トリムカップ全国女子選抜フットサル大会の最近のブログ記事

18/03/19
【総括】日本トリムPresents第10回全国女子選抜フットサル大会

 

trim2018_ceremony0065.jpg

 

 第10回記念大会として開催されたトリムカップは兵庫県選抜が3年ぶり5回目の優勝を果たした。もちろん5回優勝は最多、これに次ぐのは東京都の2回だけに、兵庫の強さが際立つ。ただ今大会決して万全とは言えなかった。1次ラウンドでは死のグループと言われたCグループを3連勝で勝ち抜いたが、福井県、千葉県には1点差と楽な試合ではなかった。そして準決勝、決勝とPK戦での勝利。もちろん勝負強さは見せたが、押し込みながら得点が奪えないという焦れた展開となる時間が多かった。もちろん相手は兵庫対策をしている状況をこじ開ける工夫が少し足りなかったのかもしれない。ただそれだけ対策を取られるのは兵庫の強さの裏返しとも言える。今年は全日本以外の日本リーグ、地域女子CL、トリムカップはいずれも兵庫県が制した。フットサル王国兵庫を見せつける結果となった。

 福井県は初の決勝進出でPK戦までもつれ込んだが、惜しくも準優勝に終わったが、過去最高の成績を収めた。関係者は「実はこんな良い成績を残せると思っていなかった」ともらした。死のグループ、そして怪我や学業等の影響で参加できない選手も多く、高校生中心のメンバー構成だった。しかし高校生が臆する事無く、大活躍。そして大きかったのは4番市原選手の存在。決して出場時間は長くはないものの、若い選手が多い中で積極的に声をかけ、コートの中では存在感を見せた。

 3位は東京都は地元開催、優勝を宿命付けられた記念大会はPK戦で散った。3セットを使い分け、予選から圧倒する強さを見せ、兵庫県に3点ビハインドからの同点劇は応援にかけつけた観客を引き込む、大会一番の劇的な展開となった。東京都はいままで東日本大震災の影響で欠場した第3回大会以外、9度の出場で必ず3位以上の成績を残している。そして2回の優勝は兵庫県を破ってのものだが、兵庫に小村美聡がタイ移籍、産休でいない時に限られているというデータもある。兵庫を倒すにはそこに何かヒントがあるのかもしれない。

同じく3位に入ったのは埼玉県選抜。関東大会を初めて制し、3年ぶりの本大会出場で過去最高の成績を挙げた。日本リーグのサイコロを中心にEstrela、Aventuraの選手が加わり、スキルの高さが伺えた。ここ最近埼玉県の女子フットサルで今後が不安される噂を聞く事もあったが、この結果を持って女子フットサルが盛り上がるきっかけになって欲しいと感じた。

 もう一つ挙げたい事としては、若い世代の躍動を非常に感じる大会であった。まずは福井県選抜の高校生中心のメンバー構成での準優勝という結果にはじまり、各チームで若手の活躍が見えた。フットサル日本選抜ではサッカースキルの高い選手達が徐々にフットサルに慣れていく過程を垣間見え、愛媛、岡山でも10代の選手が中心選手と活躍していた。更に昨年優勝の千葉も高校生が優勝した兵庫から得点を奪うなど顕著な活躍を見せた。10代ではできる環境の中でサッカーとフットサルを両立させ、どちらか選ばなくてはならなくなった時はサッカーを選択するのは必然だろう。但し、何かの機会にまたフットサルを選んでくれるきっかけには充分なり得ると思われ、意義のある大会であると考える事ができる。

 大会のレギュレーションについては全試合20分ハーフで行った地域女子CLを見た後だけに、1次ラウンドから決勝戦までが全て15分ハーフ、そして延長戦がなくすぐにPK戦となったのは、少し残念な気がした。面白い試合はなるべく長く見たいもの。ただ準決勝2試合が同時に開催されるのではなく、1試合ずつ行われた事はとても良かったなと感じました。是非今後の大会のレギュレーション見直しに期待したい。

