フットサル日本女子代表の最近のブログ記事

16/12/28
【活動レポート】フットサル日本女子代表候補トレーニングキャンプ(2)

 12/21(水)から23(祝金)にて2回目のフットサル日本女子代表候補トレーニングキャンプが神奈川県内の体育館で行われた。2日目午前中のトレーニングの前に名古屋で行われていたフットサル日本代表候補の帰りからスーツ姿のブルーノ監督が顔を出た。挨拶の際にはフットサル日本代表加藤竜馬選手の妹の加藤正美選手(arco-iris KOBE)を見て「リュウマ、リュウマ」といじる場面もあり、練習もそのまま和やかな雰囲気で開始された。

 フィールドプレーヤーに先んじてトレーニングを始めたGK陣は村山GKコーチの下、風船、ビーチボール、テニスボール等を駆使し、視野で得た情報を瞬時に体で反応できると共に、セーブの基本姿勢をみっちりとトレーニング。フィールドプレーヤーは3人の関係からのパスワークからの前進パターンをDF無しで反復。その後は2対1+戻りDFを反復するトレーニングを短い距離、そして長い距離で行い、グループ戦術の理解度とフィジカル面の確認を行っているようであった。

 午後のGKのトレーニングはロングキックから始まり、その後はより基本に立ち返り、クロスポジションの確認やシュートストップ中心にトレーニングを実施。フィールドプレーヤーはGKと合流し、セットプレーを確認。次にトランジションが必要となる形式の紅白戦を行い、最後はPKで締めくくった。注目は今回の最年少山川選手(福井丸岡RUCK)。弱冠14歳ながら臆することなく、堂々とプレーする姿は代表チームの中でも遜色ないものだった。

 この後全国レベルの大会は地域女子チャンピオンズリーグ(2月)、そしてトリムカップ全国女子選抜フットサル大会(3月)が開催され、選手のコンディションチェックが行われ、更に新たな選手がピックアップされる可能性もある。正式に発表された来年8月のAFC女子フットサル選手権、9月のアジアインドアゲームズに向けて”なでしこ5”は熟成されていく。

japan2016tr2_0871.jpg

japan2016tr2_0027.jpg

japan2016tr2_0032.jpg

japan2016tr2_0064.jpg

japan2016tr2_0121.jpg

japan2016tr2_0007.jpg

japan2016tr2_0047.jpg

japan2016tr2_0221.jpg

japan2016tr2_0460.jpg

japan2016tr2_0279.jpg

japan2016tr2_0420.jpg

japan2016tr2_0540.jpg

japan2016tr2_0723.jpg

japan2016tr2_0507.jpg

japan2016tr2_0183.jpg

japan2016tr2_1247.jpg

japan2016tr2_0524.jpg

japan2016tr2_0211.jpg

japan2016tr2_0204.jpg

japan2016tr2_0518.jpg

japan2016tr2_0369.jpg

japan2016tr2_0411.jpg

japan2016tr2_0791.jpg

フットサル日本女子代表トレーニングキャンプ(1)

16/12/22
【メンバー発表】フットサル日本女子代表トレーニングキャンプ(12/21 - 23@神奈川)メンバー

 ワールドトーナメントが中止となった事で行われる事となったフットサル日本女子代表トレーニングキャンプは2回目を開催。第1回に引き続き選ばれたメンバー13名、そして新たに招集されたメンバー5名が12/21(水)から23(金)の日程で神奈川県の箱根アリーナに集められる事となった。18名のメンバーは以下の通り。

 

監督:伊藤 雅範 イトウ マサノリ(タイケン国際学園日本ウェルネス高等学校信州筑北キャンパス)
 
コーチ:福角 有紘 フクズミ アリヒロ(多摩大)
 
GKコーチ:村山 竜三 ムラヤマ リュウゾウ(デウソン神戸)
 
<選手>
GK
山本 彩加 ヤマモト アヤカ(SWHレディースフットサルクラブ)
 
杉山 藍子 スギヤマ アイコ(フウガドールすみだレディース)
 
松尾 栄里子 マツオ エリコ(TapaZida)
 
FP
櫻田 未来 サクラダ ミク(レオグラスタ)
 
 夏場のケガで調子を落としていたが、見事に復調。昨年に引き続き代表メンバー入りを果たす。過去になでしこリーグ新潟アルビレックスレディースで活躍したオールラウンドプレーヤー。素早い動きと細かなタッチで一瞬のスピードで相手をかわす力を持っている。
13thalljapan_1_1822.jpg
 
市原 伶香 イチハラ レイカ(Futsal Clube UNIAO Ladies )
 
藤田 靖香 フジタ ヤスカ(arco-iris KOBE)
 
関灘 美那子 セキナダ ミナコ(arco-iris KOBE)
 
坂田 睦 サカタ ムツミ(SWHレディースフットサルクラブ)
 
加藤 正美 カトウ マサミ(arco-iris KOBE)
 
竹村 純子 タケムラ ジュンコ(フウガドールすみだレディース)
 
 第3回アジアインドアゲームズの時に高校生で初選出。その後ブランクがありながらも代表へ招集されているゲームメーカー。変幻自在なボールさばきは和製ボラの異名を取る。代表定着を虎視眈々と狙っている。
7thkanto_12th0816.jpg
 
田中 千尋 タナカ チヒロ(バルドラール浦安ラス・ボニータス)
 
勝俣 里穂 カツマタ リホ(フウガドールすみだレディース)
 
