点を追加。YSCCもドリブル突破でシュートまで持ち込む場面を見せるが、ゴールを奪う事はできずタイムアップ。シュート17本で7得点を奪ったAventuraが快勝で準決勝進出を果たした。

7thkanto_challenge1295.jpg

7thkanto_challenge1286.jpg

7thkanto_challenge1489.jpg

7thkanto_challenge1338.jpg

7thkanto_challenge1495.jpg

7thkanto_challenge1325.jpg

7thkanto_challenge1468.jpg

7thkanto_challenge1393.jpg

7thkanto_challenge1403.jpg

 

 

 

16/01/30
【試合レポート】第7回関東女子フットサルリーグ参入戦1回戦FUGADORすみだレディース vs DELMIGLIORE/CLOUD 群馬PORCO

<1回戦>

FUGADORすみだレディース(東京都1位) 6-0 DELMIGLIORE/CLOUD 群馬PORCO(群馬県)

<得点者>
8分 19番金子選手(FUGADOR)
9分 16番金谷選手(FUGADOR)
13分 9番足利選手(FUGADOR)
19分 21番勝俣選手(FUGADOR)
24分 15番西岡選手(FUGADOR)
28分 19番金子選手(FUGADOR)

 今季東京都初優勝で参入戦に挑むFUGADORと結成3年目でこちらも初参入戦のPORCO。序盤からボールポゼッションを高めるFUGADORは前半8分金子選手の先制ゴールが生まれ、欲しかった先制点を奪うと更に9分にも16番金谷選手がゴールを奪いリードを広げる。前半13分にも9番足利選手のゴールも飛び出し3-0とFUGADORがリードして前半を折り返した。

 後半、反撃を試みるPORCOは引いた守備から一気にカウンターをしかけ、FUGADORゴールに迫るがなかなかシュートまで持ち込めない。後半6分には21番勝俣選手がゴールを決めるとそこから3連続ゴールを見せたFUGADOR。PORCOも21番茂木選手をGKにしてパワープレーを行うが、得点を奪えず、終わってみれば6-0。試合を通じてPORCOのシュートは2本とスコア以上の優勢を見せたFUGADORが6-0と完勝した。

7thkanto_challenge738.jpg

7thkanto_challenge729.jpg

7thkanto_challenge839.jpg

7thkanto_challenge1095.jpg

7thkanto_challenge968.jpg

7thkanto_challenge1194.jpg

7thkanto_challenge986.jpg

7thkanto_challenge1207.jpg

7thkanto_challenge972.jpg

 

 

 

16/01/30
【試合レポート】SuperSports XEBIO第7回関東女子フットサルリーグ参入戦宇都宮チェルトFC vs VEEX TOKYO Ladies

<1回戦>

宇都宮チェルトFC(栃木県) 1-12 VEEX TOKYO Ladies(東京都2位)

<得点者>
2分 10番吉林選手(VEEX)
3分 10番吉林選手(VEEX)
5分 オウンゴール(VEEX)
8分 17番渡部選手(VEEX)
8分 19番中山選手(VEEX)
10分 14番青山選手(VEEX)
11分 14番青山選手(VEEX)
11分 11番多々良選手(VEEX)
19分 17番渡部選手(VEEX)
23分 11番多々良選手(VEEX)
24分 8番須佐美選手(VEEX)
26分 7番服部選手(VEEX)
27分 15番小峰選手(チェルト)

 4年ぶりの参入戦進出のチェルトに対するのは初参入戦のVEEX。序盤エース10番吉林選手のゴールで幕を開けるとVEEXが怒涛のゴールラッシュ。3分に10番吉林選手が追加点を奪うとオウンゴールを含み、前半だけで一気に8点を奪取。3セットを作りながらもクオリティを維持してチェルトを圧倒する。後半に入っても攻撃の手を緩めないVEEXは4点を追加。チェルトも後半13分に15番小峰選手が意地の1点を返すが、このまま試合終了。8選手が得点を奪う、充実の戦力を見せたVEEXが12-1で快勝し、準決勝進出を決めた。

7thkanto_challenge359.jpg

7thkanto_challenge364.jpg

7thkanto_challenge575.jpg

7thkanto_challenge412.jpg

7thkanto_challenge610.jpg

7thkanto_challenge459.jpg

7thkanto_challenge671.jpg

7thkanto_challenge400.jpg

7thkanto_challenge667.jpg

 

 

 

16/01/30
【試合レポート】SuperSports XEBIO第7回関東女子フットサルリーグ参入戦1回戦FC LEONE vs Brave

<1回戦>

FC LEONE(茨城県) 1-11 Brave(千葉県)

<得点者>
4分 7番伊藤選手(Brave)
5分 オウンゴール(Brave)
6分 6番松本舞選手(Brave)
8分 23番松本直選手(Brave)
14分 6番松本舞選手(Brave)
20分 7番佐藤選手(LEONE)
22分 6番松本舞選手(Brave)
23分 7番伊藤選手(Brave)
24分 9番奈須選手(Brave)