 今大会は日本リーグ所属の都県がいずれもベスト4に入った。今後もこの傾向は顕著になっていくと思われる。選抜大会は都道府県のフットサルの強化の度合いが色濃く反映されるはずで、リーグ戦開催を含めてどのように強化していくかが問われる。10回を数えた大会でまだ一度も本大会へ出場した事がないのは17県存在する。強化策はいろいろあるはずで、その結果が一番出やすいのがトリムカップではないかと推測。今後の各地域での工夫で強化が図られ、よりレベルの高い大会になる事を願いたい。

18/03/18
【試合レポート】日本トリムPresents第10回全国女子フットサル大会決勝兵庫県選抜 vs 福井県選抜

 

【決勝】

兵庫県選抜 2-2(PK4-3)福井県選抜

<得点者>
01:16 3番江口未珂(兵庫県)
04:05 9番北川夏奈(福井県)
05:53 14番坂田睦(兵庫県)
16:41 3番横山凛花(福井県)

 5度目の優勝を狙う兵庫に対するは、初優勝を狙う福井。奇しくも1次ラウンドで同グループとなった両チームが勝ち上がってきた。試合開始2分、素早い反応でシュートのこぼれ球を押し込んだ兵庫3番江口選手のゴールで兵庫が先制するが、前半5分には左サイドを突破した14番前田選手の突破からシュートパスを9番北川選手が合わせて同点に追い付く。しかしすぐさま兵庫は右コーナーキックからのループパスをファーサイドで14番坂田選手がボレーで合わせるビューティフルゴールで勝ち越しに成功する。ポゼッションは兵庫が高いものの、鋭いカウンターから少ないチャンスを活かそうとする福井の攻防は兵庫1点リードで後半に突入する。後半2分、福井はカウンターから19番山川選手→10番池内選手とつないで最後は3番横山凛選手といずれも高校生が絡んだゴールで同点に追い付く。その後も完全な兵庫ペースながら、集中して守る福井の守備を崩す事ができず、あっという間に30分ハーフのゲームが終了し、タイムアップ。大会規定に基づき、延長戦は行われず、すぐにPK戦に突入する。先攻の兵庫が4人連続で決めるが、福井が4人目がゴールを外して万事休す。10回目となる記念大会は兵庫が3年ぶり5回目の優勝を果たした!

trim2018_final0058.jpg

trim2018_final0040.jpg

trim2018_final0309.jpg

trim2018_final0094.jpg

trim2018_final0407.jpg

trim2018_final0106.jpg

trim2018_final0437.jpg

trim2018_final0145.jpg

trim2018_final0531.jpg

trim2018_final0526.jpg

trim2018_final0559.jpg

18/03/18
【試合レポート】日本トリムPresents第10回全国女子選抜フットサル大会準決勝埼玉県選抜 vs 福井県選抜

 

【準決勝】

埼玉県選抜 1-5 福井県選抜

<得点者>
00:09 19番山川里佳子(福井県)
02:08 10番池内天紀(福井県)
02:34 9番北川夏奈(福井県)
13:23 2番横山夢花(福井県)
16:57 10番池内天紀(福井県)
27:50 11番吉川紗代(埼玉県)

 準決勝もう一つのカードは埼玉vs福井。こちらも試合開始早々に試合が動く。開始9秒、右コーナーキックからの戻しからのシュートパスをファーサイドで福井19番山川選手が合わせて福井が先制。更に3分にもカウンターから左サイドの折り返しに10番池内選手が合わせて2点差とする。試合の流れを変えようとするにタイムアウトを取って多々直しを図りたい埼玉だったが、直後に福井14番前田選手の右サイドの突破から9番北川選手がゴール前で合わせて追加点を奪う。少しずつ福井の速さに慣れてきた埼玉だが、チャンスを作れず、前半の内にパワープレーを敢行。しかし14分に、福井4番横山夢選手のパワープレー返しが決まり4-0とした。後半に入り、先にゴールを奪ったのはまたもや福井。後半2分、左からの折り返しを10番池内選手がキッチリ合わせて5点差とする。何とか1点をと時折パワープレーも駆使して攻撃を仕掛ける埼玉は後半12分、埼玉11番吉川選手が1点を返すが、追加点を奪えずタイムアップ。福井が初の決勝進出を果たした。

trim2018_semifinal20042.jpg

trim2018_semifinal20034.jpg

trim2018_semifinal20114.jpg

trim2018_semifinal20215.jpg

trim2018_semifinal20143.jpg

trim2018_semifinal20502.jpg

trim2018_semifinal20163.jpg

trim2018_semifinal20299.jpg

trim2018_semifinal20381.jpg

18/03/18
【試合レポート】日本トリムPresents第10回全国女子選抜フットサル大会準決勝東京都選抜 vs 兵庫県選抜

 