吉林 千景 キチバヤシ チカゲ(VEEX TOKYO Ladies)
 
 ここ数年常に代表に選ばれ続けていた日本のエース。右利きながら左に持ち出しての左足シュートでチームはもちろん、代表でもゴールを重ねてきた。中心選手としてはもちろん、リーダーシップも期待される。
7thkanto_13th0293.jpg
 
江川 涼 エガワ リョウ(バルドラール浦安ラス・ボニータス)
 
北川 夏奈 キタガワ カナ(福井丸岡RUCK)
 
田中 悠香 タナカ ハルカ(福井丸岡RUCK)
 
 花の1998年度組で3人目に代表に名乗りを上げたのは福井丸岡の絶対的フィクソ。後ろでのボールさばきはもちろん、ここぞという時の前への推進力は大きな武器。
wfleague4th0330.jpg
 
高尾 茜利 タカオ アカリ(福井丸岡RUCK)
 
山川 里佳子 ヤマカワ リカコ(福井丸岡RUCK)
 
 昨年トリムカップで結成されたフットサル日本女子選抜にも召集されたスーパー中学生が代表の仲間入り。決して体は大きくないが、ピヴォの位置で体を張ってからの両足から繰り出される反転シュートは大人顔負け。
wfleague2016_3rd0632.jpg
 
16/12/10
【インタビュー】フットサル日本女子代表候補トレーニングキャンプインタビュー

【伊藤監督インタビュー】

japan2016tr1_0339.jpg

 - この今回の代表候補トレーニングキャンプの目標としている事を教えて下さい。

伊藤監督:2017年に行われる第2回AFC女子フットサル選手権の優勝です。

 - 今日(2日目)の練習は激しい守備や運動量を求められているように感じました。攻守の戦術コンセプト等の構想はどのようになりますか?

伊藤監督:既に選手にも伝えましたが、基本的にはピヴォを置いて攻撃をしていくという事とディフェンスに関しては40分間ボールを奪う為に - 可能な限り激しくプレスをしましょうと伝えました。

 - 3-1のシステムは固定ピヴォが中心となりますか?

伊藤監督:特段こだわっていないです。選手の特徴を見て固定した方が良ければそうしますし、流動的にやった方が良ければそれに変更します。状況によっては2枚ピヴォを置くという事もあるかもしれません。戦術もそうですが、まだ選手をセレクトしているという面もあります。自分がやりたい戦術というのはなく、あくまでも選手達の力を引き出す事を考えているので、まだ戦術を固定するという事はありません。

 - 今後また代表活動が行われると思いますが、今回招集した選手の特徴や傾向があれば教えて下さい。

伊藤監督:まずは各所属チームで結果を残している、各チームが高いレベルにあるという選手です。強化は日々各チームで行うものであり、私は見て良い選手を集めるという役割なので各チームでの結果が必要だと思っています。

 - 1日目にトレーニングマッチが行われたとお聞きしました。率直な感想はいかがでしたか?

伊藤監督:最初に言った事は代表なので勝負にこだわる事が重要だという事。選手を育てる場所ではないので勝つ事をしっかりとできるグループにしたいので、結果としては5-1でしたが、内容は競った試合でした。それでも勝利できたので非常に良かったと思っています。勝ちたいという気持ちの部分が相手を上回った結果だと思っています。

 - 今後のトレーニングの方向性を教えて下さい。

伊藤監督:初日にはまず今の女子フットサルの課題を伝え、そのテーマを持続しながら1日目のトレーニングマッチで出た問題点を今日の午前中と午後で修正して、こんなチームになると良いなという事で最後はゲーム中心にして終わりたいかなと思っています。

 - ずばり女子フットサルの課題とは

伊藤監督:1対1、10mオーバーのロングシュート、ゴール前の決定力、ロングカウンターその4つは大きな課題ではないかと考えています。

 

キャプテン関灘選手インタビュー】

japan2016tr1_0404.jpg

 - 新監督になって初めての代表活動です。これまでの印象はいかがですか?

関灘選手:率直な感想としては結構ハードワークが必要な練習で体力的に厳しいなと感じています。

 - それでも所属チームと同じ感じでできるのではという感じもしますが

関灘選手:そうですね、所属チームもそうですが、初めて会ったメンバーもいるのでなかなか合わない部分もあり、修正しながらだからかもしれません。その分しっかりコミュニケーションを取りながらやっていきたいなと思っています。

 - 伊藤監督の感想を聞かせて下さい。

関灘選手:思ったより気さくでした(笑)

 

【キャプテン堀田選手インタビュー】

japan2016tr1_0381.jpg

 - これまでのトレーニングでの率直な感想を教えて下さい。

堀田選手:今回初召集の選手もいますが、とても雰囲気が良く、良い緊張感でトレーニングできているかなと感じています。

 - 新監督になりましたが、変化についてどのように感じていますか?

堀田選手:まだ細かくはやっていませんが、ピヴォを置いた形という事と攻撃的なディフェンスをする事、1対1は攻守においてしっかりやる事がチームの為になる事かなと感じています。

- 昨日早速トレーニングマッチを行ったと聞きました。雰囲気はいかがでしたか?