25分 27番鴇田選手(Brave)
29分 17番奥山選手(Brave)
30分 7番伊藤選手(Brave)

 茨城県リーグ覇者のFC LEONEと千葉県リーグ参入1年目で優勝を果たしたBraveの対決。ボールポゼッションの高いBraveは有効的な縦パスを使い、一気に押し上げ、時にドリブルで一気にディフェンスを交わしシュートまで持ち込む。前半4分Brave7番伊藤選手がゴールを奪うとここからBraveの5連続ゴールで前半だけで5点リードを付けるが、前半の内にLEONEも7番佐藤選手のゴールで1点を返し5-1とBaveリードで前半を折り返す。

 反撃を試みるBraveだったが、Braveが主導権を握り続け、更に追加点を奪う。後半2分にBrave6番松本舞選手この日ハットトリックとなるゴールを決めると7番伊藤選手もハットトリックを決め、終わってみれば12-1とBraveが大勝し、準決勝へ駒を進めた。

7thkanto_challenge011.jpg

7thkanto_challenge015.jpg

7thkanto_challenge044.jpg

7thkanto_challenge240.jpg

7thkanto_challenge154.jpg

7thkanto_challenge245.jpg

7thkanto_challenge110.jpg

7thkanto_challenge238.jpg

7thkanto_challenge256.jpg

 

 

 

15/02/01
【試合レポート】関東女子フットサルリーグ参入戦VERFADA FUTSAL ladies vs the sunkisst

VERFADA FUTSAL ladies 1-5 the sunkisst

得点者:4分15番片山選手(sunkisst),17分5番西口選手(sunkisst),18分9番中村公選手(sunkisst),21分27番志村選手(sunkisst),27分7番戸塚選手(sunkisst),28分16番儘田選手(VERFADA)

 

  Naporeon時代から3回目の挑戦となるVERFADAは茨城県代表チームの辞退により、この日1試合目となる。一方sunkisstは2試合目となり、VERFADAはsunkisstの試合を偵察した上で臨めるアドバンテージを生かせるか。

 試合はVERFADAキャプテンの22番田多羅選手が右サイドで積極的に仕掛けてシュートを放つ。自陣に押し込まれる時間帯もあったが、前半4分、序盤VERFADA優勢の状況の中、sunkisst15番片山選手が鋭いトゥーキックをゴールへ叩き込み、sunkisstが先制点を奪う。しかしVERFADAも14番笠原選手、16番儘田選手が前線で体を張り、ボールキープし、4番大石選手が攻撃に絡む事で徐々に攻撃が活性化する。対するVERFADAも10分にビッグチャンスを迎えるが、sunkisst1番栗原選手の連続セーブでピンチを防ぐ。ポゼッションはsunkisstながらVERFADAも効果的に攻撃を仕掛け、お互いの持ち味を活かす拮抗した前半となった。

 後半、sunkisstは一気に攻撃のギアをあげてVERFADAに襲い掛かる。後半2分、ゴール前で得た間接FKを5番西口選手が決めて追加点を奪うと、続く3分にも右サイド25番東山選手のシュートパスを9番中村公選手が頭で合わせて3-0と突き放す。更に6分にも27番志村選手が左サイドのキックインからゴール前に入れたボールを合わせて一気に点差を広げる。完全にペースを掴んだsunkisstは12分にも左サイド25番東山選手からの折り返しを7番戸塚選手がゴール前気迫のスライディングシュートを決めて5-0と大量リードを奪う。sunkissstは3rdセットを投入する余裕を見せながらも、VERFADAの反撃を1点に抑え、5-1と完勝。入替戦への出場権を獲得した。

20150201kantochallenge0324.jpg

20150201kantochallenge0307.jpg

20150201kantochallenge1572.jpg

20150201kantochallenge1317.jpg

20150201kantochallenge1416.jpg

20150201kantochallenge1453.jpg

20150201kantochallenge1543.jpg

20150201kantochallenge1427.jpg

20150201kantochallenge1575.jpg

20150201kantochallenge0379.jpg

 

15/02/01
【試合レポート】関東女子フットサルリーグ参入戦Amaralo/峰FC vs CANA CRAVO FC

Amaralo/峰FC 2-1 CANA CRAVO FC

得点者:12分5番永井選手(峰),20分6番向井選手(CANACRAVO),26分5番永井選手(峰)

 

 勝利すれば入替戦進出決定となる両チーム。先取点を許したくない事もあり、攻撃は慎重になっている様子が伺える。峰はCANA CRAVO得意のドリブルに対してスペースを埋める為、やや引き気味に守備ラインを引いてコンパクトに守り、フィクソやGKがカバーリングを行う事でピンチを防ぐ。CANA CRAVOはベンチからパスして抜ける事と抜ける際の緩急についての指示が飛ぶ。膠着状態に先にタイムアウトを取ったのはCANA CRAVO。6分に細かく指示を行い、攻撃の活性化を図る。その後少しラインを上げてきた峰に対してCANA CRAVOが決定機を迎えるが、GK15番山下選手の驚異的な反応で阻止。続くピンチにもディフェンスがカバーし、2回の決定機を必死に防いだ峰。そして前半12分、ピンチの後に峰に巡ってきた数少ないチャンスを得る。直接FKを獲得した峰は5番永井選手の糸を引くような低い弾道のシュートがゴールに吸い込まれ、押され気味だった峰が先制点を奪う。CANA CRAVOは壁と敵の影響でややブラインドになったかGKが反応できなかった。反撃を試みるCANA CRAVOの得意の右サイドを抑えるべく縦のコースを消される事が多く、左足に持ち直し、弱くなった横パスを峰が狙う事でCANA CRAVOの良い部分を消していった。