【準決勝】

兵庫県選抜 3-3(PK3-1) 東京都選抜

<得点者>
01:36 10番網城安奈(兵庫県)
02:09 3番江口未珂(兵庫県)
07:20 11番宮田亜里紗(兵庫県)
26:09 14番藤田美桜(東京都)
28:45 6番勝俣里穂(東京都)
29:37 6番勝俣里穂(東京都)

 幾度となく名勝負を重ねてきた兵庫と東京の対決は序盤にスコアが動く。前半2分に敵陣でのボール奪取からのショートカウンターで10番網城選手のゴールが決まり、兵庫が先制。更に3分にも中央でボールを受けた3番江口選手の得点で2-0と更にリードを広げる。8分にも11番宮田選手のゴールで前半の内に兵庫が3点リード。東京はカウンターから持ち上がるが、なかなかチャンスまで持ち込む事ができず、前半は兵庫ペースのままハーフタイムを迎えた。後半に入り、一転して互角の展開が続く。ただやはり3点のビハインドは多いのか、兵庫は自信を持ってプレーができている様子。この日あまりラインを高くしていなかった東京が中盤以降、ボールへのプレスを強めてきた。すると後半11分、14番藤田選手が伸ばした足にクリアボールが当たり、そのままゴールに吸い込まれた。そして東京はパワープレーで一気に追い上げを図る。後半14分に東京6番勝俣選手のゴールが決まると、残り23秒にも角度のない所からファーサイド下へシュートを決め、土壇場で同点に追い付いた。

大会規定で延長戦はなく、そのままPK戦へ。2人目がGKに止められた東京に対して兵庫は確実に3人が決めゲームセット。後半一気にヒートアップした試合を制した兵庫県が決勝へコマを進めた。

trim2018_semifinal10071.jpg

trim2018_semifinal10036.jpg

trim2018_semifinal10075.jpg

trim2018_semifinal10124.jpg

trim2018_semifinal10301.jpg

trim2018_semifinal10178.jpg

trim2018_semifinal10614.jpg

trim2018_semifinal10673.jpg

trim2018_semifinal10390.jpg

18/03/17
【試合レポート】日本トリムPresents第10回全国女子選抜フットサル大会1次ラウンドCグループ

 

【Cグループ】

 死のグループと目されたCグループは地域CLで決勝を争ったarco-iris、SWHLの主力が揃った兵庫県が貫禄の首位通過。初戦の日本選抜戦で格の違いを見せた圧勝を皮切りに3連勝で文句なしの成績だった。2位は2勝1敗で福井県が入り、得失点差でワイルドカードを獲得。高校生中心とも言える若いチームは兵庫県との戦いでも自信に満ちたプレーを見せた。3位は日本選抜。初戦は兵庫県に圧倒されたが、昨年優勝の千葉県を撃破。ワイルドカードの可能性もあったが、同じ年代の福井県に敗れたのは悔しい結果となった。しかし短期間での成長は目を見張るものがあった。4位は残念ながら昨年優勝の千葉県。出鼻をくじかれた感はあったが、3戦目には兵庫県相手に健闘。若い選手を積む事ができた。

 

千葉県選抜 0-3 福井県選抜

<得点者>

14:17 9番北川夏奈(福井県)
17:46 14番前田海羽(福井県)
27:50 19番山川里佳子(福井県)

trim2018_c0477.jpg

trim2018_c0124.jpg

trim2018_c0679.jpg

trim2018_c0266.jpg

trim2018_c0507.jpg

 