堀田選手:練習からも雰囲気が良く、勝ちにこだわろうと言っていた中で結果も出たので自信につながっているのかなと思っています。

※インタビューは2日目AMトレーニング終了後
※今回はWキャプテン制

代表候補トレーニングキャンプレポート(1)

16/12/09
【活動レポート】フットサル日本女子代表候補トレーニングキャンプ(1)

 12/7(水)から9(金)、神奈川県内の体育館でフットサル日本女子代表候補のトレーニングキャンプが行われた。毎年開催されていたワールドトーナメントが中止となったが、伊藤新監督の下で国内トレーニングキャンプが開催される事となり、代表候補18名が招集された。1日目には早速トレーニングマッチが行われ、選手の実戦での状況を確認しようとしているようだ。2日目にはトレーニングマッチの課題を再確認していた。午前中は3対3や4対4を実施。3人の関係で攻撃においては幅、奥行き、裏を狙う動きなどを徹底させた。午後には1対1から再度3対3を行い、プレー強度を落とさない為か、あまりフリーズなどは行わず、プレーを止めずに指示を出すシンクロコーチングが行われていた。練習内容は非常にフィジカル的に厳しいもので、多少コンディションに差がある事を伺わせる場面もあった。伊藤監督が常に伝えていたのは、攻撃面では体の向き、サイドで高い位置で良い形でボールを持った時にエリアに入る事、守備面では間合いについての指示が目立った。新体制での一歩目となったトレーニングキャンプの雰囲気は悪くなく、選手間はもちろん、スタッフとも多くコミュニケーションが多く取られているように感じた。

監督、キャプテンインタビュー

japan2016tr1_0492.jpg

japan2016tr1_0916.jpg

japan2016tr1_0271.jpg

japan2016tr1_0631.jpg

japan2016tr1_1030.jpg

japan2016tr1_0234.jpg

japan2016tr1_1750.jpg

japan2016tr1_0656.jpg

japan2016tr1_0838.jpg

japan2016tr1_0560.jpg

japan2016tr1_1802.jpg

japan2016tr1_2493.jpg

japan2016tr1_0542.jpg

japan2016tr1_0608.jpg

japan2016tr1_1170.jpg

japan2016tr1_0794.jpg

japan2016tr1_0698.jpg

japan2016tr1_0784.jpg

japan2016tr1_0639.jpg

japan2016tr1_0462.jpg

japan2016tr1_2116.jpg

japan2016tr1_2038.jpg

16/12/02
【メンバー発表】フットサル日本女子代表トレーニングキャンプ(12/7 - 9@神奈川)メンバー

 例年開催されてきたワールドトーナメントは参加チームが集まらない為に中止になるという情報が入っていたが、12月にトレーニングキャンプが開催される事となった。伊藤新監督の下、福角コーチは留任、新しくGKコーチには伊藤監督の府中時代からの旧知の仲の村山コーチが選任された。選手は昨年の在原前監督時代からの選手をベースに日本女子フットサルリーグ参戦チームを中心に招集。来年のAFC女子フットサル選手権、アジアインドマーシャルアーツゲームズに向けてどのようなチーム作りがされるか興味深い。

 

監督:伊藤 雅範 イトウ マサノリ(学校法人タイケン国際学園日本ウェルネス高等学校信州筑北キャンパス)
 
 現役時代は府中、FIREFOX、デウソン神戸でプレーし、その後府中、そして大分で監督を務めた。監督時代は運動量等フィジカル面を強調していた印象があるが、女子ではどのようなチーム作りをするか興味深い。
nadeshiko5_2016tr12658.jpg
 
コーチ:福角 有紘 フクズミ アリヒロ(多摩大学)
 
 在原前監督時代よりコーチを務め、引き続きコーチに就任。参謀役として伊藤新監督を補佐する。
nadeshiko5_2016tr12661.jpg
 
GKコーチ:村山 竜三 ムラヤマ リュウゾウ(デウソン神戸)
 
 現役Fリーガーが代表チームスタッフに入閣するのは非常に珍しく、伊藤監督の希望でGKコーチを任されたと思われる。競争状態が続いているGKの育成に期待したい。
 
 
<選手>
GK
山本 彩加 ヤマモト アヤカ(SWHレディースフットサルクラブ;関西)
 
 2013年より代表選出され、連続で招集されている最も正GKに近い存在。長い手足を駆使したセービングと短いモーションからのスローイングで攻守両面に貢献できる。
nadeshiko5_2016tr12660.jpg
 
杉山 藍子 スギヤマ アイコ(フウガドールすみだレディース:関東)
 
 2013年に浦安在籍時に選出されて以来、今季の関東リーグでの活躍を受けてのの招集。思い切りの良い飛び出しが特徴でスローイング、キックも非凡なものを見せる。
nadeshiko5_2016tr12662.jpg
 
松尾 栄里子 マツオ エリコ(TapaZida:東京都)
 
 2009年に代表候補に選出されて以来、トリムカップでの活躍を受けての招集。派手さはないがポジショニングで勝負する安定感のある玄人好みのGK。
nadeshiko5_2016tr12664.jpg
 
FP
堀田 えり子 ホッタ エリコ(SAICOLO:関東、日本)
 
 2014年から引き続きの代表招集。バランサーとも言えるが、攻撃力にも非凡なものを見せ、両足から繰り出されるシュートは強烈。
nadeshiko5_2016tr12649.jpg
 
市原 伶香 イチハラ レイカ(Futsal Clube UNIAO Ladies:東海、日本 )
 
 今回初召集の一人。最後尾に位置するフィクソながらも積極的にミドルシュートも狙う。気持ちの入ったプレーでUNIAOを引っ張る闘将。
nadeshiko5_2016tr12655.jpg
 
