【試合後記者会見】第2節エスポラーダ北海道イルネーヴェ

2018年7月 1日 13:55

 

w_fleague2018_2nd_3297.jpg

 

【試合レポート】GAViC Presents日本女子フットサルリーグ2018第2節エスポラーダ北海道イルネーヴェ vs バルドラール浦安ラス・ボニータス

 

菅野監督:北海道としては年に1回しかないホームゲーム、去年の敗戦を踏まえて1年間でどれだけ成長できたか、サポーター、応援してくれる皆様に見せたいという気持ちで選手一同頑張ってきました。試合としてはなかなか自分達のプラン通り進める事が出来ない中、追い付きました。最後は逆転されてしまったというのは残念ですが、それまでの過程は選手が頑張ってくれたゲームだったのかなと思っています。こちらとしてはプランの練り直しだったり、変化の加えた中でしっかり勝負に勝てる、ゲームをコントロールできるという事も踏まえてトレーニングを積んでいきたいと思います。

石戸谷キャプテン:今日は函館でホームという事で遠い所から、そして市内から来てくれた方々ありがとうございました。試合前半は流れにうまくチーム自体が乗れず、失点と悪い流れになってしまったのですが、後半からしっかり切り替えて動きも良くなってきたのですが、最終的に最後の失点で負けてしまいました。全体的に悪くは無かったと思いますし、チームとしては良い方向に向かっていると私は感じているので、次に向かって改善したいと思います。

 - 同点に追い付く前にパワ―プレーの用意をしていたのを見ていました。同点後にパワープレーで逆転を狙うというプランはありましたでしょうか。

菅野監督:時間を見てもパワープレーで行ける時間ではあったのですが、勢い的にこのままフィールドプレーヤーの中でもう1点を獲れればと言うところの準備に切り替えました。もちろんパワープレーという選択肢はあったのですが、一旦置いておいて流れをもう一押しさせてから、変化を加えようかなという段階でした。

 - 結果としてはその判断はどのように分析していますか?

菅野監督:パワープレー行かなかった判断は問題なかったと思うのですが、失点した後の判断としては、相手にタイムアウトというカードがあったので、そこを賭けても良かったのですが、相手の準備ができない間にサプライズをかけたいという想いがありました。結果的にはそこがうまくいかなかったので、もう少しそこの準備は必要なかなという反省はあります。

 - チームは良い方向に向かっているという実感はどんなところで感じていますか?

石戸谷キャプテン:チームの勢いが違うのと、一人一人の自信、迷いのないプレーが見えてきている所です。

石戸谷キャプテン:次は流経大との対戦で、相手とはまだ一回もやった事が無く、正直分からないですが、私達は勝ちに来ているので、皆でも盛り上げて、楽しんでフットサルをしたいと思います。

panna_bn.jpg

Desporteサイドバナー.jpg

PANNAロゴ(バナー用).jpg

credit-school_bannerl.jpg

234_60banner.gif

pivo40.jpg