兵庫県選抜 7-0 フットサル日本女子選抜

<得点者>
00:34 6番小村美聡(兵庫県)
04:16 3番江口未珂(兵庫県)
08:51 10番網城安奈(兵庫県)
09:39 18番加藤正美(兵庫県)
13:39 10番網城安奈(兵庫県)
19:54 18番加藤正美(兵庫県)
23:17 3番江口未珂(兵庫県)

trim2018_c0845.jpg

trim2018_c0363.jpg

trim2018_c0784.jpg

trim2018_c0322.jpg

trim2018_c0870.jpg

 

千葉県選抜 0-3 フットサル日本女子選抜

<得点者>
04:49 オウンゴール(日本選抜)
08:47 6番山本莉沙(日本選抜)
17:17 7番沖野るせり(日本選抜)

trim2018_c1193.jpg

trim2018_c1529.jpg

trim2018_c1227.jpg

trim2018_c1470.jpg

trim2018_c1139.jpg

 

福井県選抜 1-2 兵庫県選抜

<得点者>
06:13 3番江口未珂(兵庫県)
11:50 10番池内天紀(福井県)
23:25 19番若林エリ(兵庫県)

trim2018_c1325.jpg

trim2018_c2427.jpg

trim2018_c1291.jpg

trim2018_c2412.jpg

trim2018_c1300.jpg

 

千葉県選抜 2-3 兵庫県選抜

<得点者>
07:31 7番江川涼(千葉県)
11:38 17番藤田靖香(兵庫県)
13:35 19番若林エリ(’兵庫県)
22:24 17番藤田靖香(兵庫県)
23:50 5番松尾菜月(千葉県)

trim2018_c1902.jpg

trim2018_c2334.jpg

trim2018_c1908.jpg

trim2018_c2299.jpg

trim2018_c1980.jpg

 

福井県選抜 1-3 フットサル日本女子選抜

<得点者>
06:50 19番山川里佳子(福井県)
14:59 10番池内天紀(福井県)
20:16 18番北嶋笑(福井県)
22:31 5番宮本麻衣(日本選抜)

trim2018_c1713.jpg

trim2018_c2164.jpg

trim2018_c1724.jpg

trim2018_c2103.jpg

trim2018_c1690.jpg

18/03/17
【試合レポート】日本トリムPresents第10回全国女子選抜フットサル大会1次ラウンドBグループ

 

【Bグループ】

 競った試合の多かったBグループは埼玉が2勝1分で首位通過し、決勝ラウンド進出を決めた。4-0と3-1の攻撃システムを使い分け、セットプレーも豊富で、一味違う熟成されたチームだった。その埼玉に引き分け、2位となったのは愛媛。地域女子CLで活躍したカレビッチを中心として4-0の攻撃システムは迫力があり、それだけに2戦目の敗戦が悔やまれる。3位とあった岡山は、最終戦までワイルドカードの可能性を残していたが、鹿児島に敗戦を喫し、万事休す。大事な場面での失点で接戦をものにする事ができなかった。鹿児島は埼玉に大敗したものの、最終戦で躍動。徐々に攻撃力を活かした”らしさ”が見られ、価値ある勝ち点3を獲得した。

 

埼玉県選抜 3-1 岡山県選抜

<得点者>
07:41 5番清原祐子(岡山県)
14:57 14番初見尚美(埼玉県)
16:12 10番堀田えり子(埼玉県)
29:45 11番吉川紗代(埼玉県)

trim2018_b0423.jpg

trim2018_b0184.jpg

trim2018_b0447.jpg

trim2018_b0545.jpg

trim2018_b0479.jpg

 

愛媛県選抜 2-1 鹿児島県選抜

<得点者>
13:54 10番中村美紀(愛媛県)
25:26 8番本田紗希(愛媛県)
29:50 19番鈴有紗(鹿児島県)

trim2018_b0120.jpg

trim2018_b0230.jpg

trim2018_b0644.jpg

trim2018_b0634.jpg

trim2018_b0080.jpg

 