藤田 靖香 フジタ ヤスカ(arco-iris KOBE:関西、日本)
 
 2015年のワールドトーナメントでは代表から外れたが、調子も戻り代表に復帰。抜群のキープ力と敵を背負ってからの反転シュートは両足共に大きな武器。
nadeshiko5_2016tr12653.jpg
 
関灘 美那子 セキナダ ミナコ(arco-iris KOBE:関西、日本)
 
 2012年に代表選出されて以来常に中心選手として代表を引っ張る快速ドリブラー。スピードは健在でトランジションの出足も秀逸。
nadeshiko5_2016tr12645.jpg
 
坂田 睦 サカタ ムツミ(SWHレディースフットサルクラブ:関西)
 
 常に代表選手に名を連ね、押しも押されぬ主力に成長した突貫小娘。小さい体ながらうまく体を使い、大きな選手に対してもひるまず勝負ができる。
nadeshiko5_2016tr12659.jpg
 
春山 愛 ハルヤマ アイ(arco-iris KOBE:関西、日本)
 
 代表復帰を果たした左足シューター。ややコンディションが整わない時期もあったが、左足の長いシュートレンジは魅力。
nadeshiko5_2016tr12657.jpg
 
加藤 正美 カトウ マサミ(arco-iris KOBE:関西、日本)
 
 兄はバルドラール浦安に在籍し、今回の初選出で兄弟揃って代表チームに名を連ねた。運動量が豊富で気持ちの入ったプレーでゴールを量産するarcoのダイナモ。
nadeshiko5_2016tr12652.jpg
 
平井 佑果 ヒライ ユウカ(arco-iris KOBE:関西、日本)
 
 成長著しいレフティーが嬉しい初召集。arco加入以来素早くチームとフットサルに順応。パス、ドリブル、シュートと何でもできるオールラウンダー。
nadeshiko5_2016tr12646.jpg
 
田中 千尋 タナカ チヒロ(バルドラール浦安ラス・ボニータス:関東、日本)
 
 意外にも代表活動への参加は初めての浦安のキャプテン。頼れるフィクソは強い気持ちと豊富な運動量で代表定着を狙う。
nadeshiko5_2016tr12648.jpg
 
緒方 友里加 オガタ ユリカ(スパポラ DFUT WINGS:東海)
 
 全国的には無名だが高いポテンシャルを秘め、サッカーのなでしこチャレンジリーグの静岡産業大学磐田ボニータに所属しキャプテンも務めた経歴もある。身長を活かしたダイナミックなプレーが持ち味。
nadeshiko5_2016tr12663.jpg
 
勝俣 里穂 カツマタ リホ(フウガドールすみだレディース:関東)
 
 2014年の代表候補以来の招集。華奢に見える体ながら一瞬のスピードで相手をかわし、素早く放つ両足のシュートが特徴。得点能力の高いフィクソ。 
nadeshiko5_2016tr12656.jpg
 
江川 涼 エガワ リョウ(バルドラール浦安ラス・ボニータス:関東、日本)
 
 2015年トレーニングメンバーに選ばれ、今季も好調をキープし浦安を引っ張るアラ。高いフィジカルと強い気持ちを持った一番の若手注目株。
nadeshiko5_2016tr12654.jpg
 
船附 ひな子 フナツキ ヒナコ(東京府中アスレティックFCプリメイラ:東京都、日本)
 
 恵まれた体格を活かし、ディフェンスを背負った際のキープ力が高い日本には珍しいタイプの大型ピヴォが日本リーグでの活躍を買われうれしい初召集。
nadeshiko5_2016tr12650.jpg
 
北川 夏奈 キタガワ カナ(福井丸岡RUCK:北信越、日本)
 
 中学生で代表初選出、初ゴールの衝撃からすっかり代表定着したピヴォ。既に世界を経験しているスーパー高校生。
nadeshiko5_2016tr12647.jpg
 
高尾 茜利 タカオ アカリ(福井丸岡RUCK:北信越、日本)
 
 小さな体ながら、圧倒的なスピードを見せつけるスピードスター。高校生ながら代表定着の感があり、中心選手への成長が期待される。
nadeshiko5_2016tr12651.jpg
 
15/11/20
【合宿レポート】フットサル日本女子代表

 第6回世界女子フットサルトーナメントに向けて大阪府内の施設でトレーニングを行っているフットサル日本女子代表は11/20(金)国内合宿3日目を迎えた。午前に攻撃戦術の確認を行い、午後は同志社大学サテライトとトレーニングマッチを実施。世界を想定し、体格でもスピードでも上回る相手に戦術を確認。最後はパワープレイも行い、得点も生まれた。また代表メンバー14名に加えて召集されたトレーニングメンバーの佐藤、江川両選手も存在感を見せ、次回正式メンバーへ召集の可能性も充分有り得るプレーを見せていた。

 この日で国内合宿は終了し、開催地グアテマラへ向かう。初戦の相手は開催地グアテマラ。日本時間の25(水)11:00キックオフの予定。現在の所、ネット放映等の情報は無いが、悲願の予選リーグ突破に向けて選手スタッフ一丸となって戦う。

nadeshiko5_6thWT_TR_749.jpg

nadeshiko5_6thWT_TR_327.jpg

nadeshiko5_6thWT_TR_299.jpg

nadeshiko5_6thWT_TR_649.jpg

nadeshiko5_6thWT_TR_770.jpg

nadeshiko5_6thWT_TR_663.jpg

nadeshiko5_6thWT_TR_795.jpg

nadeshiko5_6thWT_TR_259.jpg

nadeshiko5_6thWT_TR_247.jpg

nadeshiko5_6thWT_TR_623.jpg

nadeshiko5_6thWT_TR_686.jpg

nadeshiko5_6thWT_TR_757.jpg

nadeshiko5_6thWT_TR_010.jpg

nadeshiko5_6thWT_TR_032.jpg

nadeshiko5_6thWT_TR_078.jpg

nadeshiko5_6thWT_TR_608.jpg

nadeshiko5_6thWT_TR_843.jpg

 