 1-0峰のリードで迎えた後半もチャンスを伺うCANA CRAVOに対して老獪な守備で網にかける峰。CANA CRAVOもセット替えに拘らずこまめに交代を行い、攻撃の糸口を見出そうとする。峰はカウンターから追加点を狙いたい所だったが、CANA CRAVOの切り替えも早く、峰のメンバーが少ない事もあり、単発の攻撃となってしまっていた。膠着状態を打ち破ったのは後半10分、CANA CRAVO6番向井選手がペナルティエリアやや外側左サイドからのカットインでディフェンスをかわし、シュートを放つとこれがファーサイドに決まり、同点に追い付く。しかし直後の11分、相手陣内で奪ったボールを素早く展開。ファーサイドで待つ5番永井選手がインサイドで狙ったシュートがGKの脇をすり抜けゴール。峰はすぐに2-1として、再びCANA CRAVOを突き放す。諦めずに攻めるCANA CRAVOだったが、リスクを避け、時間を有効に使った峰がこのまま逃げ切り、タイムアップ。健闘したCANA CRAVOだったが、経験に勝る峰が粘り勝ちし、入替戦への進出を決めた。

20150201kantochallenge0267.jpg

20150201kantochallenge0257.jpg

20150201kantochallenge0740.jpg

20150201kantochallenge0976.jpg

20150201kantochallenge0881.jpg

20150201kantochallenge1046.jpg

20150201kantochallenge1038.jpg

20150201kantochallenge0812.jpg

20150201kantochallenge1086.jpg

20150201kantochallenge1174.jpg

 

15/02/01
【試合レポート】関東女子フットサルリーグ参入戦the sunkisst vs diez

the sunkisst(東京都) 4-2 diez(山梨県)

得点者:4分25番東山選手(sunkisst),8分3番西林選手(diez),11分6番八幡選手(diez),13分オウンゴール(sunkisst),16分13番中村悦選手(sunkisst),25分9番中村公選手(sunkisst)

 

 2回目の参入戦チャレンジとなるsunkisst、昨年は東京都2位としての参戦だったが、神奈川県のShoot anillaにPK戦の末に敗れ涙を飲んだ。今季は激戦区東京都で優勝し昨年の雪辱を果たしたい所。挑むのは今までの参入戦に参加していなかった地元山梨県からdiezが参戦。

 前半4分にsunkisstが左サイドからの5番西口選手の折り返しを25番東山選手が合わせてゴールを奪い、幸先良いスタートを取ったsunkisstだったが、個の能力を生かした攻撃を見せるdiezが体を張ってボールを積極的に奪いカウンターをしかける。すると8分に3番西林選手が中盤を一気にドリブル突破して放った右足シュートがニアを抜いてゴールネットを揺らし同点に追いつく。更に11分6番八幡選手が第2PK付近でロングボールを走りながら膝でトラップ。寄せてきたディフェンスをかわしてシュート。1度は防がれたものの、こぼれたボールを再び6番八幡選手が押し込みdiezが逆転に成功する。厳しい寄せに対してsunkisstも守備ラインを上げてプレッシャーをかける。徐々にリズムを掴んだsunkisstは前半13分左サイドをえぐってゴール前へシュート性のパスを入れるとdiezのオウンゴールを誘い、同点に追いつく。更に13分にも左サイド15番片山選手の折り返しを13番中村悦選手が頭で合わせてsunkisstが逆転に成功する。

 後半もがっぷり四つの試合展開を見せるゲームはお互いに引き気味に守備ラインを引いた為、じっくりとボールを回す展開。後半8分、ゴール前で間接FKのピンチを防いだsunkisstは10分に9番中村公選手がミドルシュートを叩き込み2点差をつける。diezは前半に得点を奪った3番西林選手、6番八幡選手のカウンターを中心に攻め込むが、疲れが出て来たか、徐々に攻撃も停滞。セーフティーに戦ったsunkisstがこのまま逃げ切り4-2で勝利。diezも健闘を見せたが、sunkisstが次の戦いに駒を進めた。

20150201kantochallenge0194.jpg

20150201kantochallenge0186.jpg

20150201kantochallenge0471.jpg

20150201kantochallenge0532.jpg

20150201kantochallenge2841.jpg

20150201kantochallenge0570.jpg

20150201kantochallenge2927.jpg

20150201kantochallenge0590.jpg

20150201kantochallenge2934.jpg