埼玉県選抜 7-0 鹿児島県選抜

<得点者>
04:57 13番青山明日香(埼玉県)
06:19 5番坂本枚侑美(埼玉県)
11:17 4番河村瑞紀(埼玉県)
12:08 14番初見尚美(埼玉県)
17:06 2番小島英里奈(埼玉県)
21:33 5番坂本枚侑美(埼玉県)
28:59 21番庄子彩(埼玉県)

trim2018_b1194.jpg

trim2018_b0910.jpg

trim2018_b1230.jpg

trim2018_b0975.jpg

trim2018_b1176.jpg

 

岡山県選抜 1-0 愛媛県選抜

<得点者>
28:27 5番清原祐子(岡山県)

trim2018_b0798.jpg

trim2018_b0994.jpg

trim2018_b0813.jpg

trim2018_b1104.jpg

trim2018_b0852.jpg

 

埼玉県選抜 2-2 愛媛県選抜

<得点者>
07:31 6番前川千尋(愛媛県)
12:33 14番初見尚美(埼玉県)
19:46 9番仲地比奈子(愛媛県)
21:38 9番安奈希沙(埼玉県)

trim2018_b1604.jpg

trim2018_b1521.jpg

trim2018_b1575.jpg

trim2018_b1823.jpg

trim2018_b1560.jpg

 

岡山県選抜 1-3 鹿児島県選抜

<得点者>
04:16 5番清原祐子(岡山県)
12:05 10番児島希里子(鹿児島県)
26:49 16番野下早苗(鹿児島県)
29:41 4番東谷彩香(鹿児島県)

trim2018_b1851.jpg

trim2018_b1414.jpg

trim2018_b1392.jpg

trim2018_b1347.jpg

trim2018_b1854.jpg

18/03/17
【試合レポート】日本トリムPresents第10回全国女子選抜フットサル大会1次ラウンドAグループ

 

 Aグループの2戦を終えた時点で東京都が2連勝で早々と準決勝進出を決めた。フウガドール、VEEX、府中の選手を中心として3セットを組み、更にGKも前後半で交代。選手層の厚さが伺える。2位は初戦で敗戦を喫したものの徐々に調子を上げた北海道。イルネーヴェの選手を中心に若手主体のチームは2勝を挙げ、ワイルドカードまであと一歩だった。3位の静岡県は5年ぶりの準決勝進出を狙ったが、1勝2敗で1次ランド敗退。4位青森県選抜は能力が高い選手が揃っていたが、カウンターでの失点が重なり、最下位に沈んだ。

 

東京都選抜 5-1 北海道選抜

<得点者>
02:32 オウンゴール(北海道)
06:11 11番北隅春菜(東京都)
08:11 6番勝俣里穂(東京都)
18:15 14番藤田美桜(東京都)
24:12 10番伊藤華恵(東京都)
26:43 16番金子由香里(東京都)

trim2018_a0543.jpg

trim2018_a0371.jpg

trim2018_a0340.jpg

trim2018_a0638.jpg

trim2018_a0514.jpg

 

青森県選抜 0-2 静岡県選抜

<得点者>
05:26 9番寛野未恵(静岡県)
11:59 9番寛野未恵(静岡県)

trim2018_a0456.jpg

trim2018_a0202.jpg

trim2018_a0436.jpg

trim2018_a0167.jpg

trim2018_a0329.jpg

 

 

東京都選抜 1-4 静岡県選抜

<得点者>
04:29 10番伊藤華恵(東京都)
05:08 9番寛野未恵(静岡県)
16:27 15番伊藤果穂(東京都)
25:39 7番竹村純子(東京都)
27:27 7番竹村純子(東京都)

trim2018_a0965.jpg

trim2018_a0970.jpg

trim2018_a1012.jpg

trim2018_a1835.jpg

trim2018_a1027.jpg

 

北海道選抜 5-1 青森県選抜

<得点者>
01:11 17番佐野川祐理(北海道)
17:26 9番米永吏来(北海道)
19:44 16番岩崎真美(北海道)
24:58 2番平栗詩乃(青森県)
25:50 9番米永吏来(北海道)
26:17 9番米永吏来(北海道)

trim2018_a0797.jpg

trim2018_a0928.jpg

trim2018_a0881.jpg

trim2018_a1924.jpg

trim2018_a0904.jpg

 