<フットサル日本女子代表在原監督インタビュー>

 - 世界女子フットサルトーナメント前の国内合宿3日目となりました。AFCに向けて作ってきたチームと戦術的な変化があるのでしょうか。

在原:当然相手が”世界”となる為、ギアが一つ上がります。アジアでは求められなかった場面の比率が上がるので、いろんなシチュエーションに備えるという意味ではAFCの時とは変わってきています。

 - 具体的にはどのようなシチュエーションが増えてくると想定していますか?

在原:マークチェンジを行いながらのプレスを回避する機会が増えてきますし、相手がボールを保持する時間も当然長くなります。自分達がボールを持ちたい場面で持てない、逆に相手がボールを持ちたいけれどいかに自分たちがボールを持つ、ポゼッションを奪う為のポゼッションという事も戦略上必要となってきます。2014年から新しいチームに生まれ変わってイノベーションが起こり、メンバー間でも積み重ねができつつある中、新しい選手、コンディションの良い選手が加わっており、次のステージの準備をしているという状況です。

 - 初戦がグアテマラ、次スペイン、ロシアの順に対戦します。いろんな意味でスペイン戦がキーになるのかなと思っていますが

在原:すべての試合である意味いろんな別れ道があるかと思っています。大きいのはグアテマラとロシアという過去に勝利した相手と試合ができるという事は勝ち点6が非現実的な目標ではないという認識ができる事が大きいです。ただスペインにはインプレーで得点を奪った事はなく、今までもほとんど対抗できておらず、成長を測るという点ではポイントになるとは思います。現実的にベスト4を目指しているのでまずは初戦グアテマラ戦が大切ですし、リベンジを狙っているロシアに再度勝利できるかという点でも1、3戦目は非常に大切です。その為にも2戦目でどういう戦いができるかという点でも大事な試合になります。

 - ズバリ、予選突破の確率は!

在原:数字ですか?(はい!)50%かなぁ・・・。正直3連敗のあり得ると思いますが、2勝も充分可能性があります。直近にAFCがあった事も大きいと思います。各国の準備とは比較にならず、直前合宿も充分な期間とは言えませんが、AFCがあった事でチームとしてのベースはできているのでベスト4を宣言した状況で良い方向に進んでいければと思います。

 

<櫻田選手、藤田選手インタビュー>

 - お二方とも代表初招集となりました。初めての代表はいかがでしょう

櫻田:皆さん声をかけてくれるので早く溶け込めるよう積極的にコミュニケーションを取るようにしています。
藤田:皆さん優しくてなじみやすい雰囲気を作ってくれています。経験者が引っ張ってくれるので非常にやりやすいです。

 - 代表での戦術はかなり特殊だなという印象があります。実際にプレーしていかがですか?

櫻田:頭フル回転という感じです(笑)全部が新鮮で、所属チームは人数も少なく、人数的にもこういった練習ができないのですが、非常に楽しいです。
藤田:日本選抜(※前回トリムカップ)の時と同じメニューもありますが、一歩レベルアップしたメニューもあるので、すごく新鮮です。早くスピードに慣れたいなと思います。

 - 今日で国内合宿を終えてグアテマラでの世界女子トーナメントに挑みます。アピールポイントがあればお聞かせ下さい。

櫻田:突破力を評価していただいての召集だと思うので、チームの武器として、コマとして貢献できればなと思います。
藤田:監督からディフェンスを重視して欲しいと言われているので、練習で言われた事を実践したいと思います。

 

 

 

15/11/12
【メンバー発表】第6回世界女子フットサルトーナメントフットサル日本女子代表

 11/24(月)から中米グアテマラで開催される第6回世界女子フットサルトーナメントのスケジュールとメンバーが発表!今回初選出は2名でこの全日本に出場したレオグラスタから櫻田未来選手、府中アスレティックFC女子プリメイラより藤田実桜選手。

 櫻田選手は旧姓口木の時になでしこリーグ新潟アルビレックスレディースにも在籍。今季よりフットサル参戦1年目で代表入り。キレのあるドリブルが武器。藤田選手は高校生の時に府中アスレティックFC女子に在籍し、大学は東京国際大学へ進学しサッカー部に所属。2年間のブランクがあったが、今季サッカー部とかけもちで府中に復帰していた。

 

