【試合レポート】GAViC presents日本女子フットサルリーグ第2節エスポラーダ北海道イルネーヴェ vs バルドラール浦安ラス・ボニータス

2018年7月 1日 12:15

 

エスポラーダ北海道イルネーヴェ 2-3 バルドラール浦安ラス・ボニータス

<得点者>
17:14 15番伊藤果穂(浦安)
19:42 15番伊藤果穂(浦安)
28:27 17番太田涼日(北海道)
37:59 10番佐野川祐里(北海道)
39:21 10番多田千優(浦安)

 浦安は第1節の記者会見での発言により、米川監督が2試合ベンチ入り停止の処分を受け、茨木コーチが監督代行として指揮を執る。今季フィジカルを改善し、球際での厳しさを掲げる北海道に対して浦安が細かくパスをつなぎ、回避を図る。この日はプレス回避にGKを使う頻度を下げ、フィールドプレーヤーで早い判断や仕掛けでトランジションへ持ち込む。引き気味だけでなく、時折プレスをかける等、北海道と共にアグレッシブな試合展開を見せる。攻撃を仕掛け合う展開から得点が生まれたのは後半17分。ハーフラインの左サイドでボールを奪った浦安15番伊藤選手持ち上がり、中央の3番森谷選手へパス。折り返しのパスを冷静にゴールを決めて浦安が先制する。更に前半終了間際の残り18秒、浦安陣内から15番伊藤選手がクリアボールを思い切りゴール方面へクリアすると前に位置していたGKを超えてゴールに吸い込まれ2-0。浦安リードでハーフタイムを迎えた。

 後半に入り、硬さの取れた感のある浦安はリズムのあるパス回しから一気にギアを上げて北海道ゴールに迫る。しかし北海道は浦安の不運なクリアを奪って17番太田選手がカウンター。GKとの1対1を冷静に左足でニアを抜くシュートを決めて1点を返す。息を吹き返した北海道は一気に攻撃のギアを上げるが、浦安も跳ね返して、逆にカウンターをしかける等、打ち合いの展開となる。すると後半18分、ゴール前の混戦から10番佐野川選手が押し込み北海道が2-2の同点に追い付く。今シーズン勝利のない浦安は嫌な予感が頭をよぎったかもしれないが、試合終了残り46秒でタイムアウトを取る。タイムアウト明けにGKを上げて攻撃の姿勢を見せる。すると開始直後のプレーから右サイドを突破した15番伊藤選手のシュートパスに反応した10番多田選手が押し込み、土壇場で浦安が勝ち越しに成功。残り時間北海道が4番白戸選手をGKにしてパワープレーをしかけるが、冷静にこれを凌いだ浦安が選手も涙を見せる今シーズン公式戦で初勝利。勝ち点3を手に入れた。

w_fleague2018_2nd_2825.jpg

w_fleague2018_2nd_2789.jpg

w_fleague2018_2nd_2994.jpg

w_fleague2018_2nd_2929.jpg

w_fleague2018_2nd_2340.jpg

w_fleague2018_2nd_2959.jpg

w_fleague2018_2nd_2183.jpg

w_fleague2018_2nd_2932.jpg

w_fleague2018_2nd_2299.jpg

w_fleague2018_2nd_3073.jpg

w_fleague2018_2nd_2394.jpg

panna_bn.jpg

Desporteサイドバナー.jpg

PANNAロゴ(バナー用).jpg

credit-school_bannerl.jpg

234_60banner.gif

pivo42.jpg