東京都選抜 2-1 青森県選抜

<得点者>
16:24 7番小山内あかり(青森県)
16:50 15番伊藤果穂(東京都)
24:39 9番足利千春(東京都)

trim2018_a1632.jpg

trim2018_a1555.jpg

trim2018_a1686.jpg

trim2018_a1534.jpg

trim2018_a1669.jpg

 

北海道選抜 5-3 静岡県選抜

<得点者>
04:23 3番千葉愛(北海道)
06:46 16番岩崎真美(北海道)
07:09 16番竹本凪沙(静岡県)
10:17 10番高橋李奈(北海道)
14:11 10番高橋李奈(北海道)
22:33 3番千葉愛(北海道)
25:58 17番西ヶ谷千乃(静岡県)
29:49 9番寛野未恵(静岡県)

trim2018_a1454.jpg

trim2018_a1743.jpg

trim2018_a1330.jpg

trim2018_a1777.jpg

trim2018_a1309.jpg

17/12/24
【試合レポート】日本トリムpresents第10回全国女子選抜フットサル大会関西大会A

 

【関西大会A】

  兵庫県 和歌山県 京都府


兵庫県女子選抜 -
6-0
中止 3 1 0 0 6 1
和歌山県女子選抜 X
0-6
- 中止 0 0 0 0 -6 2
京都府女子選抜 中止 中止 - 0 0 0 0 0 0

 

3チームでの総当たりリーグが行われる予定だったものの、京都府選抜の試合が中止に。伝え聞く限りでは選抜チームの規定を厳格に適用したとの事だが、その為に1試合しか行われない事となった。試合は和歌山県を大差で下した兵庫県が決定戦へ進出する事となった。

 

兵庫県女子選抜 6-0 和歌山県女子選抜

<得点者>
00:47 3番江口未珂(兵庫県)
05:21 6番小村美聡(兵庫県)
08:05 18番加藤正美(兵庫県)
14:04 3番江口未珂(兵庫県)
16:33 9番関灘美那子(兵庫県)
20:28 オウンゴール(兵庫県)

trim2018kansai_a0001.jpg

trim2018kansai_a0002.jpg

trim2018kansai_a0017.jpg

trim2018kansai_a0010.jpg

trim2018kansai_a0022.jpg

trim2018kansai_a0028.jpg

trim2018kansai_a0030.jpg

trim2018kansai_a0023.jpg

trim2018kansai_a0007.jpg

17/03/26
【試合レポート】トリムカップ2017第9回全国女子選抜フットサル大会決勝フットサル日本女子選抜vs千葉県女子選抜

【決勝】

フットサル日本女子選抜 1-3 千葉県女子選抜

<得点者>
5分 7番江川選手(千葉県)
5分 11番池田選手(千葉県)
19分 3番窪田選手(日本選抜)
29分 14番笠井選手(千葉県)

 共に決勝進出は初、どちらが勝利しても初優勝。若さそのままに勢い付く日本選抜は積極的に前からプレスをかけ、ベンチからもしっかりとボールに寄せるように指示が出る。しかし先制点を奪ったのは千葉県。前半5分左コーナーキックからの戻しのボールに7番江川選手が左足一閃。糸を引くようなシュートがゴールを捉え、1-0と千葉県がリードする。更に直後にも日本選抜のコーナーキックのボールをカットすると一気にカウンター発動。16番元寺選手のパスを11番池田選手がゴールまで合わせ、連続得点で2点リードを広げる。勢いを削がれた日本選抜だったが、徐々に積極性を取り戻したものの、ゴールは奪えずハーフタイムを迎えた。

 ハーフタイムの指示で落ち着きを取り戻したか日本選抜は息を吹き返す。ドリブルを積極的に使い、個の力で打開を図る。すると後半4分、右サイドのワンツーで抜け出し、3番窪田選手がゴールを奪い1点を返す。この得点で一気にペースを引き寄せた日本選抜がこの後、惜しいチャンスを次々と作り出すがここで千葉県が守備で踏ん張りを見せ、ピンチを防ぐと後半14分に14番笠井選手がゴール前のこぼれ球を押し込み貴重な追加点を奪う。残り時間必死に攻撃する日本選抜だったが、ゴールを奪えずタイムアップ。3-1で千葉県が勝利し、トリムカップ初優勝を果たした。

trim2017__19593.jpg

trim2017__19582.jpg

trim2017__19891.jpg

trim2017__19620.jpg

trim2017__19860.jpg

trim2017__19683.jpg

trim2017__19903.jpg

trim2017__19757.jpg

trim2017__18619.jpg

trim2017__19746.jpg

trim2017__18667.jpg

 