監督:在原 正明 アリハラ マサアキ(東急スポーツシステム?)
hyogo_TRM1551.jpg
 
コーチ:福角 有紘 フクズミ アリヒロ(多摩大学)
hyogo_TRM21135.jpg
 
GKコーチ:橋谷 英志郎 ハシヤ エイシロウ(バルドラール浦安)
hyogo_TRM21130.jpg
 
GK
1 山本 彩加 ヤマモト アヤカ(SWHレディースフットサルクラブ)
12thalljapan3_984.jpg
 
2 山下 美幸 ヤマシタ ミユキ(Amarelo/峰FC)
japan_selacaoWT_771.jpg
 
FP
3 堀田 えり子 ホッタ エリコ(SAICOLO)
japan_selacaoWT_774.jpg
 
6 東山 真依子 ヒガシヤマ マイコ(バルドラール浦安ラス・ボニータス)
12thalljapan1146.jpg
 
12 櫻田 未来 サクラダ ミク(LEOGRASTA)
12thalljapan2_164.jpg
 
10 中島 詩織 ナカジマ シオリ(ブレア・ペスカドス・ルベン/スペイン)
hyogo_TRM2711.jpg
 
4 加藤 沙織 カトウ サオリ(バルドラール浦安ラスボニータス)
12thalljapan1001.jpg
 
9 関灘 美那子 セキナダ ミナコ(arco-iris KOBE)
japan_selacaoWT_772.jpg
 
8 坂田 睦 サカタ ムツミ(SWHレディースフットサルクラブ)
12thalljapan161.jpg
 
5 網城 安奈 アミシロ アンナ(SWHレディースフットサルクラブ)
12thalljapan2_1521.jpg
 
7 吉林 千景 キチバヤシ チカゲ(VEEX TOKYO Ladies)
12thalljapan1714.jpg
14 藤田 実桜 フジタ ミオ(府中アスレティックFCプリメイラ)
japan_selacaoWT_773.jpg
 
11 北川 夏奈 キタガワ カナ(丸岡RUCKレディース)
12thalljapan2249.jpg
 
13 高尾 茜利 タカオ アカリ(丸岡RUCKレディース)
12thalljapan2_1161.jpg
 

トレーニングパートナー(直前合宿のみ)

佐藤 絵里 サトウ エリ(SWH Ladies Futsal Club)
japan_selacaoWT_002.jpg

江川 涼 エガワ リョウ(Bardral浦安Las Bonoitas)
japan_selacaoWT_001.jpg

 

 

15/09/22
【試合レポート】AFC女子フットサル選手権マレーシア2015フットサル日本女子代表vsフットサルタイ女子代表

【予選リーグ第2戦】

フットサル日本女子代表 3-2 フットサルタイ女子代表

<得点者>
6分8番坂田選手(日本)
20分7番吉林選手(日本)
31分7番吉林選手(日本)
36分失点
38分失点

 1戦目で勝利を収めたチーム同士の対戦。過去4度の対戦では4勝と分が良い日本だが、1点差勝利が2度、PK勝利1度と接戦となっている。日本の先発はGK2番山下選手、10番中島選手は同じだが、7番吉林選手、9番関灘選手、11番北川選手が名を連ねた。この日も自陣に引いてゾーンで守るタイに対して日本はボールを回し、チャンスを伺う。引いて守るタイに対して昨年度より取り組んでいる密集からワイドへという戦いではなく、後ろ3人がワイドに開いてピヴォを置いた3-1システムで攻撃を組み立てる。日本は積極的に前からマークチェンジディフェンスでプレスをかけるとこれが機能。タイはGKからでも前線へボールを入れて回避を図る。日本は前半6分、そのタイGKが前線へボールを入れ、一気に押し上げを図った所からボールを奪い、相手のフィクソに8番坂田選手が突っかける。こぼれ球をフォローした11番北川選手がGKと1対1の場面、更にスピードを上げてゴール前に走り込んできた8番坂田選手にパスして無人のゴールに流し込み、日本が先制点を奪った。タイはボールを外側で回させ、チャンスとなった時にボールホルダーに囲い込み、ボールを奪おうという意図が見れるが、ボールへの寄せが甘く、難なく浮き球等を使って回避できていた。前半はあきらかな日本ペース。ピンチらしいピンチもほぼなく、あとは追加点が欲しいという前半終了間際、ハーフライン付近からの10番中嶋選手からがディフェンスの裏に走り込んだ8番坂田選手にロビングパス。連続シュートの跳ね返りを7番吉林選手が体で押し込みゴールに入った所で前半終了のブザー。ブザービートは認められ2-0と貴重な追加点を加えて前半を終了した。前半のスタッツではボールポゼッションが日本66。6%、タイ33.3%と数字通りの日本ペースだった。

 後半前からかけてきたタイを冷静に回避すると前半同様タイはまたも自陣で引いてゾーンディフェンスを始めた。日本陣内でのキックインの時には前からかけてくる場面もあったが、この後、タイは自陣に引いて守備ラインを作った。日本はディフェンスが押し上げてきたら密集を作り、逆に引くとワイドに広がり、相手を見て戦術を使い分けていた。後半11分、タイが自陣からゲームを組み立てようとした瞬間に13番高尾選手がプレスをかけてボールがこぼれた所を10番中島選手奪い、2-1の場面を作り、13番高尾選手→走り込んできた7番吉林選手が左足トゥーキックで蹴りこみ3-0とリードを広げた。3点差とされたタイは直後のファールで5ファールを重ねてしまう。タイムアウトを取ったタイは後半12分からタイのFP3番がGKシャツを着てパワープレーを始める。タイのパワープレーは2013年のアジアインドアゲームズでも日本から得点を奪っており、日本はこのパワープレイーに苦しめられる。5角形から左右非対称の陣形を作り、縦の奥に入れて折り返しを狙う。日本も一旦タイムアウトを取り、守備を確認。この直後、タイはパワープレーを行うGKを3番から10番に変更する。すると後半16分、左サイド奥に入ったボールをタイ番がシュート。これがGKの足下を抜けて1点を奪われる。18分には日本が第2PKを得るが、これを決められず、逆に18分にタイ10番に中央からミドルシュートを決められ、3-2と追い上げられる。しかし残り時間を何とか逃げ切り3-2でゲームセット。完璧な試合運びとパワープレーに脅かされる2つの側面が見られた試合だった。