千葉県女子選抜茨木監督インタビュー

trim2017__19680.jpg

 - 優勝おめでとうございます。
茨木監督:ありがとうございます

 - 大会全体を振り返って下さい。
茨木監督:予選グループでは力の拮抗した4チームだと思っていたので3連勝も3連敗もあり得ると思っていました。福井県との対戦は引き分けでも良いという事は選手に伝えていました。勝ち点7あればワイルドカードの可能性は高いので、それでダメなら仕方ないと。準決勝で東京都で勝てたのも厳しい予選グループを勝ち抜いたという自信が付いたからではないかと思っています。そう思うと振り返るとやはり初戦がポイントだったのかもしれません。

 - 関東大会では4-0、3-1という明確な使い分けがあったように感じていました。関東大会から少しずつチームが出来上がってきたのかなと感じました。
茨木監督:システムに関してはターゲットになれる選手がコートにいる場合は3-1に、そうでない時は4-0でと考えていました。ただ選抜チームで練習時間も限られているので定位置攻撃までしっかりと落とし込み出来る訳ではありません。その為攻撃では相手の嫌な所に飛び込みなさい、守備では嫌な所を一つずつ消しなさいという事を話していました。

 - 優勝チームには毎回聞いているのですが、来年は追われる立場になります。来年に向けての意気込みを聞かせて下さい。
茨木監督:まずは全国への出場権を得る事が絶対条件になると思います。関東大会決勝で東京都には大敗していましたが、我慢してでも全員を起用しました。スコアは想定内とし、この差を埋めないと全国では通用しない事を選手に伝えていました。なのでこの大会はいつもチャレンジャーだと考えていました。追われる立場とは言え、また新しいチームになると思うのでこのチャレンジャーの気持ちを忘れずに取り組んでいきたいと思います。

17/03/26
【試合レポート】トリムカップ2017第9回全国女子選抜フットサル大会準決勝東京都女子選抜vs千葉県女子選抜

【準決勝】

東京都女子選抜 0-2 千葉県女子選抜

<得点者>
23分 6番田中選手(千葉県)
28分 7番江川選手(千葉県)

 関東大会決勝では7-1と東京都が快勝したが、既に全国出場が決定している状況での対戦という事もあり参考にならない。試合は序盤から積極的にプレスをかけてボールポゼッションを高める東京都が優勢に試合を進める。なかなかペースを掴めない千葉県は3-1の形でシンプルにボールを前に運び、攻撃を組み立てる。東京都もポゼッションは高くゴール前での混戦という場面はあるものの、なかなか決定機を作れずスコアは動かない。千葉は経験豊富な浦安の選手に加えて若い選手も積極的に起用した事も効果的でセオリー通り来ないプレーぶりが良いアクセントとなっていた。

 スコアが動かないまま迎えた後半も東京都が優勢に見えるが要所を抑える千葉県に攻めあぐね、ボールを持たされている感もあった。すると後半8分、コーナーキックからの戻しのパスを6番田中選手がダイレクトでミドルシュート。これがGKの手をはじきゴールへ吸い込まれ千葉県が先制点を奪う。リードを許した東京都はなかなか得点が奪えない事で6番勝俣選手をGKにしてパワープレーを開始。しかし後半13分に自陣でボールをカットした7番江川選手が無人のゴールへパワープレー返しのロングシュート。これが枠を捉えて2-0と2点のリードを奪う。試合はこのまま終了し、千葉県選抜は昨年女王の東京都を破り初の決勝進出を決めた。

trim2017__19215.jpg

trim2017__19206.jpg

trim2017__18422.jpg

trim2017__19398.jpg

trim2017__18430.jpg

trim2017__19273.jpg

trim2017__18437.jpg

trim2017__19446.jpg

trim2017__19472.jpg