AFC2015_2_002.jpg

AFC2015_2_004.jpg

AFC2015_2_012.jpg

AFC2015_2_008.jpg

AFC2015_2_019.jpg

AFC2015_2_003.jpg

AFC2015_2_013.jpg

AFC2015_2_017.jpg

AFC2015_2_005.jpg

AFC2015_2_021.jpg

(写真:中山伊織)

 

 

 

15/09/11
【メンバー発表】AFC女子フットサル選手権フットサル日本女子代表

【スタッフ】
 
監督:在原 正明 アリハラ マサアキ(東急スポーツシステム(株))
 
スペイン留学、バルドラール浦安通訳兼アシスタントコーチ、男子のフットサル日本代表通訳兼コーチを経て2010年よりフットサル日本女子代表を率いて5年目。第1回目となるAFCの記念すべき大会の覇権を狙う。
代表salecao017.jpg
 
 
コーチ:福角 有紘 フクズミ アリヒロ(多摩大)
 
現役はMAG’S、バルドラール浦安等で活躍しフットサル日本代表候補にも選出。引退後指導者の道に進み、今年多摩大学を創部4年目で全国3位に押し上げた。2013年よりコーチに就任。
代表salecao018.jpg
 
 
コーチ:橋谷 英志郎 ハシヤ エイシロウ(バルドラール浦安)
 
バルドラール浦安でGKとして活躍。引退後指導の道に入り、ラスボニータス、セグンドとバルドラール浦安のGKコーチを務める。
代表salecao021.jpg

 

【選手】

GK
1 山本 彩加 ヤマモト アヤカ(SWHレディースフットサルクラブ:関西リーグ)
 
昨年12月、コスタリカでのワールドトーナメント、神戸での親善試合でも正GKを務め、指揮官の信頼を得た”だん”(通称)。キャッチング技術に長け、ソフトボールで鍛えた小さいモーションからのスローイングは相手の脅威となる。
代表salecao010.jpg
 
 
16 山本 彩可 ヤマモト アヤカ(LETIZIA:中国リーグ)
 
FC吉備国際大Charmeではなでしこリーグの経験がある大型GK。ロングスローと正確なキックは大きなポテンシャルを秘めており、トリムカップでも岡山県女子選抜として活躍。”じゃない方”とは言わせない。
代表salecao013.jpg
 
 
2 山下 美幸 ヤマシタ ミユキ(Amarelo/峰FC:関東リーグ)
 
神戸での親善試合にも出場した通称”ジャイ”。関東リーグ昇格に貢献し、今季未だ奮わないチームで奮闘を見せる。相手の間合いを一気に詰める強気のセービングが特徴。
代表salecao006.jpg
 
FP
3 堀田 えり子 ホッタ エリコ(SAICOLO:関東リーグ
 
なでしこリーグ、浦和レッズレディースでもプレーした通称”ほっしゃん”。昨年代表に選出されるや一気に中心選手に。足下の技術はもちろん、戦術理解度も高く、チームを引っ張る存在。
代表salecao005.jpg
 
 
6 東山 真依子 ヒガシヤマ マイコ(バルドラール浦安ラス・ボニータス関東リーグ
 
なでしこリーグアルビレックス新潟レディースでも活躍した左右どちらでも蹴れるユーティリティープレーヤー。2004年にはサッカーU-19代表にも選ばれ、現在のなでしこJAPAN宮間、川澄、岩清水等とアジアを戦った経験を持つ。
代表salecao008.jpg
 
 
10 中島 詩織 ナカジマ シオリ(ブレア・ペスカドス・ルベン/スペイン)
 
フットサル日本女子代表結成時から名を連ねる代表のアイコン。FUNレディースで全日本5連覇達成後、スペインに渡り今季で5年目。世界を知るキャプテンが日本の手綱を締める。
代表salecao003.jpg
 
 
12 藤田 靖香 フジタ ヤスカ(arco-iris KOBE:関西リーグ
 
今季怪我等でコンディションが整わない時期もあったが、順当に選出。決して体は大きくないが、体を張ったキープから反転シュートは左右共に強烈。
代表salecao012.jpg
 
 
4 加藤 沙織 カトウ サオリ(バルドラール浦安ラス・ボニータス関東リーグ
 
一昨年、一時期戦線離脱し悔しい想いをしたが、復帰後代表監督の目に留まり、いまや代表に欠かせない存在。華奢な体ながら素早いフェイントから繰り出される正確なパスとシュートが持ち味。
代表salecao007.jpg
 
 
14 関 かおり セキ カオリ(ASTRO:九州リーグ)
 
九州リーグから唯一選出は鳳凰高校出身のマエストロ。ここぞという時に見せるドリブルからのシュートが持ち味で、着実に経験を重ねる成長株。
 
代表salecao014.jpg
 
 
9 関灘 美那子 セキナダ ミナコ(arco-iris KOBE:関西リーグ
 
2011年より連続選出され、押しも押されぬ選手へと成長した右サイドを主戦場とした快速ドリブラー。中心選手としてゴール量産が期待される。
代表salecao009.jpg
 
 
8 坂田 睦 サカタ ムツミ(SWHレディースフットサルクラブ:関西リーグ
 
一時代表サポートメンバーとして離脱した期間もあったが、トレーニングを重ねていまや中心選手として八面六臂の活躍を見せる突貫小娘。小さい体ながら、ボールへ寄せるスピード、そして素早いドリブルは異次元。
代表salecao011.jpg
 
 
5 網城 安奈 アミシロ アンナ(SWHレディースフットサルクラブ:関西リーグ
 
神戸での親善試合で代表に名を連ね、今回のAFCにも連続進出。大学サッカー時代には”女メッシ”と言われたドリブラー。広い視野と独特のリズムのドリブルが武器。
代表salecao004.jpg
 
 
15 上本 唯由 ウエモト ユナ(LEOGRASTA:関西リーグ)※写真は日本選抜時
 
サッカー競技経験がなく、フットサルを初めて数年で代表へ上り詰めたシンデレラガール。貴重な左利きで小さなモーションから放たれる強烈なシュートを武器に代表へ上り詰めた。経験は少ないが、コート度胸は抜群。
代表salecao001.jpg
 
 
7 吉林 千景 キチバヤシ チカゲ(VEEX TOKYO Ladies:東京都リーグ1部)
 
今季途中より日本復帰したが、約2年間のスペインへのフットサル留学で経験、技術を磨き、押しも押されぬ日本のエースへ成長。独特のダブルタッチからは放たれる左足の強烈なシュートで日本を引っ張る。
代表salecao002.jpg
 
 
11 北川 夏奈 キタガワ カナ(丸岡RUCKレディース:東海リーグ)
 
久々に代表復帰を果たしたJFAフル代表最年少ゴール記録(14歳)を持つ大型ピヴォ。今季はシュート成功率が高く、ゴールを量産。恵まれた体格を生かして再び世界へ挑む。
代表salecao016.jpg
 
 
13 高尾 茜利 タカオ アカリ(丸岡RUCKレディース:東海リーグ
 
代表候補を経て正式に代表選出された快速ドリブラー。一時期体調と相談しながらという時期もあったが、昨年より完全復活。小さな体をうまく使い、当たり負けしないプレーは観客を驚かせる。
代表salecao015.jpg

 

 

 

15/07/19
【試合レポート】HYOGO WOMEN'S FRIENDLY MATCH2015フットサル日本女子代表vsカタルーニャ州女子選抜

フットサル日本女子代表 0-0 カタルーニャ州女子選抜

得点者:

 

 カタルーニャ州女子選抜はスペインカタルーニャ州のチームに所属する選手で構成されており、見るからに日本より一回り大型な選手が揃っている。日本の先発はGK2番山下選手、FPは4番加藤選手、6番小村選手、9番関灘選手、10番中島選手と揃えた。「密集からスペースへ」昨年のワールドトーナメントの戦術はもはや”サプライズ”ではなく、日本オリジナルの戦術になりつつある。細かなパスをつなぎ、自陣のある地域に密集してサポート、そして一気にスペースへボールを供給して攻撃を展開させる。しかしこの日カタルーニャは少し引き気味にきた。あまりボールへのプレスは厳しくなく、日本のボールポゼッションの時間が増える。セット交代する日本は交代する毎に攻撃の意図が合っていくが、逆に守備の指示が増えていく。「移動中に寄せろ!」。ボールへのプレスをより求めているように見えた。そのプレスも徐々に有効になり、ゴール前へ迫る場面も増えてくるが、あと一つゴール前で合わせる事ができず、得点を奪う事ができない。しかしカタルーニャはそんな状況でも抑える所をは抑えている感が見え、焦っているようには見えない。逆に攻撃に出る日本のパスをカットしカウンターに持ち込み、一気にゴール前に迫る場面も見える。両チームともに主導権を握るという所までは見えず、探り合いながらの前半に見えた。

 後半に入って日本は細かく交代を重ね、戦術の浸透を図っているようにも見える日本。カタルーニャは基本的に3-1のシステムからピヴォがサイドに流れて降りてくる偽ピヴォの形を見せる事もあったが、後半は個人でしかける場面が増え、その対応に追われる時間が長くなってきた日本。それでもGK2番山下選手が冷静に対応。コーチングの声も出ており、安定感が見える。日本は7番吉林選手をピヴォに張らせる場面もあり、攻撃を有機的にする為のトライも見られる。シュートがバーを叩く惜しい場面もあったが、結局両チームともに得点を奪えず0-0のスコアレスドローでタイムアップとなった。

 まだ確認、融合を図っている日本、選抜チームとしての性格上、熟成不足のカタルーニャ州選抜の戦いは局所的に駆け引きの見え、ゴールまであと一歩が合わない、そしてそれをさせないという玄人好みの展開の試合だった。

hyogo_TRM2113.jpg

hyogo_TRM2086.jpg

hyogo_TRM2221.jpg

hyogo_TRM2311.jpg

hyogo_TRM2249.jpg

hyogo_TRM2488.jpg

hyogo_TRM2451.jpg

hyogo_TRM2291.jpg

hyogo_TRM2814.jpg

hyogo_TRM2421.jpg

hyogo_TRM2317.jpg

hyogo_TRM2883.jpg

hyogo_TRM2742.jpg

hyogo_TRM2916.jpg

hyogo_TRM2865.jpg

hyogo_TRM2704.jpg

hyogo_TRM21097.jpg

hyogo_TRM21102.jpg

hyogo_TRM21083.jpg

hyogo_TRM21084.jpg